ホーム » 有明商事 » 長崎県議会議員・中村和弥県議の詐欺の手口 その3

長崎県議会議員・中村和弥県議の詐欺の手口 その3

3月3日、長崎県議会議員で自民党の中村和弥県議が詐欺罪で告発されたのは事務所として実態のないマンションの一室を事務所として県に申請し、96万円を騙し取った詐欺罪である。

原告等は同時に長崎県に対して住民監査請求を起こしている。

その手口は幼稚で笑えるくらい単純だが腹が立つくらい悪質なものである。
 

例えば直近の平成30年度1年分の事務所の家賃として議会事務局に提出している領収書を掲載してみる。

社員の位置は全て同じ、日付けは全て25日、ナンバーは265~276と連番と通し番号である。イレブンハウスは1年間、お客さんは中村和弥県議だけだったんだろう。(笑)

平成30年4月25日
0308_01.jpg

平成30年5月25日
0308_01.jpg

平成30年6月25日
0308_01.jpg

平成30年7月25日
0308_01.jpg

平成30年8月25日
0308_01.jpg

平成30年9月25日
0308_01.jpg

平成30年10月25日
0308_01.jpg

平成30年11月25日
0308_01.jpg

平成30年12月25日
0308_01.jpg

平成31年1月25日
0308_01.jpg

平成31年2月25日
0308_01.jpg

平成31年3月25日
0308_01.jpg
日付は全て25日、銀行が休みの土曜日や日曜日にどうして振り込んだろうか。
不動産会社のイレブンハウスの社印の位置は機械で押したように全て同じ位置である。

こんなバレバレの領収書偽造に不動産屋が共謀しているとしたらイレブンハウスは宅建業法違反である。



 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください