ホーム » 2019 » 5月 » 20

日別アーカイブ: 2019-05-20

県連に倫理委申し入れ!(県民・島民の会=山田博司議員)

5月17日(金)午前11時、県庁記者クラブで国民民主党県五島支部一人会派(県民・島民の会)の山田博司議員が5月13日の改革21の議長選対応に対して「他政党を利する行為」だとして県連に倫理委申し入れをすると、記者会見を開き、改革21の愚行を激しく糾弾した。

0520_04.jpg
山田博司議員にしては珍しい正論だった。

山田博司議員は県議会の正副議長選で国民民主・立憲民主・社民でつくる第3会派「改革21」に所属する国民民主の議員6人が、自民党の議員に投票したのは党倫理規則に反するとして、国民民主党県五島支部は17日、同党県連に倫理委員会開催の申し入れ書を提出した。

山田

13日の正副議長選は分裂している自民系2会派の争いとなり、谷川弥一、金子原二郎の二人の国会議員が陰謀する長崎県私物化を阻止する自民・県民会議(17人)と、谷川弥一・金子原二郎の私党「自分党」の瀬川光之議員の争いとなり、自分党の若手とマージャン賭博仲間の深堀浩、4年後の佐世保市長の椅子の空手形を谷川・金子に切ってもらった宮島大典、それに県の監査役20万の毒饅頭を食らわされた山田朋子議員等の協力を得て、正副議長を独占した。

金子谷川

0509_05.jpg

ただ、過去にも改革21は自民党の候補に投票した例がある。今回、瀬川議員は改革21の9票を得て、24票の便所紙以下の議長になったが、過去には瀬川議員と親しく今回、惜しまれながら引退した三好徳明氏(西彼杵選挙区)は45票を得ての議長だった。

山田博司議員は今回は前の議長選挙と違って8月の参議院選挙を前にしている状況を強調、「まさか自民党の県議に入れるとは思わなかった」と正論を述べていた。

が、金子原二郎氏の古賀友一郎参議員嫌いは有名なことから、何でもありの自分党は夏の参議院選挙では自民党議員(古賀友一郎)の選挙をサボタージュし、国民民主党新人の白川鮎美氏を裏で応援するとでも密約してると、情報通は語っている。

0513_02.jpg

2年前の衆議院選挙でさえ、瀬川光之議員は自民党の北村誠吾氏の選挙をサボタージュ、宮島大典の支援を裏でしていたと西海市の選挙に精通してる事情通は証言している。

0508_02.jpg

瀬川議員は4月の県議選でも国民民主の候補者(饗庭敦子・楠大典氏)を応援するために時津町・長与町・島原市に行ったことも明らかになっている。

6月、正式に北村誠吾県連会長が発足したら、瀬川光之議員を同党県連に倫理委員会開催を申し入れしたい。

佐世保市立学校空調設備整備の事業者が選定され、結果が公表されました。

投稿者=佐世保市政・地獄耳

令和元年5月10日

佐世保市立学校空調設備整備の事業者が選定され、結果が公表されました。
https://www.city.sasebo.lg.jp/kyouiku/kyouik/kyuutyoudb1.html

平成31年3月20日付けで再公募を行った「佐世保市立学校空調設備整備事業」について、
1グループから提案書類の提出があり、佐世保市立学校空調設備整備事業、事業者選定委員会において提案内容の審査が行われ、最優秀提案者が選定されました。

山田

その選定結果に基づき、優先交渉権を特定いたしましたので、下記のとおり公表します。

1,業務名
 
 佐世保市立学校空調設備整備事業(設計施工一括発注方式)

2,選定結果

 優先交渉権   佐世保管工事協同組合グループ(http://kk-network.ddo.jp/sasebo/

今回、佐世保市教育委員会(教育長・西本眞也)が発注した「佐世保市立学校空調設備整備事業」は市内の市立小中学校すべての教室(903教室)にエアコンを導入するもので、設計施工一括方式(DB方式)で発注、予定価格は約27億円です。

「903教室、これだけの規模になれば、入札参加の要件も厳しくなり、応札者は大手企業に限られてきます。ふつうは数ブロックに分けて発注するものですが、佐世保市教育委員会(教育長・西本眞也)は何故か入札参加要件のハードルを作為的にあげ、地元中小企業を排除しています。

しかも不思議なことに、平成31年(2019)1月23日「佐世保市立学校空調設備整備事業(設計施工一括発注方式)のお知らせ」を一旦は佐世保市のホームページで公告しながら、平成31年3月20日、突然、謎の公募事業の中止をインターネットで公表しています。

公募事業の中止(佐世保市教育委員会(教育長・西本眞也)
https://www.city.sasebo.lg.jp/kyouiku/kyouik/documents/chusi_1.pdf

突然の公募事業中止、平成31年3月20日に何があったのか、佐世保市民として、とても興味津津です。

また、何故か下記の佐世保市のホームページも削除されてます。

佐世保市立学校空調設備整備事業(設計施工一括発注方式)のお知らせ
[ 2019/01/23 | 佐世保市役所 | 長崎県 ]

本リリースの公式ページ
http://www.city.sasebo.lg.jp/kyouiku/kyouik/gakkoukuucyo.html
 
更新日:2019年1月23日
佐世保市立学校空調設備整備事業(設計施工一括発注方式)
1.事業の目的

夏季の猛暑等により教育活動中の児童・生徒が熱中症等の重大な健康被害に陥ることを防止するため、市立小中学校等の普通教室及び図書室に空調設備を整備する事業を実施します。

2.事業の見通しについて
佐世保市立学校空調設備整備事業の見通しについて(PDF:86KB)

3.おしらせ
佐世保市立学校空調設備整備事業の情報について随時更新していきます。

平成31年1月23日
学校別の整備教室の面積及び教室数を公表します。また、既存の空調設備のエネルギー種別も公表します。

「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川弥一議員(長崎3区)が長崎新幹線めぐり暴言!

平成28年(2016)11月30日、「カジノ解禁法案」を審議する衆議院内閣委員会の一般質問で時間が余ったからと「般若心経」を唱えた時も長崎県の恥を全国に晒した自民・谷川弥一議員(長崎3区)が、今度は隣県の佐賀県に対して理不尽な暴言を吐き、佐賀県の協力が必須の新幹線全線フル規格問題を暗礁に乗り上げさせた。

谷川

「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川弥一議員(長崎3区)が長崎新幹線めぐり暴言

議員谷川議員の暴言『動画』
https://video.mainichi.jp/detail/videos/%E6%96%B0%E7%9D%80/video/6038524109001?autoStart=true&inb=ys

自民党の谷川弥一衆院議員(77)=長崎3区=が18日、長崎県諫早市で建設中の九州新幹線長崎ルートを視察した際のあいさつで「難しい問題は佐賀の説得。佐賀の知事には『台湾のような付き合いをしてほしい。韓国か北朝鮮を相手にしているような気分だ』と言った」と発言した。【撮影・浅野翔太郎】2019年5月19日公開

「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言

谷川

5/19(日) 18:45配信 毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00000033-mai-pol

 自民党の谷川弥一衆院議員(77)=長崎3区=が18日、長崎県諫早市で建設中の九州新幹線長崎ルートを視察した際のあいさつで「難しい問題は佐賀の説得。佐賀の知事には『台湾のような付き合いをしてほしい。韓国か北朝鮮を相手にしているような気分だ』と言った」と発言した。谷川氏は「不適切だった」として撤回したが、佐賀県の反発は必至で、新幹線の財源負担をめぐる両県の対立がさらに激化しそうだ。

【動画】谷川議員の発言

 九州新幹線長崎ルートの新鳥栖―武雄温泉の整備方式を検討する与党は、JR九州や長崎県が要望するフル規格を前提に議論しており、2020年度に環境影響評価(アセスメント)に着手し、23年度末ごろの着工を目指している。国の試算では、フル規格の建設費は約6200億円で、佐賀県の実質負担は約660億円と見込まれている。

 これに対し、佐賀県の山口祥義知事は4月26日の与党検討委員会で「新幹線整備を求めていない」と述べ、建設に反対する意向を示した。同席していた谷川氏は「これから財源論に入ろうというときに、取り付く島がないようでは困る」として、考え直すよう山口知事を説得し、あいさつで紹介した発言をしたという。谷川氏は19日、毎日新聞の取材に「知事には韓国と言ったが、北朝鮮とは言っていない。18日のあいさつで北朝鮮と言ったのは言葉が走ってしまった」と述べた。【大場伸也、浅野翔太郎】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00050112-yom-pol