ホーム » 長崎 » 田上富久市長は危険な5冠王だった。(利権王・破壊王・消滅王・流出王・否決王)

田上富久市長は危険な5冠王だった。(利権王・破壊王・消滅王・流出王・否決王)

亀屋万年堂のナボナはお菓子のホームラン王、長崎市の田上富久課長市長は危ない4冠王だと報道していたが、実に危険な5冠王だということが判明した。(利権王・破壊王・消滅王・流出王・否決王) 

帰えってこいよ!パート3が新しく出来ました。「帰らんちゃよか!パート1」と改訂して公開します。

1、利権王
田上 利権
平成22年8月、市民メディカル病院建設工事入札で14億円も高い企業体に落札させた利権力は市民力を破壊した。

2、破壊王
破壊
被爆地・長崎市に世界中の善意(長崎国際文化都市建設法)で建てられた長崎市公会堂を世界の善意も市民(住民投票請求)の想いも否決力で破壊した。

0320b_01.jpg
昭和31年(1956)9月22日、米国ニュージャー州(15歳少女からの手紙)

3、消滅王
田上 図書館
長崎市に107年も存続していた長崎県立図書館を大村市に移転させ長崎市民の想いを消滅力で破壊した。

4、流出王
田上 人口
田上富久市長が長崎市長になってからというもの長崎市民ばかりか、田上氏の嫁さん(和代氏)まで思案橋の店(のあ畑)を閉めて銀座に逃げている。人口流失日本一の流失力で思案橋の店(のあ畑)を破壊した。

0320b_02.jpg

5、否決王
否決 田上
5回の住民投票請求を市議会に反対意見を付けて冷酷に否決させる否決力で市民力は破壊された。

こうして長崎市長の田上富久氏(五島市岐宿町出身)は長崎市の危険な5冠王になった。

帰ってこいよ PART.1

帰ってこいよ PART.2



 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください