ホーム » 長崎県議会議員 山田博司研究会 » 正副県会議長のお祝いに一匹のドラ猫が…

正副県会議長のお祝いに一匹のドラ猫が…

投稿者=山田博司研究会・会員NO7

正副県会議長のお祝いに一匹のドラ猫が…

11月27日(月)長崎県議会(12月定例)が開催され、中法道知事は来年2月に執行されます知事選挙に出馬することを表明されました。

出馬表明を待ち望んでいた県民にとりましては、大変喜ばしいことで感激すべき日であります。

このような爽やかな雰囲気を持って、午後6時30分からホテルニュー長崎におきまして、長崎県議会議長八江利春氏と副議長徳永達也氏の就任祝賀会が、長崎県下十八団体の発起人を代表して、中村法道長崎県知事の挨拶に始まり盛大に開催されました。

おめでとう御座います。

正副議長ともに議会構成員の主流をなす自由民主党の所属議員であります。

お目出度い同僚議員のお祝いの集いに参加するに値しない、民進党で一人ぼっち会派の県会議員が一名いました。

その名は五島市選出で【国境離島新法による助成金】の申請を巡り、本人の妻【山田直美】が監査役を務める五福商事(代表取締役福永節也)と結託し、必要文書を偽って作成し、【助成金】を不正に受給しようとした不倫県議の山田博司氏です。

私的には年末年始の四泊五日の温泉不倫旅行が明らかになった、あの山田博司氏です。

ヒロシです。ヒロシです。山田ヒロシです。第3弾

https://www.youtube.com/watch?v=mgn1Z0QU77s

恫喝や我田引水あるいは非常識な行動については改めるように、頻繁に指摘されていたようですが、全く反省する姿勢はありません。

正副県会議長のお祝いの席に招かれ、呼ばれることが相応しいか否かは別にして、主役は正副議長であることは分かりきったことです。

にもかかわらず分別なく自分の席のように、挨拶して回るのは控えるのが常識となっています。

しかし、厚顔無恥な山田氏は自分が主役のように振る舞って回っていました。

失礼先晩です。【人の褌で相撲を取る。】の表現が分かりやすいでしょう。

観察力の卓越した人が弁舌爽やかに【猫ヒロシ】はまだ【盗っ人猫】みたいなことをしている。

1130_01.jpg

変なドラ猫が迷い混んできたようですが、何はともあれ、正副議長さん御就任心からお祝い申し上げます。