ホーム » 2020 » 3月 » 10

日別アーカイブ: 2020-03-10

谷川弥一は1181(イイヤイチ)?

谷川弥一は1181(イイヤイチ)?

久し振りに長崎に帰って友人と会話を楽しんでいたら、その友人が住む古川町のマンションの近所を国会議員の先生が最近頻繁にウォーキングする姿を見かけるがその国会議員の名前を思い出せないという。

その国会議員の特徴を聞いてみたら、五島の岐宿出身で東高出身で土建屋の会長をして県議会議員になり、自民党長崎県連の幹事長の時に自宅の玄関の前で同じ五島出身の暴力団組員に鉄パイプで頭を殴られた元県議会議員だという。

谷川弥一

その特徴は間違いなく谷川弥一だろう。すぐ分ったよ。

その友人も最初は谷川弥一だと思ったが、迎えに来ていた白いトヨタカムリのナンバーが1181(イイヤイチ)だったので解からなくなったという。

車のナンバーが1181(イイヤイチ)、だったら谷川弥一じゃない。
谷川弥一の車は黒のレクサスだしな、車のナンバーも8781(ヤナヤイチ)だったはずだよ。

8781(ヤナヤイチ)なら納得できるが、谷川弥一を1181(イイヤイチ)と思ってる長崎県民はいないもんね。

もし谷川弥一を1181(イイヤイチ)と思ってる長崎県民がいるとしたら、谷川建設の社員か谷川建設の下請けのおっさんくらいなもんだろう。

その友人に他になんか特徴なかったかと聞いたら、その友人が言うにはその国会議員は油屋町の「FRESH・ HOUSE・まるたか」で料亭花月の雇われ女将と娘みたいな女と3人でよく買い物をしてるという。

その特徴だったらやっぱり谷川弥一だろう。

料亭花月の雇われ女将は県議時代の谷川の元彼女さんで、その彼女は男ができて結婚して仙台に行って別れてたけど、元彼女さんが旦那と別れて困ってる時に国会議員になってた谷川のところに会いに行って、焼けぼっくりに火がついて、谷川が倒産して再生中だった料亭花月の女将にした話は長崎では有名な話やないか。

谷川弥一の女好きは腰痛と一緒で持病みたいなもんだから。

スナックボンドのママも不在者証明のママも「クラブすみれ」の新屋ミホもみんな谷川の彼女になってママにしてもらったんだから。

女好きが特徴なら谷川弥一だよ。間違いないよ。

その友人が言うにはその国会議員は次期衆議院選挙に出馬するために長崎に帰ってきたら夜、古川町周辺を毎日1時間くらい体力作りといってウォーキングしているという。

だったら谷川弥一と違うよ、谷川弥一はウォーキングじゃなくてあれは老人の徘徊なんだから。

ウォーキングなら谷川弥一と違うよ。

まして、次期衆議院選挙は東京オリンピック後やから、早くて今年の秋頃やろう。次期衆議院選挙は無理だもんな、それまで谷川弥一の身体も体力も腰も持たんよ。

だったら谷川弥一と違うよ。

その友人が言うにはその国会議員は国営の諫早干拓に親族の名前(TGF)で入植してピンポン玉くらいのジャガイモを作っているらしいという。

その特徴は間違いなく谷川弥一だろう。

谷川弥一という男は諫早干拓に政治力使って不正に入植しピンポン玉のジャガイモ作るために農夫にまでな

った政治家なんだから。

友人がいうには金子原二郎じゃないだろうか。それは相方の方だろう。

谷川弥一

これは間違いなく谷川弥一だよ。

長崎県議会議員・中村和弥県議の詐欺の手口 その2

取れる物なら海砂ばかりか公金まで騙し取る。

今回、政務活動費不正請求(公金詐欺事件)の舞台となっているキャスティール五島町101号室・長崎市五島町)は㈱有明商事(諫早市小長井町・代表取締役・中村 満)が所有するマンションの一室である。

お手上げだと手を上げて見せる中村和弥県議
中村

中村和弥県議といえば平成19年4月に県議になる前は実兄が社長を務めていた㈱有明商事の子会社・有明運輸の社長だった人物である。

現在、㈱有明商事の社長を務める中村満氏は中村和弥県議の実の甥であり、代表権はないが会長に就任しているのは実兄の中村猛博氏(㈲富士工業 代表)である。

そもそも親族の㈱有明商事が所有するマンションの一室を賃借するのに、わざわざ他人の㈲イレブンハウス(代表取締役 辻 登志美)に仲介してもらう必要は無い。

もし、ほんとうに㈱有明商事から中村和弥県議が事務所として賃貸する必要があるなら、他人の㈲イレブンハウスに仲介を依頼しなくても中村和弥県議が御自分で甥の金満社長に「ミツル、五島町の部屋ば事務所として俺が使うぞ!」と言えば済む話なのである。

中村

平成19年4月に中村和弥県議が県議選に出馬した時でさへ有明商事・中村ファミリーは公選挙法違反ギリギリの資金を中村和弥県議の当選のために海砂採取事業で得た資金を惜しげも無く投入しているのだから。

平成19年、中村和弥収支報告書(献金リスト)

 中村一喜(和弥の兄。有明商事社長) 150万円
 中村 満(一喜の長男。有明商事副社長) 150万円
 中村辰也(一喜の次男。西州建設社長) 150万円
 中村ミズエ(一喜の妻。ありあけ社長) 150万円
 山脇茂樹(一喜の次女の婿。シーサンド社長) 150万円
 佐野村貴(一喜の長女の婿。グローバルスタンダード社長) 150万円
 山脇涼子(一喜の次女。有明商事社員) 150万円
 中村奈保(一喜の次男辰也の妻。西州建設社員) 150万円
 中村猛博(一喜の弟。有明商事専務) 150万円

(新 報 な が さ き)
https://blog.goo.ne.jp/kei-nagasaki/e/5056339a66a869c4c7fabeac987dd2a9

そこまでファミリー愛が強く金満な㈱有明商事が赤の他人の㈲イレブンハウス(代表取締役 辻 登志美)に賃貸借契約の手数料を払ってまでして中村和弥県議から僅か8万円の家賃を徴収するはずがない。

たかが8万円、されど8万円、1年では96万円、10年続ければ960万円、取れる物なら海砂ばかりか公金まで騙し取る。金満な有明商事・中村ファミリーは益々金満になるという美味しい金満活動でもある。

日刊せセイケイ 編集長 中山洋次