正副県会議長のお祝いに一匹のドラ猫が…

投稿者=山田博司研究会・会員NO7

正副県会議長のお祝いに一匹のドラ猫が…

11月27日(月)長崎県議会(12月定例)が開催され、中法道知事は来年2月に執行されます知事選挙に出馬することを表明されました。

出馬表明を待ち望んでいた県民にとりましては、大変喜ばしいことで感激すべき日であります。

このような爽やかな雰囲気を持って、午後6時30分からホテルニュー長崎におきまして、長崎県議会議長八江利春氏と副議長徳永達也氏の就任祝賀会が、長崎県下十八団体の発起人を代表して、中村法道長崎県知事の挨拶に始まり盛大に開催されました。

おめでとう御座います。

正副議長ともに議会構成員の主流をなす自由民主党の所属議員であります。

お目出度い同僚議員のお祝いの集いに参加するに値しない、民進党で一人ぼっち会派の県会議員が一名いました。

その名は五島市選出で【国境離島新法による助成金】の申請を巡り、本人の妻【山田直美】が監査役を務める五福商事(代表取締役福永節也)と結託し、必要文書を偽って作成し、【助成金】を不正に受給しようとした不倫県議の山田博司氏です。

私的には年末年始の四泊五日の温泉不倫旅行が明らかになった、あの山田博司氏です。

ヒロシです。ヒロシです。山田ヒロシです。第3弾

https://www.youtube.com/watch?v=mgn1Z0QU77s

恫喝や我田引水あるいは非常識な行動については改めるように、頻繁に指摘されていたようですが、全く反省する姿勢はありません。

正副県会議長のお祝いの席に招かれ、呼ばれることが相応しいか否かは別にして、主役は正副議長であることは分かりきったことです。

にもかかわらず分別なく自分の席のように、挨拶して回るのは控えるのが常識となっています。

しかし、厚顔無恥な山田氏は自分が主役のように振る舞って回っていました。

失礼先晩です。【人の褌で相撲を取る。】の表現が分かりやすいでしょう。

観察力の卓越した人が弁舌爽やかに【猫ヒロシ】はまだ【盗っ人猫】みたいなことをしている。

1130_01.jpg

変なドラ猫が迷い混んできたようですが、何はともあれ、正副議長さん御就任心からお祝い申し上げます。

山田氏の悪行の極一部をおさらいし列挙します。

投稿者=山田博司研究会・会員NO2

昨年、平成28年2月20日以来、長崎県議会議員山田博司氏は、議員としてあるまじき行為を繰り返し継続していることから、ネットに記事を掲載、警鐘を鳴らし、猛省を促してきましたが、姑息にもネット記事はデマです、と吹聴して回り、自分のしたことを正当化するありさまです。議員という前に人間としての資質に問題があります。

山田氏の悪行の極一部をおさらいし列挙します。

山田ひろし

①山田氏が遊興三昧している長崎市の歓楽街てある夜の社交場、クラブ「サイレンス」で、 浜本副知事に対して理不尽で不謹慎な陳情をした事実。

②緊急やむを得ない正当な理由もないのに、県議会本会議の初日を無断欠席したり、私的な理由で委員会を欠席した事実。

③県庁駐車場に自己所有車を約五年間無断で駐車していた事実。これに関しては道路運送法で定められた車検など、不適切な対応の疑惑がある事実。

④高額の政治資金(年額2千5百万円程度)を集めるのに際し、建設業者に対して脅迫疑惑があるとして、長崎地方検察庁に刑事告発された事実。

⑤かって、暴力団員であった人物と友好関係にあった事実。

⑥山田氏は家族を持ち、長崎市勝山町に居を構えていますが、年末から年始にかけて、五泊六日の不倫旅行が発覚している事実。そのため、1月4日、五島市で開催された恒例の成人式に出席し祝辞を述べるところでしたが、成人当事者の親族の抗議によって出席できず、県議としての役割を果たすことが出来なかった事実。

山田氏が吹聴する「デマ」とは根拠のない、いい加減な嘘や噂話のことで、特に政治的な効果を狙い、事実無根の情報を意図的に流すなどして、人々を扇動し、相手に不利な状況をつくることを謂う。

これらは山田氏が最も得意としていることである。

長崎県議会議員版の『ゲスの極み山田博司』

承服できなければ、正々堂々と司直に訴え、法的措置を講ずべきではないでしょうか。

あるいは、いま、県議会が開催されています。議会や県政記者クラブなどで説明責任を果たし、大衆に伝達されることが常道です。

話題を変えます。

松尾建設株式会社(本社佐賀市,本部東京)佐世保営業所長ら数名は、有給休暇と称して、平成27年4月12日の全国統一選挙,長崎県議会議員選挙において、五島市選挙区山田博司氏を応援しています。

離島ですから宿泊を伴い、大きな出費となります。  政治信条や政治活動は自由ですから、拘束するもではありません。

前述しましたように、県会議員としての資質に問題があるのではないかと思います。

佐世保営業所長以下数名は、このような人に、働く者の権利として与えられた貴重な有給休暇を使い、 家族と離れ、自ら高額な経費を使い、山田博司夫人でも応援しない候補者を応援する理由が分かりません。

また、有給休暇の取得は会社の承認事項になっており、従業員は休暇の理由を申し出て、業務の都合を勘案して与えられることになっています。

会社は山田博司候補者の選挙運動については、ご存知のことです。さらに、全国統一地方選挙で津々浦々、佐賀県でも長崎県でも佐世保市選挙区でも行われています。

なぜ山田さんでしょうか?因みに、会社ぐるみの選挙運動ではないかと疑惑をもたれる案件ではないでしょうか?

新春・1月15日(月)不倫県議・山田博司名誉棄損事件、本人尋問出廷!その2

JC-NET(ジェイシーネット)に長崎の不倫県議・山田博司問題を初めて取り上げたのは平成27年の2月20日だった。

長崎県議会議員版の『ゲスの極み山田博司』
https://www.youtube.com/watch?time_continue=20&v=VWT3sheZMMg


不倫県議、山田博司が遊興三昧していた長崎市の歓楽街のクラブ「サイレンス」で、 浜本副知事に対し、県議としての倫理を疑われてもおかしくない陳情をしたことが明らかになり、それがあまりにも酷かったことがきっかけだった。

この破廉恥県議、山田博司の行状は徹底的に調査しないといけないと痛切に感じたからだ。

あれから1年半以上が経ち、最近は山田関連記事が少なくなっていた。書き疲れたのも事実だが、山田に呆れたというか飽きたというのも正直なところである。

たまに長崎に帰った時、知人、関係者に「山田とは手打ちしたの?」とか聞かれたりするが、手打ちどころか、手も触りたくないし、近寄りたくもない。

手打ちとかは山田博司が心を悔い改めない限りあり得ないし、それは山田には望むべくもないことだ。

山田に関していえば書きたいことはいっぱいあるが、仕事が忙しすぎて書く体力も暇もないというのが正直なところである。

山田といえば、最近は愛人(昨年のうぐいす屋、4泊5日の不倫旅行の相手・江頭真美嬢)を県庁の県議控室で堂々と囲ったり、五島市にまで帯同させるという常軌を逸した振る舞いに地元では顰蹙を買っているようだが、悪事は必ず暴かれるし、世の中で悪が栄えた試しはない。
山田が滅びるのは時間の問題である。

山田博司に散々に金をむしり取られた対馬の元市議の赤裸々な証言はテープにちゃんと録音されているし、松浦市の県有地払い下げ問題は県庁の議事録も証拠としてある。

県議会議員だろうが、国会議員だろうが、県民の税金を使っている以上、いくら山田が不倫県議であっても、山田博司は、来春1月15日の山田博司名誉棄損事件の第8回公判に出廷して、裁判長の尋問に徹底的に証言しないといけない。

山田氏の悪行の極一部をおさらいし列挙します。

新春・1月15日(月)不倫県議・山田博司、本人尋問出廷!

新春・1月15日(月)長崎県議・山田博司、本人尋問出廷!

昨日、11月20日(月)午後1時30分から、長崎県議会議員-山田博司が本紙を名誉毀損で訴えていた民事提訴の第7回公判が長崎地方裁判所で開かれた。

山田博司の代理人が車のトラブルで公判の開始が1時間近く遅れるというハプニングはあったものの、今回は証人尋問という原告にとっては極めて不利な証言が予想されたことから、原告代理人も気が滅入っていたことも事実であろう。1時間近く遅れたとはいえ、A証人への尋問は確信に触れるものばかりで、今回の裁判で争点の一つとなっていた山田博司と現役暴力団幹部との密接な関係が証人の赤裸々な証言で明らかにされた。

山田博司(代理人・川崎弁護士)は法廷で、故浜村福雄(D会幹部)との関係や属性ばかりか、存在さえ不知と証言していた。

今回のA証人の証言で山田の嘘は完全に暴かれてしまった。

証人が嘘をつく必然性はない、まして裁判長の前で宣誓しての証言である。

被告にされてる私は裁判長に原告になってる山田博司の本人尋問を裁判長に要請した。他人を名誉棄損で訴えた原告の山田博司も法廷に出廷して証言するのが当たり前だと痛切に思ったからである。

山田の代理人は裁判長から原告本人の出廷を要請されると、呆れたことに「山田先生は忙しいので出廷する暇も時間も無理です。」と裁判長にのたまってが、山田博司は年末年始の忙しい中でも愛人と小浜のうぐいす屋で4泊5日の不倫旅行を楽しむほどの暇人であることは、本誌で報道してる通りである。

裁判官の職権での本人尋問召喚を忙しいとの理由での欠席はよもやできまい。

法廷で山田博司本人と会えるのが今から楽しみである。

次回公判は1月15日(月)午後2時30分、いよいよ山田博司先生本人を裁判所の職権で、召喚することが決定した。

山田博司の代理人である川崎弁護士(福岡市)は山田先生の尋問は必要ないと最後まで山田の尋問に反対していたが、最後は裁判長の職権で山田博司の尋問が決定した。

1月15日はむかしだったら成人の日、山田博司にとって人生2度目のめでたい1月15日になるはずである。

山田博司とその仲間達が国境離島新法の助成金を不正に受給しようとしていた企みの全て!

ま~不倫県議・山田博司の悪行は留まる所をしらない。

私は、これだけ腹黒い県議会議員を過去にも前にも知らない。よくま~こんな議員を五島市の有権者は県議会に送りだしたもんである。

前々から年寄りを騙くらかすのが上手いとは聞いてはいたが、そろそろ山田博司の本性に気が付いてきているし、化けの皮が剥がれるのも時間の問題である。

山田博司が長崎県議会議員(農水委員)としての地位を利用して、国境離島新法「用機会拡充事業(創業、事業拡充支援)」を親族や利権仲間(五福商事㈱)と共謀して、虚偽の申請書を提出、五島市は十分に審査もしないで事業採決者に決定していた。

その後、五島市の有志達の情報提供や調査によって五福商事の提出した書類に虚偽があることが判明し、9月4日、五福商事は五島市に事業採決者辞退を提出している。

こうして、山田博司とその仲間達が国境離島新法の助成金を不正に受給しようとしていた企みは未遂に終わったわけだが、山田博司は更に五島市ばかりか、長崎県まで喰いのもにしようと企んでいる。

とりあえず、きょうは、丸田たかあき氏のブログから「総まとめ(山田博司と五福商事)」を紹介します。

挑戦者 丸田たかあき
http://maruta.sankei-mrt.co.jp/?p=5572

総まとめ「山田博司と五福商事」

0927_06.jpg

①「福永節也」は「多摩川ホールディングス」の社長をしていた時、「山田博司」を介して「五島市」に100万円寄付した。

②「福永節也」は「多摩川ホールディングス」の社長をしていた時、彼の知人の会社である「藤島興産」に五島の太陽光事業の「借地権」を譲った。

③その後「福永節也」は「多摩川九州」の社長になった。

④「福永節也」は「五福商事」を設立した。

⑤「五福商事」は、五島で太陽光事業をやっている。「五福商事」の社長は、「福永節也」、取締役に「藤島興産」代表の息子である「藤島好治」がいる。監査役に寄付を仲介した山田博司関係の「山田直美」がいる。

⑥「多摩川ホールディングス」は「借地権」を譲る条件に「多摩川ホールディングス」と「資本関係、人的関係及び取引関係」がないいうことで、「藤島興産」に譲っている。しかし、最終的みれば、「多摩川ホールディングス」(当時の社長福永節也)と人的関係がある「五福商事」(社長福永節也)に譲っている。しかも、それを決めたのは当人の福永節也。要するに福永節也は「多摩川ホールディングス」の社長時代、自分の会社に「借地権」が自分の会社「五福商事」(まだ設立されていなかった)に行くよう工作していたと考えられる。

⑦しかも、当時寄付を仲介した「山田博司」の関係者「山田直美」を監査役、借地権を譲渡した「藤島興産」の息子である「藤島好治」を取締役にしている。

⑧「多摩川ホールディングス」から譲渡された「藤島興産」の「借地権」は、再譲渡され「五福商事」に移っている。

⑨結果的に「多摩川ホールディングス」から五島市への寄付は、「五福商事」の活動で有利に働いている。つまり、各種の補助金や減免を受けやすいし、五島市としては、弱みをつかまれた状態になっている。もちろん、客観的には証明できないが、心情的に言えばそうである。

⑩「五福商事」は五島で畜産を計画している。それに伴い五島市へ各種の補助金を申請している。「多摩川ホールディングス」から100万円寄付を受けた時の社長が、補助金請求の社長と同じ「福永節也」なので審査が厳しくしにくい。

市は特別扱いはしていないというであろうが、心情的に言えば、当然甘くならざるを得ない。

「福永節也」にとっては、「多摩川ホールディングス」のカネで恩を売り、「借地権」も手に入れ、スムースに活動できることになった。「人の褌で相撲を取る」ということだ。→今はここまで丸田がしつこく調査報告して邪魔しているのである。

⑪多摩川ホールディングスは平成25年 民主党五島支部(代表 山田博司)へ12万円の企業献金を行う。

⑫ライト建設設計事務所はは平成25・26・27年 民主党五島支部(代表 山田博司)へ計28万円の企業献金を行う。また五福商事の畜産業稼働予定牛舎の改修工事として助成金申請へ見積書で参画。

五福商事株式会社
国境離島新法による「雇用機会拡充事業(創業、事業拡充支援)」への事業採択
この流れの説明を精査しておこう。
平成29年1月27日
五福商事株式会社法人設立日
代表取締役 福永節也(多摩川ホールディングス元社長・多摩川九州社長)
監査役 山田直美(県議会議員 山田博司で長崎に居住される親族)

また長崎県議会議員 山田博司個人後援会「大志会」の事務責任者が山田直美という人物が政治資金収支報告書に記載されている。

平成29年3月10日
平成29年度 五福商事 五島牛舎改修工事見積書発行
株式会社ライト建築設計事務所 代表取締役 中野善弘(県議会議員 山田博司事務所への企業献金を行っている)

平成29年3月31日
畜産事業設備リースとして五福商事へ見積書発行
株式会社多摩川九州 代表取締役 福永節也
※つまり親会社が子会社である五福商事へ畜産事業に関する機械等をリース貸付するのである。
また五福商事と多摩川九州の代表取締役社長は福永節也であり同一人物である。

平成29年4月14日
肥育事業における研修に対しての業務提携の経過報告について
この書類に関して明記されていた企業「富永畜肉グループ(=雲仙市)」は全く存じ上げない業務提携の話であったのだ。(富永畜肉関係者証言)資料にはその他として、5月中に契約を結ぶ予定としている。と記されていたが、契約どころか、全く存じない話が一方的に進められよとしていた。

この点について五島市役所からの指摘もなければ、業務提携契約書の提出も必要ないと回答されている。

平成29年4月25日
地域社会維持推進交付金事業申請書提出(提出先 五島市役所)
・事業実施地 長崎県五島市野々切町1260番1
・事業目的 雇用機会拡充事業
・事業概要 五島牛の肥育から始めてノウハウを蓄積しつつ、将来的には繁殖事業まで拡げて五島牛の生産一貫体制を確立する。生産した成牛は、五島家畜市場に出荷するほか独自販売網を整えて島外に出荷し五島牛の普及及び知名度向上に貢献する。今回はJAごとうより空き牛舎(県事業による整備予定)のリースを受けて事業開始するにあたり、必要な機械・設備の導入(県事業等による購入予定)を行い、技術提携を実施しながら、五島牛の肥育事業ができる事業環境を整える。

・(仮)五福商事株式会社との貸付契約明細書(牛舎・付帯設備等)・・・(案)
契約物件の所在地 長崎県五島市野々切町1260番1
契約明細書は五島農業協同組合畜産事業部が発行

平成29年9月7日
事業実施地である長崎県五島市野々切町1260番1は昨日長崎地裁五島支部にて、平成28年度(ケ)4号(物件番号3)売却基準価格 590,000円で競売物件として入札が締め切られたが開札日の7日に五福商事株式会社の札入れはなされていなかった。

平成29年9月
2014年02月06日付 五島市ホームページ上では

2月6日(木)、株式会社多摩川九州さまから、児童健全育成基金へ100万円のご寄附をいただきました。福永社長は、寄付贈呈に至った経緯を語られました。
「2年ほど前から五島市を訪れて土地を見るなかで、いろんな方といろんな所でご縁ができました。いま黒蔵地区や大浜地区、大宝地区でメガソーラーをやっていますが、多くの方にご迷惑をおかけしましたしお世話にもなりました。みなさまに何か恩返しをしたいと考えていたところ、五島の子どもたちは、スポーツ大会の予選に出ても遠征費用が出ないと、福岡ではなかなかないような驚くべき話を聞きました。微々たるものですが、ぜひ協力をさせていただきたいと思い寄付いたしました。今後とも、何らかの形で協力できることは協力していきたいと考えています。」
この記事が五島市ホームページ「ご当地コラム」から姿が消されている。

0927_07.jpg

不倫県議、山田博司県議、イタチの最後っ屁!

投稿者=みのしまりんぺい

9月21日(木)、長崎県議会一般質問で不倫県議の山田博司県議が「総務部秘書課のあり方について」というちゃんちゃらおかしい質問をした。

山田議員が用意した9項目の質問の最後で残り1分。もはや時間切れ寸前という中で五島市選出のイタチ議員は県側に「最後っ屁」を喰らわそうとした。

そこで、山田議員は力を入れ過ぎどうやら失禁した模様であった。

座ると生温かいものが付着するので山田議員は最後まで立ったままだった。

もともとこの質問は臭い話に終始する。

長崎県民が中村知事に面会を求める際、その面会人の個人情報を吟味し、身体検査をして、知事に会わせてよい人物なのか、会わせてはいけない人物なのか、その判断をするのが総務部秘書課なのである。

「地方自治法に基づき関係部局で判断する」というのが県側の答弁だったが、「いい人、悪い人の判断は誰がするのか」という山田議員の質問の答えには十分過ぎる答弁に対して、イタチ県議は「明確にして下さい」と理事者に再三再四執拗に詰め寄ったが、理事者に軽くあしらわれていた。

0925_04.jpg

県議会で理事者に執拗に詰め寄るのがイタチ県議の手法だが、最近は理事者側もイタチ県議の手法に手慣れてきたのか、イタチ県議のイタチ戦法も効果が薄れてきているようだ。

イタチ県議が何故、今、このタイミングで「総務部秘書課のあり方」についてという質問を脱糞するほどに力を入れて質問するのか、イタチ県議にこそ明確に答えてもらいたい。

ちなみに過日、イタチ県議は「悪い人」を中村知事に会わせようとして秘書課に拒否され、痛くメンツを潰された腹いせに、今回の質問に及んだということが分かった。

(イタチ駆除のプロが調査・駆除するので安心してください)
https://kyushu-itachi.com/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=yahoo_ss

もともと面会人を斡旋したり、公共工事の口利きをして企業から金をむしり取るのがイタチ県議のやり口なのだから資金源を断ち切って害獣駆除に当たろうとする県側の対応には諸手を挙げて賛意を表したい。

長崎県議会議員版の『ゲスの極み山田博司』
https://www.youtube.com/watch?v=VWT3sheZMMg

長崎新聞ホームページ:【県内トピックス】旧日本軍の「伊58」特定 (9月8日)

不倫県議・山田博司の一般質問、傍聴お疲れ様でした。(長崎県)

はいさい、こんにちは、きょうは沖縄も夏が弱まり、過ごしやすい秋の気配を感じた一日でした。

0922_01.jpg

我が社の社長と二人、那覇市にある波上宮神社に参拝して沖縄でのこれからの商売繁盛と健康を祈願してまいりました。

0922_01.jpg

お蔭さまで、長崎も気になりますが当分は沖縄で忙しいです。

0922_01.jpg

長崎の皆様にはこれから、おくんちも近まり、涼しくなるので感冒には十分にお気をつけてください。

0922_01.jpg

気をつけろと言えば、不倫県議・山田博司です。こん男だけはとことん要注意です。その愚かさときたら救いがたいくらい下種な野郎です。

平成29年9月21日(木)午後2時40分から、山田(博)氏の県議会一般質問が行われました。

傍聴席には山田と利害関係で結ばれている山田後援会もチラホラ来てはいたんでしょいうが、なんせ、多勢に無勢、傍聴席では山田に批判的なグループが特別に強い香ばしい匂いを放っていました。

山田の下らん質問に付き合わされた部長さん、副部長さん、総務部秘書課の皆様方、また全ての県職員の皆様方、きょうは、大変ご苦労様でした。

ま~この男の県議会での一般質問は下心見え見えの卑しい質問ばかりである。

最後の3分で秘書課の対応として利害関係者と、知事の面会を断った理由を明確に説明してくれとの趣旨の発言をしたようだが、だったら、お前さんと水産会社株山陽の長谷社長との関係も明確にしてみろよ。

松浦市の県有地の山陽への払い下げ問題、東彼川棚町のハラ産業への県有地の払い下げ問題、山田博司の県有地払い下げ口利きビジネス、県職員に明確にイエスかノーで答えさせる前に、山田博司よ、次回からは、あんたが利害関係者との関係を明確にして、県職員に明確な回答を求めなさい。

(日刊セイケイ・長崎浪人・中山洋二)

長崎県議会議員版の『ゲスの極み山田博司』
https://www.youtube.com/watch?v=VWT3sheZMMg

不倫県議・山田博司が一般質問するそうだ!傍聴に行こう。(長崎県)

昨年12月30日から1月3日まで小浜温泉で不倫旅行を楽しんだ不倫相手を、長崎県庁内にある議員控室に侍らせて恥じない五島市選出の山田(博)氏が、きょう、9月21日(木)午後2時40分頃から恥も外聞もない一般質問を行うそうだ。

0921_02.jpg

昨年(平成28年9月20日午後1時30分)は、山田博司県議の利害関係企業から傍聴へのお誘いがあり、久しぶりに県議会の傍聴に行ってみたが、山田の一般質問は山田(博)氏の卑しい心根が見え見えの聴くに堪えない陳腐さだった。

0921_01.jpg

県議会一般質問傍聴に行ってきました。

昨年は傍聴席のガラガラ観だけを確認すると早々に退散させて頂いた。

あんなゴロツキーな山田(博)の一般質問に付き合わされる長崎県職員には心からお悔やみ申し上げます。

あんなもん、県議でもなんでもない、ただの県議のバッチを付けたゴロツキと同じである。

県議控室に愛人か変人か分からんハデハデ、バテバテの女を侍らせる神経はゴロツキそのものだと同僚県議ばかりか、県職員からまで笑われている。

あれじゃ~五島市民も堪らんじゃろう。

前回、9月10日、「長崎県議会議員・山田博司(民進系一人ぼっち会派)の口利きがヤバすぎる。」をエントリーしたところ、県庁内ではそこそこの反響があったようだ。

http://n-seikei.sankei-mrt.co.jp/?p=1086

一番早く反応したのが山田(博)氏本人だった。(笑)

山田は記事が掲載されると、早々に情報源探しを始めている。(馬鹿だね)

前回も書いたが、沖縄の海で泳いでおろうが、東京のビルに登っておろうが、高いアンテナと特殊なアンテナさえあれば、(株)山陽(長谷幸一郎)36万円、マルサンフーズ(長谷幸一郎)12万円ウエストジャパンフーズ(長谷幸一郎)36万円だったりとか、山田(博)の県有地払下げ口利きビジネスくらいの情報くらい入るということである。

山田(博)は、きょうの、一般質問(9)、で総務部秘書課のあり方について質問するそうだが、秘書課や県庁職員をいくら突っついても何も分からんよ。

そんな分かり易いところに高いアンテナを張ってたら、目立ってしょうがないだろうに、山田博司、とことん愚かな奴である。

ヒロシです。ヒロシです。山田ヒロシです。
https://www.youtube.com/watch?v=cdmYI3D4Sn0

不倫県議の山田博司、その汚れたきったない首を洗って待ってろよ。

最近、沖縄が忙しくて、長崎が疎かになっていたが、五島市選出の不倫県議・山田博司の悪行は改心するどころか、より酷さを増してきているようだ。
長崎県議会議員版の『ゲスの極み山田博司』

人間の欲にはというか、山田博司の欲には歯止めが掛からんようだ。

それにしても、どうしようもないクズ野郎である。

五島市を脅して国境離島新法の補助金の不正受給は企むは、むかしの暴力団よりの性質が悪い。

今回は五島市民の頑張りで未遂に終わったが、福岡の太陽光発電屋、福永節也氏が代表で山田博司の嫁が監査役に座る、五福商事㈱が五島市の「特定国境離島地域社会維持推進交付金」の事業採決者決定には呆れてしまった。

もっと、もっと、五島市職員も長崎県職員もしかりしてくれよ。

特に山田が委員してる農水関係の職員はしっかりしてくれろよ。

頼むから暴力団まがいの山田博司なんかの脅しになんて負けないでくれろ。

最近、入った情報によると、山田博司は自分に金をくれる特定の水産加工業者の社長と中村知事を会わせろ、会わせろと執拗に県職員を呼びつけては恫喝しているようだ。

沖縄県にいても、このくらいの情報や山田と県職員の会話が詳細に記されてるメモくらいは手に入る。

メモを読むと、この水産加工会社が欲しがってる松浦市にある県有地を特命の随意契約で払い下げろという要求を山田と水産会社は県に対して執拗に繰り返している。

利害関係にある特定の企業との面談はできないと主張する長崎県にたいして、山田は、面談しないなら、県議会で中村知事の施政を糾弾すると、暴力団まがいの脅しまで掛けている。

さ~次回から水産加工会社の実名とメモの内容を詳細に報道していく。

不倫県議の山田博司、その汚れたきったない首を洗って待ってろよ。

もうすぐ、行くから。

「日刊セイケイ・長崎浪人・中山洋二」

長崎県議会議員・山田博司(民進系一人ぼっち会派)の口利きがヤバすぎる。

山田博司県議の骨折りで五島市に太陽光発電を設置していた㈱多摩川九州の代表者と称する福永節也なる人物と山田博司が次の金儲けのターゲットが国境離島新法だった。

その受け皿として設立したのが五福商事㈱(山田博司の妻、山田直美が監査役)である。

0909_02.jpg

山田県議が農水委員という立場を狡猾に利用し企み通り、五福商事㈱は五島市の「特定国境離島地域社会維持推進交付金」の事業採決者に決定していた。

ここまでは首尾よく行ってたが、ここから事態は急転する。

「県議の山田博司と太陽光の福永という怪しい人物が畜産関係の補助金で、農協とつるんで五島市を巻き込んで国境離島新法の補助金を食い物にしようと企んでいる」。

との情報が関係者から届いた。

そこで、日頃からの山田博司の悪行に堪りかねていた五島市民有志が立ちあがった。

すると五福商事㈱と五島市の「特定国境離島地域社会維持推進交付金」の事業採決者決定の杜撰さが露わになった。

というか、山田と五福商事の悪事は全部暴かれてしまった。

そして、五福商事㈱は「特定国境離島地域社会維持推進交付金」の事業採決者を9月4日、五島市に事業採決者の辞退の届け出を提出している。

下記の投稿に詳しく記されているので、暇な人は読んでください。

国境離島新法の事業採択が危ない(その1)
http://n-seikei.sankei-mrt.co.jp/?p=1068

国境離島新法の事業採択が危ない(その2)
http://n-seikei.sankei-mrt.co.jp/?p=1073

はっきり言って、山田も福永某なる人物も五島を舐め切っている。

五島市や長崎県は脅せば、なんとかなるって思ってるんだろうが、五島市民は騙されんということである。

五島市の職員の皆さん、山田博司やその一味の悪だくみにはお気をつけください。

「日刊セイケイ・長崎浪人・中山小六(洋二)」

ヒロシです。ヒロシです。山田ヒロシです。第3弾
https://www.youtube.com/watch?v=mgn1Z0QU77s