ホーム » 2020 » 3月 » 17

日別アーカイブ: 2020-03-17

海砂だろうが公金だろうが取ったもん勝ち!(中村和弥県議)第4弾!

長崎県議会議員・中村和弥県議の詐欺の手口 その7

全ては有明商事のために全力を!
https://nakamura-kazuya.jp/

県議会議員だろうと、国会議員だろうと、県民の税金を使ってるんだから、しっかりと調査お願いします。

山田博司県議の迷質問

中村和弥県議が代表を務める「自由民主党長崎県諫早市第三支部・諫早市小長井町井崎1153-3」は政党支部として企業献金はOKだが、中村和弥県議のもう一つの中村和弥後援会は政治資金規正法で企業献金は御法度である。

それを知っているから金満の㈱有明商事(中村 満)は「自由民主党長崎県諫早市第三支部」に事務所借上げ料として60万円を寄付している。

0315_04.jpg

「中村和弥後援会」(諫早市八天町16-13)は事務所の所有者は同じく中村和弥県議の親族企業で金満の㈱有明商事(中村 満)である。

ところが「中村和弥後援会」(諫早市八天町16-13)事務所の収支報告書には事務所借上げ料は計上されていない。

0315_05.jpg

これは企業献金を禁止している政治資金規正法からみて利益供与とみなし明らかに違法である。

㈱有明商事(代表取締役・中村 満)は長崎県知事の許可を得て海砂採取及び販売業者であり、長崎県とは密接な関係にある。中村和弥県議は㈱有明商事の海砂担当県議として長崎県の海砂採取業を所管する長崎県土木部に強力な影響を持つ県議である。

ようするに中村和弥県議と㈱有明商事は一体であり、㈱有明商事の海砂採取事業の長崎県の政治担当が中村和弥県議というわけである。

中村和弥後援会への平成19年度の金満商事ファミリーの個人献金
 中村一喜(和弥の兄。有明商事社長) 150万円
 中村 満(一喜の長男。有明商事副社長) 150万円
 中村辰也(一喜の次男。西州建設社長) 150万円
 中村ミズエ(一喜の妻。ありあけ社長) 150万円
 山脇茂樹(一喜の次女の婿。シーサンド社長) 150万円
 佐野村貴(一喜の長女の婿。グローバルスタンダード社長) 150万円
 山脇涼子(一喜の次女。有明商事社員) 150万円
 中村奈保(一喜の次男辰也の妻。西州建設社員) 150万円
 中村猛博(和弥の兄。有明商事専務) 150万円

中村和弥後援会への平成30年度の金満商事ファミリーの個人献金
 
中村猛博(和弥の兄で有明商事会長)50万円
中村 満(和弥の甥で有明商事の社長)50万円
中村辰也(和弥の甥で西州建設社長)50万円
山脇茂樹(和弥の姪婿で元シーサンド社長)50万円

0315_06.jpg

これだけ中村和弥県議に寄附しまくる金満の㈱有明商事が所有するキャスティール五島町101号室(長崎市五島町)の賃貸料として8万円をイレブンハウスに支払ったように細工(実体のない事務所の領収書偽造)して長崎県民の血税を詐欺している。

取れるもんなら海砂(長崎県民の公有財産)だろうと公金(長崎県民の血税)だろうと騙しても取れという金満ファミリな㈱有明商事というわけである。

中村和弥県議に県議の資格はない、㈱有明商事に長崎県の海砂(長崎県の公有財産)を採取する資格はない。

日刊セイケイ 編集長 中山洋次