長崎県議会議員・山田博司、巨悪を眠らせるな!

8月6日、県議会議会運営委員会の小委員会は、新上五島町選出の近藤智昭議員と対馬市選出の坂本智徳議員が宿泊費や旅費等を不正請求していたことが発覚した問題を受け、、費用弁償に関する条例の運用見直しについて、各会派が意見を取りまとめて9月上旬の次回に報告することで一致している。

宿泊費は、県条例に基づき住所地から県庁まで50キロ以上の県議を対象に、定例会に出席するためアパートやマンションを借りた場合、1泊1万円を「費用弁償」として公費から支給している。坂本議員は長崎市内に住むマンションの家賃を党支部が負担したりしていたわけだから、二重取りをしていたわけだから、これは詐欺といっても言い過ぎではない。

山田ひろし

また、近藤智昭議員の場合は、平成27年、県議選に出馬するためだけのために住所を新上五島町の実兄の近藤守氏(没)の自宅に移転していただけであり、実態は時津町の持ち家が自宅であることは自他ともに認め、明らかに生活の拠点は時津町である。

それは近藤議員が平成27年4月に当選してから1年以上、時津町からの旅費(ガソリン代)しか支給されていなかったことからも証明されている。

その事実を認識しながら近藤議員に不正な宿泊費、旅費を支払っていた議会事務局にも問題はある。

小委員会の三好徳明議運委員長によると、小委員会では、議員が住民登録をしている場所と実際に暮らしている場所が違う場合、どちらを住所地とするかなどを話し合った。今後、議会事務局がアパートなどの借り上げ実態を確認し、報告することも決めた。

生活の拠点の観点からいえば五島市選出の山田博司県議は住所こそ五島市に置いているが、生活の拠点も性活の活動拠点も長崎市桜町である。

山田ヒロシ議員も嫁さんも子供二人も長崎市桜町のマンションに暮らし、子供達も長崎市内の小学校、中学校に通っている。また、山田ヒロシ議員ご本人も桜町の自宅から銅座の歓楽街に出勤していた。

月にしたら数百万円の遊興費を使うのも五島市福江の歓楽街ではなく、長崎市銅座町の歓楽街である。

この二つ事実だけ見ても山田ヒロシ議員は生活拠点も性活の拠点も実質的には長崎市だということは明らかである。

山田ヒロシ議員は最近は嫁や子供達が住む桜町のマンションには帰らず、愛人が住む大橋町のマンションで一緒に暮らすという屋上屋を重ねる性活を続けている。

山田博司議員がこの10年間で県議会事務局から不正に支払わせた宿泊費、旅費は2000万円を超えている。

長崎県議会議員・山田博司、巨悪は眠らせない。

ゲスの極みの長崎県議会議員・近藤智昭議員の場合!
http://n-seikei.jp/2018/05/post-51873.html

長崎県議会・宿泊費・旅費等の不正請求事件!
http://n-seikei.jp/2018/05/post-51849.html

(長崎県議・近藤 智昭議員(61)旅費宿泊費を不正請求!)
http://n-seikei.jp/2018/05/post-51826.html

長崎県議会・宿泊費・旅費等の不正請求事件!
http://n-seikei.jp/2018/05/post-51849.html

またまた有明商事の長崎県暴排条例違反‼

昨年6月19日、有明商事は暴力団と密接な関係があり、また、暴力団に利益供与していた事実が発覚し、長崎県警察本部に「長崎県暴排条例の違反者に対する行政処分の請求申出書」(行政手続法第36条の3第1項の規定に基づく申出)が提出されていた。

0720_02.jpg

長崎県の海砂採取業者・有明商事(諫早市・中村満社長)の暴排条例 …
http://n-seikei.jp/2017/07/post-45076.html

有明商事といえば、今話題の壱岐東部漁協の浦田和男組合長と結託し博多駅前に海砂大衆酒場(レオタード)という酒場を開店しているが、それも元を質せば暴力団の威力を使って取り上げた海砂利権が資本になっている。

近々、その汚い手口や証拠とともに新たに有明商事が長崎県警察本部に「長崎県暴排条例の違反者に対する行政処分の請求申出書」(行政手続法第36条の3第1項の規定に基づく申出)が提出される。

県砂利協会(中村満会長)は独禁法の疑いで公取委に注意されていた。
http://n-seikei.sankei-mrt.co.jp/?p=936

6月29日、壱岐東部漁協(浦田和男組合長)の総会は不正立だった!第3弾

壱岐東部漁協(浦田和男組合長)は7年連続して赤字を計上しながらも、博多渡辺通りには愛人(真麻ちゃん・32歳)と愛の巣を築くマメさを発揮している。

また博多駅前には海砂採取業者の有明商事(富士工業・中村猛博)と海砂大衆酒場(レオタード)をオープンさせるなど金回りのよさは司直もマルサも注目する派手さぷりを誇示している。

昼は昼で福岡競艇場でさすらいのギャンブラ-に変身するなど、浦田和男組合長の暴走が止まらない。

6月29日、壱岐東部漁協(浦田和男組合長)の総会は不正立だった!第2弾
http://n-seikei.jp/2018/07/post-52680.html

と告発してきたが、壱岐東部漁業協同組合第51回通常総会における「決議の不存在」について、愈々提訴されそうだ。

形上、総会で決議は成されてはいるものの、決議の手続きに重大な違法・瑕疵があり、決議があったとはさすがに評価できない法律上の不存在であると言える。

よって、「総会決議の不存在」を求め提訴されることが確実になってきた。

毎年、毎年計上されている数千万円の貸し倒れ金、数億円とも思量される使途不明金にメスが入るのもカウントダウンが近づいてきている。

0702_02.jpg

国民民主党 長崎県連が結成大会・山田博司県議がいない!

7月1日、長崎市内のホテルで国民民主党・長崎県連が結成大会を開いている。
あの国民民主党・五島支部・支部長を名乗るハレンチ議員・山田博司県議のハレンチな顔が見えない。

0703_01.jpg

県連の発表では県議は5名とされてるが、下の写真にも山田博司県議のハレンチな顔は確認できない。

県議会の会派でも山田博司県議は改革21から除名されていたんだから、いないのが当然と言えば当然であり、また、いたら県民の理解は得られない。

今までの民主党五島支部なんてのは山田博司が企業から恐喝紛いの政治献金を集めるための道具だったし、いいように利用されていただけである。

0703_03.jpg

今でも五島市内の畑の中に立つ違法看板には「ヤル気・元気・嘘つ気」って書かれた看板を見た記憶があるが、嘘つ気120%は笑えるくらい当たってる。

0703_04.jpg

最近、長崎の県議で上五島町の近藤智昭議員や対馬の坂本議員が旅費やら宿泊費を不正に請求したとして釈明したり、返還したりニュースになって世間を騒がしているが、山田博司はあんなもんじゃない。

あれは、はっきり言って山田博司のトバッチリみたいなもんである。あくまでも狙いは山田博司だろう。

近藤議員、坂本議員等はバレたらすぐに返還する可愛さがあるが、山田博司は返還どころか悪質な還付金詐欺までやらかしている。

あれは本当のワルである。

山田ひろし

国民民主党 長崎県連が結成大会 /長崎
https://mainichi.jp/articles/20180702/ddl/k42/010/145000c

6月29日、壱岐東部漁協(浦田和男組合長)の総会は不正立だった!

6月29日(金曜日)午前10時から7年連続して赤字を計上し続けている長崎県壱岐東部漁協(浦田和男組合長)の総会が開催された。

0702_01.jpg

壱岐東部漁協の正組合員は一応186名となっていることから、水協法上総会が成立するためには正組合員の二分の一以上(定款例三十九条)の出席者が必要となる。

6月29日は最低でも93人以上の出席者が必要ということである。

浦田和男組合側は出席者が94名、委任状が52名で合計146名の出席者があり定足数を満たしたことから総会は成立したとして強引に散会したが、残念なことに当日は65名の出席者だけしか確認されておらず(証拠のビデオ録画あり)、したがって水協法上6月29日の壱岐東部漁協の総会は不成立ということになる。

長崎県壱岐振興局の担当者も総会の会場には立ち会っていたそうだから、65名と95名の違いくらいは判断できるだろう。

因みに、総会の証拠のビデオ録画には長崎県壱岐振興局の担当者の姿も確認されているから、出席者は65名だけだったと証明できる。

組合が発表した94名のうち約30名弱は組合カウンターで1000円を受け取り署名しただけで、実際には総会には出席していないことから、水協法上この約30名弱は出席者としては残念だが加算できない。

組合が加算している52名分の委任状についても、東部漁協の「定款」第44条の総会・議決・代理権についてに、委任状の書面には議案ごとに(賛成・反対)を明記するこになっていることから、今回、組合が加算した52名分の委任状には賛成・反対の意思表示が明記されていない。

そもそも、組合は議案のすべての内容書類を正組合員に事前に渡してもいないのに賛成・反対の判断のしようがない。判断もできない状況で組合員が正常な委任状など出せるはずがないのである。

もしあったとしてもそれは無効である。

0702_02.jpg

下記に記してる水協法に基づいて総会決議取消し、不存在・無効確認の訴えを正組合は示唆している。 

(法第44条で準用する商法第272条)
ウ 総会決議取消し、不存在・無効確認の訴え
組合員、理事、監事等は、総会の招集手続、決議の方法、決議の内容等に法令、定款違反等があるときは、決議の取消し(決議の日から3ヶ月以内)又は不存在若しくは無効の確認の訴えを提起することができることとされた(法第51条で準用する商法第247条から第252条まで)。
これは、総会の決議の成立手続、内容等に何らかの法令、定款違反等の瑕疵があるときに、その瑕疵を理由として決議の効力を否認する訴えを提起することは、従来からも可能であったが、判決の効力が第三者に及ばない、瑕疵の主張がいつまでもできる等の問題があることから、判決の効力の対世的効力、提訴権者、提訴期間等を定めた訴えの制度を導入し、組合の適正な運営の確保に資するよう措置されたものである。

壱岐東部漁協の組合長・浦田和夫組合長の危ない暴走!第2弾

浦田和夫氏が組合長になってからというもの7年連続して赤字を計上するなど不透明な組合運営を続けている壱岐市東部漁協組合(芦辺町)の組合総会が、きょう6月29日に開かれる。

0629_01.jpg

既に芦辺町には3つ目の新しい組合として「新芦辺漁協組合」が今年3月11日に創立総会を開き、長崎県壱岐振興局に対して認可申請を終え、あとは許可を待つだけとなっているが、新たに入った情報によると、壱岐市東部漁協組合(浦田和夫組合長)理事の組合負債数千万円(船舶購入借入金や漁具購入借入金)がゼロになっているとの内部告発である。

浦田組合長による不正な組合会計の資料は既に関係当局の手に渡っており、税務署などが強い関心を示しているという。それが事実なら、きょうの総会は大荒れに荒れることが予想される。

また、7年間も壱岐市東部漁協を赤字にしている浦田和夫組合長が博多駅前にオープンさせた「大衆海鮮酒場・LEOTARD(レオタード)」の開店資金が何処から、どのようにして捻出されたのか、税務署や検察でなくても興味が湧いてくる。

0629_02.jpg

店の看板には海鮮酒場と書いてあるが、海砂酒場の間違いではないのかと、壱岐の漁業関係者は顔をしかめているそうだが、共同経営者が海砂採取屋の有明商事(富士工業)の中村猛博氏と分かれば納得である。

壱岐では海女さんのことを、その着てる水着の姿から「LEOTARD(レオタード)」と呼ばれているところからつけた名前だそうである。

いかにも砂屋のおやじと、7年間赤字組合長の付けそうな店名である。

0629_03.jpg

壱岐東部漁協の組合長・浦田和夫組合長が危ない暴走!

壱岐東部漁協の組合長・浦田和夫組合長の常軌を逸した組合運営や使途不明金問題はいずれ背任事件、横領事件へと発展し、東部漁協の存続さえ危ぶまれるような状況にある。

0615a.jpg

毎年、毎年、有明商事(富士工業・中村猛博)、サンド工業(久留米市)から1億円以上の海砂の迷惑料の収入があるにも関らず、平成23年6月、浦田和男氏が組合長に就任して以来、7年連続で壱岐東部組合は赤字に転落、内部保留金は消え失せ、5000万円の定期預金まで無くなっていることが判明している。

それに不信を抱いた組合員が帳簿の閲覧と、定期預金の通帳の水協法に則って提出を求めたところ、浦田和夫組合長は、全ての閲覧、提出を拒否、水協法を盾に閲覧を要求する組合員に対して浦田和男組合長は何をトチ食らったのか「帳簿の閲覧も通帳の提出もできない、俺が水協法だ‼」とのたまった、というから驚きである。

浦田和男組合長といえば、親族や近しい組合員の証言によれば10数年位前には6000万円以上の借金を抱えて関西方面に遁走していた前歴をお持ちの札付きの御仁でもある。

その6000万円の借金が7年間できれいに清算されているというのも普通に漁業を営む組合員には異常に思える。

まして浦田和男組合長は月の半分以上は博多方面に出張し、福岡競艇に出没したり、有明商事(富士工業・中村猛博)とゴルフ三昧で汗をかくと、中洲に繰り出し、泡風呂で泡に塗れて石鹸譲と石鹸遊びと放蕩を繰り返しているのも目撃されている。

このよな東部漁協の異常な組合運営に危機感を持った組合員が新漁協組合創立に立上あがった。のが今回の新漁協設立の動機となっている。

7年間もの長期間にわたって、赤字を繰り返す壱岐東部漁協に対して、長崎県は何らの指導もしないばかりか、浦田和男組合長を庇うような不思議な動きもみられることから、新漁協設立メンバーは長崎県壱岐振興局に対しても不信感は増幅している。

0626_04.jpg
芦辺町に新漁協設立の動き!(壱岐新報)

長崎県漁連会長選挙の毒饅頭(500万円)事件!(番外編)

昨日(6月19日)、午後1時頃、ケイタイに一報が入った。

『長崎市五島町付近を大型の白い車が何やら叫んで走ってますが、何事だろうか?』

佐世保ゴロツキ漁協組合長(片岡一雄氏)稲田朋美防衛大臣に謝罪要求!
http://n-seikei.jp/2017/02/post-42426.html

知らない、と応えるしかありません。知らないんだから。

多分、6月14日に行われた長崎県漁連会長選挙の毒饅頭(500万円)事件!の余波か継続だろうとは推測される、としか答えようがない。

そういえば、先日、このようなメールが届いていた。

『毒饅頭派の高平真二氏が1票差の5-4で勝ったそうだけど、負けたのはどこの組合長?』

返信:『野母崎三和の浅川 勝 組合長』

更にメールは続き、『ありがとう。これって公選挙法の買収にはならんと?』

返信:『公選挙法に準ずる選挙だから、公選挙法違反に抵触すると思う』

更にメールは続き、『片岡ば告発すればよかとに、県警は動かんと』

返信:『ほんとね!』

以上のようなメールのやり取りだったが、反毒饅頭派の上五島の理事が告訴でもすれば今回の会長選挙は無効になる可能性はある。

ま、誰でもいいから片岡一雄組合長を告発すれば、毒饅頭派は勿論、今後は少しは佐世保も静かにはなるだろう。

さあ~誰が片岡一雄組合長を告発するか楽しみになってきた。

佐世保漁協・片岡理事長:1億円受領を正当化!(上)
http://seikei-kyusyu.com/17-0117-f1.htm

佐世保漁協・片岡理事長:1億円受領を正当化!(中)
http://n-seikei.jp/2017/03/post-42899.html

佐世保漁協・片岡理事長:1億円受領を正当化!(下)
http://kyoto-seikei.com/hp/2017/01/19/3266/

【街宣特報】佐世保市のドン!漁業協同組合長・片岡一雄
http://k-10.jugem.jp/?eid=2494

佐世保市漁業協同組合長片岡一雄の横暴を許すな
http://keiten.net/paper/2811/223-2.html

国防は二の次?佐世保漁協組合長片岡一雄に平伏す九州防衛局の闇
http://keiten.net/paper/2904/227-2.html

佐世保市漁協組合長・片岡一雄にたじろぐ防衛省
http://n-seikei.jp/2016/12/post-41401.html

佐世保ゴロツキ漁協組合長(片岡一雄氏)稲田朋美防衛大臣に謝罪要求!
http://n-seikei.jp/2017/02/post-42426.html

長崎県議会議員・山田ひろし・県議会一般質問傍聴のご案内

6月21日(木) 午後2時40分から山田博司議員が県議会で一般質問をするそうです。

0620a_01.jpg

昨日、山田ひろし事務所(担当:吉原)から長崎県議会議員・山田ひろし県議会一般質問傍聴のご案内が届いていました。

0620a_02.jpg

0620a_03.jpg

0620a_04.jpg

山田ひろし議員が一般質問するのは勝手ですが、このようにして企業に圧力をかけるようにして動員するのは如何なもんでしょうか。

はっきり言って山田ひろし議員の県議会での一般質問はインターネットの動画で何回も見ているので、わざわざ県議会に行ってまで見たくはありません。

しかも、一般質問の最初の質問が「国境離島新法のあり方について」だそうです。(笑)

たしか、山田ひろし議員の本妻(山田直美)が監査役を務める五福商事(株)(五島市・代表取締役・福永節也、監査役・山田直美)は、五島市の男性から五島署に国境離島新法詐欺罪で刑事告発されています。

長崎県議会議員・山田博司の本妻が監査役を務める五福商事(五島市・代表取締役・福永節也、監査役・山田直美)(株) 五島署に刑事告発される
http://n-seikei.jp/2018/04/post-51010.html

6月21日の一般質問ではその釈明でもするんでしょうか、それとも国境離島新法詐欺の失敗しない方法でも県職員にお尋ねするんでしょうか。

はっきり言って、今回の山田ひろし議員の「国境離島新法のあり方について」という質問は県職員ばかりか、県民をも愚弄する甚だ許し難い質問です。

断言しときます、山田ひろし議員に「国境離島新法のあり方について」というような質問をする資格はありません。

傍聴に行って『舐めるなよ山田!』と大声で怒鳴ってやりたいと心の底から唸っています。

山田ひろし議員に献金している企業の顔ぶれを見れば分かりますが、だいたい脛に傷を持っているヤマシイ企業がほとんです。

山田ひろし議員の一般質問を傍聴に来るヤマシイ企業の皆さま、傍聴席でお会いするのを楽しみにしております。(日刊セイケイ編集長・中山洋次)

長崎県議会議員・山田博司は「恐喝罪」で長崎地方検察庁に告発状を提出される
https://www.youtube.com/watch?v=Tyh6OBq9TGk

僕、次の衆議院選挙に出馬します。

僕、次の衆議院選挙に出馬します。

長崎県議会議員の『ゲスの極み山田博司』

最近、信じられないような情報が寄せられている。あのハレンチ県議の山田博司が次の衆議院選挙に出馬するというのだ。

しかも山田博司本人がチラシまで作って、秘かに配っているというから笑いごとでは済まされない。

たしかに、現職の自民党・谷川弥一氏は高齢でもあるし、次の選挙に出馬するか、しないか、しない確率が高いとの噂はあるが、般若心経を信仰する谷川氏の後継に、いくらなんでも般若面のような顔した山田博司を後継者には指名しないだろう。

しかも、山田博司県議といえば、同僚の県議に不名誉な名誉棄損で長崎署に刑事告訴され、既に告訴は受理されて捜査機関によって捜査されてる当該人物である。

既に山田博司県議本人も長崎署に参考人として数回事情聴取されてる御身分でもある。

更に山田博司県議は別の詐欺容疑でも五島市民5人から長崎地方検察庁に告発されている極めてグレーな身の上の県議でもある。

最近、長崎県議会は県議の旅費や宿泊費不正請求が相次いで報道されているが、本丸は山田博司県議だとの専らの噂である。

疑われてもしかたない状況にあるんです。

そんな山田博司が次の衆議院選挙に出馬するっていうから、司直も有権者も舐められたもんである。

ま、これは近いうちに、司直か有権者の審判が下りますから、乞うご期待というとこにしときましょう。