ホーム » 2021 » 10月

月別アーカイブ: 10月 2021

きょう、令和3年10月19日、第49回衆議院議員選挙が告示される。

インターネット長崎奉行・遠山金四郎が独断と偏見で長崎1=4区の選挙状況と予想をしてみた。

先ず長崎1区から、現職で自民党議員・富岡勉氏の突然の引退により、自民党県連は公認候補予定者を公募していたが、7月11日、候補者選考委員会を開き、安倍晋三前総理の政策秘書、初村滝一郎氏(41歳)を候補者に選んだ。

初村滝一郎氏は安倍晋三前総理の秘書を17年間も務めてきただけあって、長崎県政界、経済界では知る人ぞ知る存在であった。
長崎市内の若い一般有権者には中々馴染みのない名前だが、五島出身で昭和45年(1970)長崎県議会議長を経て参議院補選に出馬し、初当選、連続4期参議院議員を務めて鈴木善幸内閣では労働大臣などを歴任した初村滝一郎氏は今回長崎1区から出馬する初村滝一郎氏の祖父にあたる。
父、初村謙一郎氏も衆議院議員を務め、初代・初村滝一郎氏の弟である初村誠一氏も昭和57年長崎県議会議長を務めるなど、初村家は五島閥の長崎県政の名門中の名門として知られている。

今、問題となっている石木ダム建設計画へ高田県政が測量調査の為に機動隊を突入させた昭和57年5月21日、「機動隊導入の前に礼を尽くすべきだ。それを道交法違反で排除するなんて何ちゅうこっかい」」と激怒した初村誠一議長は初村滝一郎氏の大叔父である。
対する西岡秀子氏は文部大臣2期、自民党総務会長、参議院議長などを歴任した西岡武夫氏の長女で2期目、西岡ブランドはさすがに強力で、前回の選挙では希望の党で出馬し、自民現職の富岡氏に1万票の差を付けて初当選している。

今回、西岡ブランドに対し、初村陣営が短期決戦の中でどこまで初村ブランドを浸透させるか、まだまだ西岡氏の後ろ姿は見えるが背中には手が届いていないというのが現状ののようだが、勢いがある。
初村滝一郎氏が長崎1区で当選すれば、長崎県から初の総理大臣が誕生することも夢物語ではない。
長崎1区はそういう意味で注目の選挙区である。
長崎2区の選挙状況と候補者を全く知らないので長崎2区は割愛する。
長崎3区は「もう変わってよかろう。」の谷川弥一が予想通りというか希望通り苦戦している。

山田博司のサムネイル画像

五島市では問題が多い山田博司が谷川の票を上回っているとの嬉しい情報が届いているが、ただ山田(博)は谷川の票は喰っているが、全体として票は伸びていない。
特に大票田の大村市や佐世保市の一部では全く浸透していない模様だ。
山田博司は昨日午後5時時点で議会事務局に議員辞職願を提出していないことから、一部では立候補しないのではとの噂もあるが、山田博司は16日大村市で事務所開きをしたとの情報もあることから、きょうの衆院選立候補と同時に自動失職なのかは定かではない。一日でも多く県議としての給与を貰いたいという山田陣営の作戦だとも言われている。

対する、もう一人の山田、山田勝彦氏(42歳)は立憲民主党ではあるが、自民党など党派を超えて応援する人が多く、谷川も苦戦が伝えられている。

大村3区は前回の選挙で出馬した共産党の石丸完治氏が12638票を取っていたが今回、共産党が候補者擁立を取り止めていることから、12638票はそのまま山田勝彦氏に回ると思われることから、スタートの時点で山田勝彦氏はハンディキャップ12638票を持ってラウンドすることになる。
そこに革新票と谷川弥一の批判票を上手く取り込めば山田勝彦氏の勝機は大と予想している。
また、谷川弥一の姿を見た大村市民は「もう爺さんよかろう。」と嘆き、公明票の婦人票の多くも谷川から逃げると言われており、前回の谷川が取った83992票から大きく減らすと予想される。
長崎4区は最後の最後まで公認問題でゴタゴタしたが、ここに来て北村誠吾陣営も体制が整ってきている。

17日の事務所開きには、あの農水大臣に就任したばかりの金子原二郎氏も駆けつけ、何も無かったかのように振舞い、北村事務所は活気が出てきている。
公認問題であれだけ揉めた瀬川光之氏も流石は元ラガーマン、戦い済めばオフサイドではないノーサイドということで事務所開きに笑顔で参加していた。
北村誠吾、連続8期当選の戦いが始まる。

インターネット長崎奉行・遠山金四郎は初村滝一郎、山田勝彦、北村誠吾を応援しています。

2021年衆議院議員選挙 立候補予定者へのアンケート結果

 

1018_01.jpg

http://ishikigawa.jp

『60年の石木餅、金子岩三が段取り、久保知事が捏ね、高田知事と金子知事がついて、中村知事が餅を取り出し、丸める60年の石木餅』※9月の発送時点で次期衆院選へ立候補予定と報道されている11名の方々にアンケートを依頼したところ、依頼した方のうち、ご返送いただいた8名の方の回答が一覧表にまとめられている。回送した方の回答を見て色々と考えさせられるアンケート結果である。

回答ナシは谷川弥一、瀬川光之、加藤竜祥の3人である。この3人に政治家になる資格はない。

憲法3章・第11条の基本的人権と土地収用法のどちらの法律が上位にくるのか今の石木ダムの現状を見れば一目瞭然である。

石木ダム計画が俎上にあがって60年間、石木ダムがなくても利水でも治水でも被害は起きていない。

いくら国が事業認定したからといって、13世帯54人の暮らしを壊す権利は誰にもない。
況や、それを中村法道知事に迫るのは酷というものだ。そんなことをしたら中村法道知事は日本中からパッシングされ、中村法道は血も涙もない冷酷な知事だったと後世まで語り続けられるだろう。

金子原二郎、谷川弥一なら平気でやるだろう。

インターネット長崎奉行・遠山金四郎

 
 

 

衆院選・長崎4区、北村誠吾氏の公認が発表された。

北村

きょう、10月15日、ゴタゴタが続いていた衆院選・長崎4区の公認が北村誠吾氏に決定したと自民党本部から発表された。

北村氏は第42回衆議院議員総選挙が行われた平成12年(2000)6月25日、初当選以来、連続7期当選し、防衛副大臣、内閣府地方創生大臣等を歴任してきた。

1016_01.jpg

北村氏が初当選した平成12年の選挙時に北村氏が戦った相手は当時現職の宮島大典氏(現在県議会議員・オールながさき)だった。

当時の状況などについては現在、宮島大典氏も県議会議員として活躍していることもあり、諸般の経緯については割愛するが、大変な状況化の中で北村氏は県議を辞職し、無所属候補として出馬、あの厳しい選挙戦を戦い抜いて自民党現職の宮島氏に2700票の差を付けて勝利している。

当時、現職の宮島大典氏は自民党幹事長派閥(加藤紘一氏)に所属し、若手のイケメンホープとして2期目を目指して戦った選挙選だった。

現職の宮島氏の応援のために佐世保市には毎日のように中央から大物政治家を党本部が送り込んで来た。

例えば総理になる前の森喜朗元総理はじめ金融大臣だった谷垣貞一(後の自民党総裁・幹事長)、地元長崎の久間章生元防衛大臣等々、名だたる自民党大物政治家が日替わりで佐世保にやって来ては、佐世保駅前やら京町アーケードで宮島氏の応援演説を繰り返していた。

現在、五番街がある埋立地では5000人規模の総決起大会を開かれ、それに対して無所属の北村陣営の総決起大会は1500人くらいだった。 そんな中でも北村陣営は絶望することはなかった。

あれから21年、そんな北村誠吾氏が大臣にまで上り詰め、今回の谷川弥一氏、金子原二郎氏(農水大臣)が仕掛けたと言われている陰湿な4区公認イジワルといかイジメによるゴタゴタ劇も乗り切り、また新たな気持ちで長崎県再生のために7期連続当選という実績で活躍すると信じている。

ここからが本番、北村誠吾氏の8期目の戦いが始まる。

インターネット長崎奉行・遠山金四郎は北村誠吾氏を応援しています。

「第一次岸田内閣・疑惑の玉手箱」文春砲炸裂!(金子原二郎)

金子

長崎県選出の金子原二郎氏が第一次岸田内閣で農水大臣に就任したが、地元長崎では喜びの声よりも、落胆の声の方が大きい。

少なくとも筆者(中山洋次)の周囲に金子原二郎氏の農水大臣を祝う、歓ぶような市民、県民は一人もいない。

寧ろ瞬間大臣とか三日大臣だとか蔑む声の方が圧倒的に多いことに金子氏の人柄と人気のなさを改めて実感している。

自民党の組織票だけで選挙に勝ってきた狡猾な政治屋さんだということである。

最近、長崎県で勃発している県議・瀬川光之の乱の黒幕と言われているのが金子氏本人である。次期衆院選での公認問題では現職の北村誠吾・衆院議(前内閣府・地方創生大臣)氏とは同じ岸田派でありながら、あの陰湿な陰謀によって北村氏を陥れようしていた事実は人間として最低の行為であり、醜悪な政治屋そのものである。

故人曰く、「人を呪えば穴二つ」と云う、また「人を謀れば必ず人に謀られる」とも云う。

文春・金子のサムネイル画像

キジも鳴かずば撃たれまい、元チジが自ら猟師になって猟官運動までして射止めた農水大臣も、射止めたまでは良かったが、自らがリケーン、リケーンと鳴いていたキジだというのを忘れていたようだ。

元チジが親族(長女・富貴、娘婿の谷川建設社長・谷川喜一)による国営・諫早湾干拓不正入植事件、所管の農水大臣として国会の予算委員会でどう答弁するのか、今からキジが撃たれる瞬間大臣が見物である。

「人を呪えば穴二つ」「人を謀れば必ず人に謀られる」が証明される。

共産党、立憲民主党、野党の先生達の予算委員会でのご活躍を心からご祈念申し上げます。

インターネット長崎奉行・遠山金四郎

「岸田内閣・疑惑の玉手箱」週刊文春は7日発売、長崎は8日発売です。

文春・金子

週刊文春は今日7日発売、長崎は8日発売です。

文春・金子

文春砲炸裂、4日、金子原二郎氏が夢にまで見た農水大臣に就任し、浮かれている暇もないくらいの速さで、今日7日文春砲が炸裂している。

いち早く記事を入手したので日刊セイケイの読者にだけ一部を紹介する。

長崎県の金子原二郎のファンの方も、そうでない方も8日、買い占められる前にコンビニか石丸文好堂に行って買って読んでみて下さい。

文春記事の途中から一部分を抜粋

「2011年には長崎県の国営諫早湾干拓事業を巡り、金子氏の長女が取締役を務める企業(T)が、実績が乏しいにもかかわらず、入植者として選定されていた問題が浮上。その妥当性を調査するため、長崎県議会では百条委員会が立ち上がった。地方自治において、出席議員の過半数の議決で設置される百条委は、虚偽証言を行った場合、罪に問われる非常に重いもの。ところが金子氏は百条委への出席を拒否し続けたのだ。当時、百条委で調査を行った小林克敏長崎県議(自民党)が語る。(Tは入植条件を満たしていないにもかかわらず、入植し、審査にも疑いの目が向けられています。しかも諫早湾干拓事業は農水省の所管です。担当大臣として公正な行政を期待します)金子氏に見解を求めたところ、弁護士が取材に応じ、(裏金業者からの献金は裏金によるものではなく、政治資金規正法に則ったもの)などと回答。百条委の出頭拒否についてはコメントしなかった。」

この記事を読んで先ず感じたことは、金子農水大臣が国会の農水委員会で共産党や立憲民主の野党議員に委員会で追及された時に持ち堪えられるのか長崎県民でなくても自民党員なら心配である。

ということで、東京地区は今日7日発売、長崎地方は8日発売の週刊文春を読んでみよう。

農水大臣が予算委員会出席拒否できるのだろうか、今から楽しみである。

インターネット長崎奉行・遠山金四郎

メタ情報