ホーム » 五島 » 色々と悪いことばかり思いつくもんだ!その7(山田博司と五福商事)

色々と悪いことばかり思いつくもんだ!その7(山田博司と五福商事)

宝石から畜産まで

平成23年6月29日、宝石商の福永節也氏が再生エネルギー商の多摩川ホールディングスの社外取締役に就任してから多摩川ホールディングスの社長に就任するまで僅か7ヶ月である。

そして平成25年6月27日には多摩川ホールディングスの代表取締役会長に就任している。

社長就任から1年4ヶ月という神がかった栄進である。

0903_01.jpg

それから1年後の平成26年6月26日には多摩川ホールディングスの会長職を任期満了前の異例の解任劇であるから驚きである。

福永節也氏の多摩川ホールディングスでの経歴を分かりやすく時系列に追ってみる。

平成23年6月29日、多摩川ホールディングスの社外取締役に就任

平成24年2月1日、多摩川ホールディングス代表取締役社長就任

平成24年4月23日、株式会社多摩川九州設立、代表取締役社長就任

平成24年11月27日、五島市浜町506外にメガソーラー用地確保する。

平成25年5月19日、五島市黒蔵地区に35キロワット(パネル145枚)の発電所を開設する。

平成25年6月5日、五島市浜町506外の太陽光用地の土地賃借権を藤島興産に譲渡する。

平成25年6月27日、多摩川ホールディングス代表取締役会長に就任する。

平成25年8月29日、株式会社SKYメンテナンス設立代表取締役社長就任する。

平成26年2月6日、五島市児童健全育成基金へ100万円寄付する。

平成26年6月26日、多摩川ホールディングス代表取締役会長を解任する。

平成29年1月27日、五福商事株式会社設立 代表取締役社長就任する。

平成29年1月27日、五福商事株式会社設立と同時に長崎県議会議員・山田博司議員の妻山田直美氏が五福商事の監査役に就任する。

平成29年6月14日、五福商事株式会社 国境離島新法『地域社会維持推進交付金事業申請書』を五島市に提出、5分間の事業説明で事業採択される。

平成29年9月2日、五福商事株式会社 国境離島新法『地域社会維持推進交付金事業申請書』事業採択、採択から2ヶ月半後には辞退書を五島市に提出する。

ざっとみてこのような福永節也氏の経歴だが、平成23年6月29日、多摩川ホールディングスの社外取締役に就任してから約7ヶ月後の、平成24年2月1日に代表取締役社長に就任したことも驚きだが、その2ヶ月後の平成24年23日には、多摩川ホールディングスの系列会社と勘違いしてしまいそうな社名の株式会社多摩川九州設立という会社を立ち上げている。どちらも福永節也氏が代表取締役社長で、業種も同じ再生エネルギーである。

0903_01.jpg

その年の平成24年11月27日、多摩川ホールディングス(福永節也社長)は五島市浜町507外にメガソーラー用地確保しているが、約半年後の平成25年6月5日、多摩川ホールディングス(福永節也社長)は、何故か五島市浜町507外の太陽光事業用地の賃借権を旧知の関係にある藤島興産へ譲渡している。

今、他人の土地を無断で使用しているとして、不動産侵奪罪の疑いが浮上している件の五島市浜町のサンシティー五島太陽光発電所(五島市浜町)である。・・・その8につづく

0903_01.jpg



 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください