ホーム » 有明商事 » 海砂だろうが公金だろうが取ったもん勝ち!(中村和弥県議)第7弾!

海砂だろうが公金だろうが取ったもん勝ち!(中村和弥県議)第7弾!

長崎県議会議員・中村和弥県議の詐欺の手口 その11

(平成28年11月議会での山田博司県議の名質問)

㈱有明商事(代表取締役・中村 満)の不動産部門の取引業者である諫早市の㈲イレブンハウス(代表取締役 辻 登志美)に宅建業法違反の疑いが濃厚となってきている。

長崎県議会議員・中村和弥が事務所として実態のないマンションの一室(キャスティール五島町101号)を事務所として長崎県に虚偽の届け出をし、政務活動費から事務所費として月額8万円×12ヶ月=96万円×10年=960万円を詐欺事件の共犯の疑いである。

令和2年3月19日、イレブンハウスに内容証明書が送られている。

イレブンハウス(代表取締役 辻 登志美)は事務所として実態のない㈱有明商事が所有している(キャスティール五島町101号)を中村和弥県議に仲介業者として月額8万円の領収書を発行したことになっているが、実際には仲介していないことは自明である。

イレブンハウス(代表取締役 辻 登志美)のホームページの賃貸欄にも今回の詐欺事件が報道されるまではキャスティール五島町の物件は掲載されていなかったが、3月19日には慌てたように掲載している。

小賢しいといえば小賢しい。

いずれ裁判になれば法廷で白黒ははっきりとする。

0322_01.jpg

0322_02.jpg

0322_03.jpg

宅建業法

宅建業者が違反をしたときの監督処分や罰則について

②業務停止処分

・免許権者、業務地を管轄する知事が業務停止処分を行うことが出来る事由

1:業務に関し、他の法令に違反し、宅建業者にふさわしくないと認められる



 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください