ホーム » 諫早 » いつまで続く(有)一電設・最強伝説!(諫早市)

いつまで続く(有)一電設・最強伝説!(諫早市)

投稿者=諫早神社の氏子

霊験あらたかな諫早神社の神主さんの御利益は(有)一電設だけには相変わらず効果覿面のようである。

しかも、(有)一電設、こんどこそ事件である。
http://n-seikei.jp/2016/11/post-40954.html

工事名・諫早市新野球場スコアーボード設備工事
工事場所・諫早市 久山町 番地内

上記の入札を諫早市の市長で諫早神社の神主でもある宮本明雄市長は当初の予定では、工種を電気設備ではなくて機械器具というヘンテコリンな発注を計画していた。

諫早市内業者の電気工事会社で「機械器具」の資格を持っているのが、有)一電設だけという露骨で横着な入札をやろうとしていたのである。

本誌に指摘されると、諫早神社の宮本神主さんもさすがに、拙いと判断したのか、「機械器具」発注を、正常な「電気設備」に変更していた。

上記の入札が3月1日、下記の3社によって行われたが、やっぱり(有)一電設が想定通り落札している。諫早神社の神主さんの霊験あらたかな御利益なのか(有)一電設最強伝説は当分続きそうだ。

予定価格 119,630,000
最低制限価格 97,980,000

一発落札業者・有)一電設 107,500,000

2位、㈱三恵電業 124,600,000

3位、九州テクノ 137、6751、000

予定価格を予め知ってないと、一発落札業者・有)一電設 107,500,000はありえないと諫早市内の業界では囁かれている。

霊験あらたかな諫早神社の神主さんの御利益は抜群だとの評判は真実のようである。