論理矛盾の長崎県議『清風会』

投稿者=長崎人

7月12日、長崎県の議長選出を巡り、瀬川光之県会議員ら自民党議員全員は、『八江利春』議員に投票し、八江議長に決定しました。

瀬川光之議員ら8人は『八江議長』に投票しながら、決定方法に不満があるとして(瀬川氏が議長にならなかったことが理由)、物事の決め方の基本であり、自民党の綱領である多数決原理を排除して、自民党会派を造反離脱し『清風会』を結成しました。

その理由の一つとして、瀬川氏は公式に、『議長人事の決め方が拙速だった』と述べています。

瀬川氏は、決まり方は別にして、自民党県連幹事長の経験者であります。

自民党県議団の取り纏めは幹事長が行うことになっています。さらに、『若手を見捨てられない』と取って付けた屁理屈を並べているようですが、『議長人事の決め方が拙速であった』と主張するならば、議論を戦わすに十分な時間、一週間がありました。

連日連夜、夜を徹してでも、正々堂々と議論されましたでしょうか。さらに、八江議長に投票したのは納得したからでしょう。

投票決定後に反対行動するのは反党行為です。

瀬川氏に投票して潔く離党するのが常道ではありませんか。

恋々と党にしがみつくのは、ポスト狙い等の私利私欲の政治行動ではないでしょうか。

議会提案案件についても信念を持って投票されているかどうか疑いたくなります。

納得しないで投票し、決定後に反対論を唱えられていますか?生徒会や子ども会の決定方法でもありません。

日本は民主主義です。県議の調整は幹事長の仕事ですが、仲間の新幹事長の力量を問うておられるのではないでしょうか?また、これらのことに関して、衆参国会議員の名前も浮上しているようですが、大所高所からレベルに合った適切な助言を期待したいものです。

おかしいのは「山田博司」の他にいた

youtube動画サイト「 必見!長崎県・県議ビジネス 平成25年度」へコメントを頂戴致しました。

敷島の風

この方は少々、議員としての品格に欠ける方です。企業が献金をするのは、何らかのときに役に立つということですが、長崎人はいつから、ヤ◯ザまがいの議員に「みかじめ料」を払うことを恥ずかしいと思わなくなったのでしょうか?
この様な議員を選出してはいけないと思います。有権者が賢くならないといけません。

必見!長崎県・県議ビジネス「平成25年度」

長崎県議会議員として山田博司の言うがまま、言われるがままに大事な一票を投じ続けてきた「五島市の有権者」が賢くないためにヤ○ザまがいの県議会議員を作りあげてしまったのであろう。
そこへ拍車をかけて自民党候補者が人気が無い。
次の県議選挙への候補者選びは自民党長崎県連は分裂騒ぎは別にして、五島市選挙区に全身全霊をかけて選ばねばいけない。
これまで山田に負け続けてきた理由をきちんと分析し、絶対に勝てる!五島市、長崎県の代表としてクリーンで紳士的な候補者を今から人選するのも一つの考えではなかろうか。

必見!長崎県・県議ビジネス「平成24年度」

必見!長崎県・県議ビジネス「平成26年度」由香ちゃんバージョン

必見!長崎県・県議ビジネス「平成27年度」由香ちゃん&博司バージョン

長崎県議会議員版の『ゲスの極み山田博司』

理解できない長崎県議会、清風会(反主流派)

投稿者=山田博司研究会・会員NO7

7月12日長崎県議会6月定例議会の最終日に田中愛国議長(自民党)は法律で定められた四年の任期を全うぜすに、議会最大政党である自民党県連、政党談合の約束(二年交代)を果たすために辞職しました。

そのため議員投票(自民党内では5日、一週間前に決定していた)となり、八江利春(自民党)44票、堀江ひとみ(共産党)1票で八江利春氏が議長に決定しました。

5日、一週間前の自民党県議団による投票結果は八江利春15票

瀬川光之11票であります。

多数決の原理ですから、両氏はこのときの投票結果に従うことになります。

瀬川氏が議長に選ばれなかったことを理由に、瀬川光之(西海市)、坂本智徳(対馬市)、橋村松太郎(諫早市)、下条ふみまさ(長崎市)、外間雅広(佐世保市)、前田哲也(長崎市)、里脇清隆(大村市)、ごうまなみ(長崎市)、宅島寿一(雲仙市)、山本啓介(壱岐市)、近藤智昭(新上五島町)、の反主流派11人は、翌13日、自民党会派26人から離脱し、清風会を結成しました。

『衆議院選挙区の三区の県議が圧倒的に多い』自民党の綱領に『民主主義』があります。

『民主主義』の決定方法に『多数決原理』があります。これが『主流派』です。

あなた方は投票結果が満足であれば脱派してますか?瀬川議長に決定しなかったからでしょう。

事実上の反党行為です。日本では勿論、世界でも多数決は民主主義の基本です。また、政策の異なる一人会派の六人と同一会派を組んで、最大会派を結成するように模索中ですが、数合わせの野合に走るときではありません。

しかし、野合を一蹴した会派もあります。

自民党は政権のある責任政党です。長崎県は経済の低迷、所得水準の低下、人口流出等々と国の安全に不安をもつ国境離島があり、早急に取り組まなければならない難題が山積しています。

議員は選挙によって選ばれています。選ばれたら何をしても良いことにはなりません。

有権者の皆様に相談しましたか?私利私欲、党利党略に走ることは許されることではありません。さらに、巷では、離反グループのことを『長崎県行政』の足を引っ張る会との声もあります。

7月15、16日のメディアの世論調査によれば、安倍内閣を『支持する』29.4%、『支持しない』54.5%
と『支持しないが支持するを大幅に上回っています。』国政と県政の違いはありますが、自民党議員の有権者を無視した傲慢さには変わりないと思います。
自分の次のポスト獲得のために、自民党に止まるのではなく、志す政策が違うのであれば、堂々と自民党を離党することをお勧めします。

ヒロシです。ヒロシです。山田ヒロシです。第3弾

自民党長崎県連の御家騒動の行方!

一連の長崎県議会議長人事での御家騒動が、いよいよ分派、新会派結成にまで発展した。
「覆水盆に返らず」の諺通り、議長を取った八江派と敗れた瀬川派の両派の溝は簡単には修復ができなかった。

瀬川氏を議長に推してた若手の県議11人は、新たに瀬川氏を会長に自民党清風会として八江派とは完全に一線を画し、県政のチェック機能を強化し、課題に迅速に対応していく。と、八江派との感覚の違い、通じ合えない部分があったことを認めている。

一方、11人が去った八江派(15人)は早々に他会派との連携を模索、県民会議の中山功氏、小林克敏氏、高比良元氏、大久保潔重氏の各県議4人と新たに会派を結成する動きをみせている。

単独会派の松島完氏(南島原市)、友田吉泰氏(松浦市)、浅田真澄氏(長崎市)には両派から誘いの話が来ているようだが、松島完氏は静観、友田吉泰氏は来年の松浦市長選の動向もあり、こちらも静観、浅田真澄氏は父親であり、長崎市議会の重鎮でもある浅田五郎氏の判断待ちというところのようだ。

ただ一人、どちらからも誘いの声が掛からないのが長崎県議会の不倫男、山田博司である。


長崎新聞記事より拝借

山田県議。政務活動費は税金です。

投稿者=山田博司研究会・会員NO2

山田県議。政務活動費は税金です。

長崎県議会議員版の『ゲスの極み山田博司』

ご存知でしょう!! 政務活動費は議員の個人のお金ではありません。

長崎市の自民党議員は6月26日、平成15年~16年度の政務活動費で、他人が給油したガソリン代金、少なくとも2万4千円の領収書を利用して、不適切な請求をし、不正受給したことが明らかになりました。

28日、同議員に対して、市議会は議員辞職勧告決議案を全会一致で採択しました。

このことをニュースで知り、ふと思い出しました。

先般、JCネットに『山田博司長崎県議会議員』は長崎の歓楽街、銅座『クラブ、サイレンス』で他人の支払った飲食代金の領収書や他人が支払ったホテル代金などの領収書を貰っていた。と掲載されていました。

自分は代金を支払わないで、他人が支払った代金の領収書を貰うことは、一般常識では考えられません。

これは、一般的常識では考えられないことに利用したと考えるのが自然ではないでしょうか。

『山田さんは、このような領収書はどのように利用されたのでしょうか。。』

長崎市議の政務活動費不正受給問題は『ながさき市民オンブスネット』の調査から始まりました。

『政務活動費』は、私たちが一生懸命働いて稼いだ乏しいお金です。すなわち税金です。

市、県、国は納税者の代理者認識を強く持って、もっと、もっと情報公開を積極的に行い、内部や外部の監査体制を強化してもらいたいものです。

往々にして有りがちな、議員との慣れない、もたれ合いによる形式的な監査にならないように努め、国民に情報を積極的に開示することです。

個人情報とか勝手な大義をつけて『意味不明な黒塗り文書』を堂々と公開する吏員がいますが、情報を公開することにより、国民相互の監視のもとに、不祥事と税金(公金)の無駄遣いを防ぐことが可能であると思います。特に、長崎県に宜しくお願い申し上げます。

長崎県の海砂採取業者・有明商事(諫早市・中村満社長)の暴排条例違反が発覚!第3弾

平成29年6月19日(月)長崎県暴排条例の違反者に対する行政処分の請求申出書(行政手続法第36条の3第1貢の規定に基づく申出)を提出されている有明商事(諫早市・中村満社長)が暴力団幹部に利益供与していた有明商事の黒い大型バスが諫早市から朝早く、島原方面に向かって走っていたのが目撃されている。
0628_01.jpg
暴力団幹部や店の女性従業員を乗せた有明商事所有の黒い大型バスを中村満社長本人が運転していようが、してまいが関係ない。

有明商事の所有の大型バスが別府杉乃井ホテルに到着した事実だけでも暴排条例第23条(利益の供与の禁止等)第2貢に該当する。

有明商事の社長が中村満氏である。
0628_01.jpg

http://www.suginoi-hotel.com/

長崎県の海砂採取業者・有明商事(諫早市・中村満社長)の暴排条例違反が発覚!
http://n-seikei.sankei-mrt.co.jp/?p=1018

長崎県の海砂採取業者・有明商事(諫早市・中村満社長)の暴排条例違反が発覚している。

長崎県から許可を受けて五島海域・壱岐海域で海砂の不法な採取を長年繰り返し、暴利を貪ってきた有明商事グループのトップの暴排条例違反は今後、大きな波紋を呼びそうだ。

昨日、平成29年6月19日(月)、長崎県警察本部 本部長(金井哲男)と、長崎県公安委員会 会長(片岡瑠美子)に対して、長崎県暴排条例の違反者に対する行政処分の請求申出書(行政手続法第36条の3第1貢の規定に基づく申出)を申出人A氏が提出したことが明らかになった。

長崎県警察本部 本部長 金井哲男 様

長崎県公安委員会 会長 片岡瑠美子 様

長崎県暴排条例の違反者に対する行政処分の請求申出書
(行政手続法第36条の3第1貢の規定に基づく申出)

第1 請求申出の趣旨

被申出人(違法行為者・中村満)は、砂、砂利、石材の採取運搬業、海砂、砕石販売業及び内航海運業を営業目的とする株式会社有明商事の代表者である。

申出人は、(1)長崎県海域管理条例第3条第1貢第2号の海砂採取の許可条件を逸脱する悪質な違法行為。

(2)長崎県海域管理条例第16条第2貢に違反する事実等を調査するなかで、株式会社有明商事の代表者中村満の長崎県暴力団排除例(以下「暴排条例」と称す)に違反する情報を得た。

そこで違反する事案を調査した結果、行政手続き法第36条の3の規定に基づき、当該処分庁(長崎公安委員会)に対し、被申出人は暴排条例を遵守するべく、勧告及び公表すること。

との行政処分を求める。

第2 請求申出の理由

1  当事者
1、 申出人は次の通り
●●●●

2、被申立人(行政処分対象の違法行為者)は、次の通り
長崎県諫早市小長井町小川原浦498番地
株式会社 有明商事
代表取締役 中 村 満

第3、被申出人の法令に違反する事実の内容
1、被申出人は、平成28年11月に自社(株式会社有明商事)所有の大型乗用バスを利用して、現役暴力団幹部の関係する諫早市内の「クラブ●●●●」の従業員、現役暴力団幹部らを大分県別府温泉への慰安旅行を行った。

2、被申出人が自ら大型乗用バスを運転した。

3、被申出人は、全行程に同行した。

第4、被申出人の当該処分又は行政指導の内容
1、被申出人は暴排条例第6条(暴力団との関係の遮断)第2貢
2、被申出人は暴排条例第23条(利益の供与の禁止等)第2貢

第5、当該処分又は行政指導の根拠となる法令の条項
1、暴排条例第31条(勧告)第1貢に該当する。
2、被申出人に対し、前1貢の勧告を行う。

第6条、当該処分又は行政指導がされるべきであると思料する理由
被申出人は、年商100億円近い売り上げを誇る長崎県内の優良企業である。
然るに代表者自身が暴力団幹部と密接な関係に有るばかりでなく、暴力団幹部
利益供与する行為は看過するべきではなく、厳重な注意勧告をするべきである。

何してる?長崎県議会議員・山田博司

投稿者=山田博司研究会・会員NO2

聞いたことありますか。要検討

長崎県議会議員版の『ゲスの極み山田博司』

元秘書を同乗する自動車の中などで暴言、暴行などのパワハラがあったとして自民党衆議院議員豊田真由子氏は自民党に離党届けを提出したと報じられました。

低次元の県会議員ではありますが、政治献金などの集金にかけては、国会議員顔負の実績を誇る長崎県五島市選出の 『山田博司』という県議がいます。

山田博司県議も自分の後援会職員などに対して、封建的で人使いの荒さにおいては、定評があると言われています。

一つ紹介しましょう。

山田県議は、豊田真由子国会議員同様、同乗する車の運転手さんに『朝早くだろうが、昼だろうが』『夜の夜中だろうが』奴隷とは言いませんが、酷使と思われる使い方をしているようです。

暴言、パワハラでしょう。

山田博司氏が五島の真っ暗な夜道を個別訪問しています。

お隣りの家は100mぐらい離れて、疎らに隣接している状況を想像してみましょう。

こんな出来事が。

車で走行中、山田博司氏は、運転している職員に対して、ほらほら何を見てんのか?道が違うぞ。
間違えちょっぞと語気を強め、「馬鹿!、曲がっとは、左じゃなかろう、右じゃろう、右も左も分からんとか。おい、(私は他人です。名前もあります)行き過ぎたぞ。馬鹿、もっと先から右だろうが。(もっと早く言って下さいと言いたいでしょう)お前は本当に馬鹿だな。何回、同じ道を走れば分かっとか、(初めてです)」

この馬鹿という調子ですが、おお馬鹿さんはあなたでしょうと言いたいでしょう。

山田さん、五島でも車を運転中、進路を変更するときは、30m手前で教えて下さい。

車は急に曲がりません。

『私に八つ当たりしないで下さい。仕事や人付き合いがうまく行かないこと、家庭生活や彼女たちとの交遊関係の問題であれば私には関係ありません。

奴隷とは言いませんが、このような劣悪な労働条件下で雇用改善や転職が出来ないのはなぜでしょうか?

地域産業に活力がないからです。

五島市に若い人が働く職場が乏しいからです。故郷を離れ島外で生活する人が沢山います。仕事は乏しいが、理由があり島を離れることが出来ない人が、耐え難きを耐えています。

離島の経済を活性化し、豊かで快適な社会を創るのは、政治家の使命です。五島市選出の県会議員はどなたでしょう。『山田博司』さんでしょう。

あなたのお仕事です。企業から政治献金を集めたり、企業などの口利きをするだけが、あなた(県会議員)の仕事ではありません。

肝に銘じて活動して下さい。

文面が額面通りであれば、非人道的なことです。県会議員である前に『人』として、人権は尊重しなければなりません。

県会議員の職を傘にかけるのは、本末転倒です。

誰が選んだ??五島の議員、山田兄妹

投稿者=山田博司研究会・会員NO2

自民党の衆議院議員『豊田真由子』(42歳)(埼玉県4区)は元秘書に『暴言』『暴行』『脅迫』をしていた。と報じられました。

その暴言は元秘書が、あまりの酷さに音声を録っていました。豊田議員、発狂!

『お前、頭がオカシイよ!』
『支持者を怒らせるな』
『このハゲー!』
『ちーがーうーだろう』
『いきてる価値ないだろう』などのぼろくそぶりです。これはその一部です。詳しくは『youtube』で公開されています。

(この女凶暴につき)
https://search.yahoo.co.jp/video
豊田真由子議員は22日、自民党に離党届を提出し、病気を理由に入院されたそうです。

議員のレベルや資質は違いますが、議員は当選すれば何を言っても、何をしてもよいという間違った横暴な考え方は似ているようです。

長崎県五島市選出県会議員山田博司氏の議会などにおける非常識きわまる恫喝的発言。

実妹で秘書の山田洋子氏(現、五島市議)が山田博司後援会事務所の職員などに、ヒステリックな大きな声で口汚く、雑言罵声を浴びせているパワハラな生々しい(YouTube動画)の公開を忘れることができません。

言葉の暴力【現役・五島市議会議員 山田よう子が怖い】

豊田議員と異なるのは、豊田議員はいくらか反省したのでしょう。

自民党に離党届を提出しています。

そして病気のため入院しました。山田兄妹はどうでしょうか?

反省など、する姿勢は全くありません。

傍若無人な振る舞いは勿論、あの手この手を多用して公開を阻止することに努めています。

自分自身にとってマイナスになるからでしょう。もう一度を(YouTube動画)検証してみましょう。

このような人は、上等な人か下等な人かと問われたら『下等な部類の人』になります。

この人たちを議員に選んだのは有権者の一人一人です。

恥ずかしい限りですと言われ人も沢山います。

また、政治献金をしている企業や団体などがいますが、本法の目的や主旨から同じ穴の狢ということになります。

なかには、仕事を妨害されるから、政治献金をしていると堂々と詭弁をいう企業や団体の人がいますが、これは言語道断です。

政府与党である公明党と共産党の3Kバトルの言葉をお借りすれば、『汚い献金』の部類に入ることを認識しましょう。

長崎県議会議員版の『ゲスの極み山田博司』

組合員の皆さま、これでいいんですか?(長崎県壱岐市)第二弾!

壱岐東部漁協の浦田和男組合長のゴルフ・石鹸遊び仲間でスポンサー企業でもある有明商事グループのトップ、中村満社長の長崎県暴排条例違反は壱岐の白い砂を黒い砂に変身させていた。

0623_03.jpg

有明商事グループは白い砂の違法採取で暴利を貪ってきたブラック企業だった。

壱岐東部漁協組合員の皆さま、これでいいんですか?

私たちの貴重な海砂で暴利を上げた有明商事は、その金で大型の黒いバスを購入し、中村満社長自らが運転し、暴力団幹部や関係者を乗せて、別府杉乃井ホテルで豪遊していたのです。

中村満社長の行為は暴排条例第6条(暴力団との関係の遮断)第2貢、暴排条例第23条(利益の供与の禁止等)第2貢に該当する悪質なものであり、長崎県民としては勿論だが、壱岐海域の海砂を採取させている壱岐東部漁協組合としても看過できない重大な事件である。

浦田和男組合長が、そんなブラック企業とゴルフ三昧だったり、博多中州で石鹸遊びに夢中になってる間に壱岐東部漁協組合は赤字で火の車、浦田組合長は三人いる監事に盲目印鑑を強要するなど、末期的症状に陥っている。

今月、26日に行われる組合総会が玄界灘のように荒れるのは必至のようだ。

0623_043.jpg

長崎県の海砂採取業者・有明商事(諫早市・中村満社長)の暴排条例違反が発覚!第2弾

平成29年6月19日(月)長崎県暴排条例の違反者に対する行政処分の請求申出書(行政手続法第36条の3第1貢の規定に基づく申出)を提出されている有明商事(諫早市・中村満社長)等が宿泊したホテルも判明している。

暴力団幹部や店の女性従業員を乗せた有明商事所有の黒い大型バスを中村満社長本人が運転して向かったホテルは別府杉乃井ホテルだった。

http://www.suginoi-hotel.com/

有明商事から長崎県議会に出向中の中村和弥県議が自民党長崎県連の政調会長という重要な役職に就任しているが、中村和弥政調会長が今回の身内の不祥事にどのような対応をするのか注目されている。

0623_01.jpg

海砂利権兄弟分の山田博司県議(一人会派)を助っ人に呼んで、身内の不祥事をモミ消したいところだが、有明商事が長崎県警から顧問として迎えている県警OBの筋が如何せん悪すぎる。

中村満社長にしてみれば、大物の長崎県警OB顧問二人も養っているし、叔父の中村和弥は自民党県議で政調会長として活躍中でもあるし、との奢りがあったようだ。

長崎県の海砂採取業者・有明商事(諫早市・中村満社長)の暴排条例違反が発覚!http://n-seikei.sankei-mrt.co.jp/?p=1018

長崎県の海砂採取業者・有明商事(諫早市・中村満社長)の暴排条例違反が発覚している。

長崎県から許可を受けて五島海域・壱岐海域で海砂の不法な採取を長年繰り返し、暴利を貪ってきた有明商事グループのトップの暴排条例違反は今後、大きな波紋を呼びそうだ。

昨日、平成29年6月19日(月)、長崎県警察本部 本部長(金井哲男)と、長崎県公安委員会 会長(片岡瑠美子)に対して、長崎県暴排条例の違反者に対する行政処分の請求申出書(行政手続法第36条の3第1貢の規定に基づく申出)を申出人A氏が提出したことが明らかになった。

長崎県警察本部 本部長 金井哲男 様

長崎県公安委員会 会長 片岡瑠美子 様

長崎県暴排条例の違反者に対する行政処分の請求申出書
(行政手続法第36条の3第1貢の規定に基づく申出)

第1 請求申出の趣旨

被申出人(違法行為者・中村満)は、砂、砂利、石材の採取運搬業、海砂、砕石販売業及び内航海運業を営業目的とする株式会社有明商事の代表者である。

申出人は、(1)長崎県海域管理条例第3条第1貢第2号の海砂採取の許可条件を逸脱する悪質な違法行為。

(2)長崎県海域管理条例第16条第2貢に違反する事実等を調査するなかで、株式会社有明商事の代表者中村満の長崎県暴力団排除例(以下「暴排条例」と称す)に違反する情報を得た。

そこで違反する事案を調査した結果、行政手続き法第36条の3の規定に基づき、当該処分庁(長崎公安委員会)に対し、被申出人は暴排条例を遵守するべく、勧告及び公表すること。

との行政処分を求める。

第2 請求申出の理由

1  当事者
1、 申出人は次の通り
●●●●

2、被申立人(行政処分対象の違法行為者)は、次の通り
長崎県諫早市小長井町小川原浦498番地
株式会社 有明商事
代表取締役 中 村 満

第3、被申出人の法令に違反する事実の内容
1、被申出人は、平成28年11月に自社(株式会社有明商事)所有の大型乗用バスを利用して、現役暴力団幹部の関係する諫早市内の「クラブ●●●●」の従業員、現役暴力団幹部らを大分県別府温泉への慰安旅行を行った。

2、被申出人が自ら大型乗用バスを運転した。

3、被申出人は、全行程に同行した。

第4、被申出人の当該処分又は行政指導の内容
1、被申出人は暴排条例第6条(暴力団との関係の遮断)第2貢
2、被申出人は暴排条例第23条(利益の供与の禁止等)第2貢

第5、当該処分又は行政指導の根拠となる法令の条項
1、暴排条例第31条(勧告)第1貢に該当する。
2、被申出人に対し、前1貢の勧告を行う。

第6条、当該処分又は行政指導がされるべきであると思料する理由
被申出人は、年商100億円近い売り上げを誇る長崎県内の優良企業である。
然るに代表者自身が暴力団幹部と密接な関係に有るばかりでなく、暴力団幹部
利益供与する行為は看過するべきではなく、厳重な注意勧告をするべきである。