ホーム » 五島 » 現職五島市長 野口市太郎提訴される

現職五島市長 野口市太郎提訴される

政治団体、譲渡問題で五島市長を提訴 差額の1,679,990円返還要求

五島市の施設10円売却

差額支払い求め政治団体が提訴

 五島市が去年、不動産鑑定評価額1,680,000円の市有農業施設を市内の農業法人に10円で売却したことを巡り、市内の政治団体は5日までに、野口市太郎市長が差額の1,679,990円を市に支払うことなどを求める住民訴訟を、長崎地裁に起こした。
同団体は今年3月、同施設の適正価格を算出し、野口市長が差額を市に返還するよう求め住民監査請求。市監査委員は不動産鑑定士に査定させた1,680,000円を適正価格と判断し、野口市長に対して市に差額を支払うか、10円での売却について市議会の議決(追認)を得るよう勧告していた。野口市長は6月定例議会に追認を求める議案を提出し、賛成多数で可決。
 一方で同団体は「市民が受けた損害は回復されておらず、市長が差額をお支払いない理由も明らかではない」と主張し、結果に不服があるとして提訴した。市に対し、農業法人との売買契約の解除なども求めている。野口市長は「訴状を見ていないのでコメントできない」とした。

五島市は行政への監視役である市議会がつまらないということ。
政治団体 510けいしょう会 丸田敬章氏といえば、県議会議員 中村和弥の議員辞職に尽力した五島市民である。



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください