ホーム » 五島 » 本日あいにくの雨模様の中、10時から臨時理事会が農協本店で開かれる。

本日あいにくの雨模様の中、10時から臨時理事会が農協本店で開かれる。

本日あいにくの雨模様の中、10時から臨時理事会が農協本店で開かれ。

挑戦者 丸田たかあき
http://maruta.sankei-mrt.co.jp/

これだから脳狂なんだよ(JAごとう関連)
http://maruta.sankei-mrt.co.jp/?p=13439

何かしらの変化が!(JAごとう関連)
http://maruta.sankei-mrt.co.jp/?p=13500

0306_04.jpg

今日の大事な議案は、理事会の決議事項であった麦裁判への控訴取下げを理事者に報告確認の連絡を行わずし、勝手に決議事項を覆す法令規則を破った顧問弁護士への尋問が行われる模様だ。梶村弁護士がいくら農協の顧問だろうが肛門だろうがやっていいことと、やっていけないことがある。理事会での決定はそんなに軽いのか、ごとう農協全体を冒頭した梶村弁護士の解任決議が求められるだろう。

理事会で控訴取下げと決議されたものを顧問弁護士が理事会にも諮らずに独断で控訴を決定するなど前代未聞、あってはならないことである。

理事会軽視、何のための理事者、何のための理事会なのか、今の橋詰農協長をはじめとする「JAごとう」の独裁性の本性が露呈した証として象徴的な今回の梶村弁護士の暴走だともいえる。

しかも、「JAごとう」は(旧山口長義牛舎)の処分について概算で解体費用を1500万円として理事会に上程しているが、土地の地権者の同意は取ったんだろうか。
土地の地権者は他人の土地への立ち入りは(特に農協関係者)厳禁として土地の周りにロープ張り、24時間ネットで監視している。

もし、農協が立ち入り禁止と看板が掛かった他人の土地に無断で入るようなことがあれば、司直の手に委ねられることになる。

また、補助金返還額: 9,000千円として計上しているが、誰が決めたのか、国も県もまだ決定していない。

どうしようもない脳狂だね。

雨の中の街宣活動、御苦労さまです。



 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください