ホーム » 2019 » 4月

月別アーカイブ: 4月 2019

「特別な前科者」発言は重大な人権侵害発言、名誉毀損事件に発展か?

会合では重大な人権侵害発言も飛び出し、自民の再統合はならず。

4月25日、分裂している自民・県民会議(会派長、田中愛国)と自民・会派(会派長、瀬川光之)の再統合を話し合うため、長崎県選出の6名の国会議員(北村誠吾・谷川弥一・金子原二郎・富岡勉・古賀友一郎・加藤寛治)が話し合いの場を持ったが、出席した国会議員の一人から自民・県民会議の一人の県議に対し、人権侵害のあってはならない「特別な前科者」という問題発言があり、人権侵害発言が今後、名誉毀損事件にまで発展すれば、再チャレンジ可能な社会の形成を政策の目玉にしている安倍政権にとって「親の心、子知らずという」恥ずかしい人権侵害発言ということになる。

0427_01.jpg

名誉毀損事件にまで発展すれば夏の衆参ダブル選挙後に行われる伊達参議院議長引退による次期参議院議長選にも影響が出ることになる。

0427_02.jpg

4月26日(金)長崎県議会会派の届け出が済まされた。

最大会派は「自民・県民会議(会派長、田中愛国氏)」で14人+3人で17人となった。

改選前、自民・県民会議は22人だったが、高比良元氏が4月の長崎市長選挙に出馬し離脱、当選12回の超ベテラン宮内雪夫氏(85歳)が落選、同じく当選6回の野本三雄氏(82歳)も落選している。

一番大きかったのは当選7回を誇った三好徳明氏(79歳)が引退したことだろう。

そして当選回数こそ4回と少ないが党県の政調副会長や党県総務会長を歴任した西川克己(71歳)が離脱している。

その次に多い会派が自民・会派(会派長、瀬川光之)の14人である。

会派長の瀬川光之氏は党県連幹事長も努めるなど県議として着実に実績も積み重ね、順当ならすんなりと議長だったが、二人の実力国会議員による県政への異常な介入が裏目となり、議長の椅子を八江利春氏、溝口芙美雄氏に一年交代で取られている。

4月26日、会派届が済めば、次は正副の議長選挙が5月13日(月)行われる。

分裂している自民・県民会議(会派長、田中愛国)と自民・会派(会派長、瀬川光之)は最後まで再統合に向けて話し合いを重ねてきたが、2年前から自民(田中愛国派)と統一会派を構成している県民会議(中山功・大久保潔重・小林克敏)の処遇をめぐり話し合いは決裂している。

今度こそ、会派長の瀬川氏をなんとかして議長に据えると意気込む自民・会派(会派長、瀬川光之)は水面下で「改革21」(9人)との連立を模索するなど、やや暴走気味だが、この夏には参議院選挙、もしかしたら衆参のダブル選挙の可能性まで囁かれている中で、地方議会とはいえ正規の自民党県議会が、長崎市議会ではあるまいに、まさかの国民民主や立憲との連立では有権者の理解は得られない。

それこそ政党政治の否定であり、理念も政策も度外視した大義なき野合である。

例えば衆参ダブル選挙となった場合、長崎3区では谷川弥一衆議院と立憲民主の山田勝彦氏の激突が予想される。

改革21には長崎市選挙区でトップ当選した赤木幸仁氏もいるし、当然、国民民主の県議も立憲民主の公認候補・山田勝彦氏の支援に駆けつけることになる。

0427_04.jpg

いくらなんでも県議会は県議会、国政選挙は別ね、となれば有権者も戸惑うし、あまりにも節操がなさすぎである。

県議会に元々節操などないわな、と言われればそれまでだが、政治家としての矜持とまでは言わないが最低の節操くらいは持って頂きたい。

ただ、谷川弥一氏・金子原二郎氏に擦り寄って来ている佐世保市選出の宮島大典氏だけは、4年後の佐世保市長選を睨み、裏で谷川弥一氏を支援することも考えられる。

0427_05.jpg

山田博司だけは相変わらず県議会の蚊帳の外である。

長崎県議会にニューヒーロー登場か!(深堀浩・九電電力労組)

長崎県民無関心の長崎県議会選挙、長崎市民無関心の長崎市議、市長選が終われば、長崎県民が全く無関心の長崎県議会会派の届け出が4月26日済まされる。

長崎県議会選挙の投票率が44%ってんだから、長崎県議会の会派の届け出など、多くの長崎県民にとって関心外、議長が誰だろが、副議長が誰だろうが無関心、そこに投票率低下の最大の要因がある。

それは民主主義制度の危機であり、制度疲労というよりも、政治家の自覚することであり、有権者一人一人の責任でもある。

長崎県議会の会派には「自民・県民会議(会派長、田中愛国氏)」14人、と同じ自民党系の「自民・清風会(会派長、瀬川光之氏)」14人が最大会派で、拮抗している。

「自民・県民会議(会派長、田中愛国氏)」は自民だけでなく、小林克敏、中山功、大久保潔重氏らの無所属3氏も所属しており、実数は17人となり、議長、副議長を選出している。

対する「自民・清風会(会派長、瀬川光之氏)」も14人だが、無投票当選ながら選挙戦真最中に「自民・県民会議」を離脱した西川克己氏(平戸市区)が合流するとみられることから実数は15人となるが、議長、副議長は勿論、自民党県連の3役(幹事長・総務会長・政調会長)まで「自民・県民会議(会派長、田中愛国氏)」に独占されていた、が、ここにきて西川克己氏の華麗な脱走劇で一矢報いた格好になっている。

3番目に多いのは5人が当選した国民民主らでつくる会派「改革21」だ。

長崎市選挙区で見事トップ当選を果たした立憲民主党の赤木幸仁氏らの新人と無所属元職、社民も加わり9人となる。

0423_01.jpg

他に公明党3名(川崎祥司・麻生 隆・宮本法広)、共産党1名(堀江ひとみ)、自由民権会議長崎1名(山田博司)がある。

今後の県議会の最大の焦点は「県議会議長・副議長」の椅子をめぐる攻防戦である。

自民党県民会議は議長に自民党県連幹事長の中島廣義氏(東彼杵地区)、副議長に有明商事の中村和弥氏を推薦し、自民・清風会は議長に元長崎県連幹事長の瀬川光之氏を、副議長は橋村松太郎氏を推していたが、橋村氏が落選したこともありここにきて「改革21」から山田朋子氏のサプライズ副議長の可能性も出てきた。

0423_03.jpg

共産党の堀江ひとみ氏は議長選は「堀江ひとみ」に清き一票を投じるが、公明党と改革21がどこの会派と組むかで議長選は決する。

そこでキャスティングボートを握るのが「改革21」である。

特に改革21の中でも深堀浩氏(九電電力総連)の活発な動向が注目されている。

0423_04.jpg

自民・清風会所属の県議等とのマージャン賭博から飲み屋での武勇伝・デンデンなど自民党県議も顔負けの活躍はさながら組合貴族そのものであり、労働者のお手本といわれる所以である。

今後大いにJCーネットファンや長崎県民を楽しませてくれ、それで県民の政治に対する関心が高まるなら、大いに結構、もっともっと派手に活躍してほしいもんである。

また、山田博司に続いて長崎県議会に新しいヒーローが誕生しそうである。(笑)

長崎県議会議員版の『ゲスの極み山田博司』

一人蚊帳の外なのが五島市選出の自由民権会議長崎というへんてこな会派を名乗る山田博司である。

0423_05.jpg

令和元年・長崎を変える「橋本つよし総決起大会」1500人が集まる。

4月12日(火)午後7時~8時、長崎市民文化ホールで行われた「橋本つよし総決起大会」は、1500人の参加者が集まり、長崎を変える一色に染まった。

12年前(平成19年)4月17日、前長崎市長の伊藤一長氏が暗殺されて誕生した田上富久長崎市長による長崎市政12年は、伊藤一長市長が前に前に推し進めようとしていた長崎市政を、後ろに後ろに後退させた12年だった。

お人好し過ぎる長崎市民の怒りが頂点に達した瞬間の今日の「橋本つよし総決起大会」だった。
それは、橋本つよし(49歳)に長崎市民が長崎市を変えてくれと、訴えた瞬間でもあった。

平成22年8月、田上市政が誕生して3年目、長崎市民病院建設工事では14億円も高い企業体が巧妙な仕掛けで落札するなど、田上市政の不条理はここらへんから既に始まっていた。

また、107年間、長崎市の立山に在った長崎県立図書館を大村市に移転させた田上富久氏の罪は万死に値するくらい大きいものだった。

それに、5回もの住民投票請求を「反対」の意見書を市議会に提出して「市民力」を破壊した田上富久氏に対する市民の怒りは頂点に達している。

会場で紹介された長崎県・中村法道知事からの心のこもったメッセージは勿論、公明党の参議院議員・秋野公造氏からのテレメッセージにも橋本つよし氏の幅広い人脈の一端が垣間見られたのと同時に、橋本氏に対する期待が感じ取られた。

令和元年・長崎を変える。

4月14日(日曜日)、いよいよ、12年前の伊藤一長前長崎市長の本当の意味での弔い合戦と、長崎を取り戻す戦いの火ぶたが切って落とされる

4月12日(金)19時~20時「橋本つよし総決起集会」長崎市民文化ホール

4月12日(金)19時~20時「橋本つよし総決起集会」長崎市民文化ホールで行われます。

令和元年、『長崎を変える』
かえる

みなさん、お誘い合わせて参加してください。

当たって勝とれ!橋本つよし

「結婚式の非常識」江口満(書き散らし)

江口満さんのエッセイ『書き散らし』の1997年11月に書き散らした項の「結婚式の非常識」は、平成18年(2006)の長崎県のビッグニュースをドンピシャリと予言している。

1997年は平成9年であり、高田県政最後の年である。

平成9年は消費税が5%に上がった年であり、県内では壱岐「原の辻遺跡」が国遺跡に指定され、県営野球場(ビッグNスタジアム)完成した年である。

江口満(書き散らし)

江口

「結婚式の非常識」

結婚式のシーズン。この秋は四組から案内状を頂いた。

親類、友人、同僚、知人のそれぞれ係わりが違うので、何かと比較文化論を楽しみたい。

しかし、薄給の身にはお祝い金が悩ましい。

十年前は一万円が相場だったのに、いつの間にか二倍から三倍に上がった。

そのアップ率や消費税の比ではないのに、誰も文句を言わない。

その分、新婚家庭の足しになるならまだしも、結局はブライダル産業が潤うだけというのが

悔しい。

料理は今の半分でいい。どうせ食べきれない。引き出物はいらない。

いつもタオルかシーツ、時には鍋を貰うが、使い道に困ってガレージセールに出すのが関の山。

気が済まないというなら、記念のテレホンカードで十分である。

誰も食べられないウエディングケーキは滑稽。

使い古しのプラスチックのケーキより、みんなが飲める樽酒の方が人間的である。

宴会が始まったら、二人は各テーブルを回るべし。

せっかくの余興も新婚不在ではおもしろくない。

それにしても、お色直しの時間はどうして長いのか。

演出しすぎのキャンドルサービスもいらない。

0411_02.jpg

不思議なのは会場案内が例えば『谷川家金子家御披露宴会場』と、家単位になっていること。

戦前の家本位主義がここではまだ生きている。

さらにおかしいのは、結婚式を貫く男性中心主義。

仲人あいさつはもちろん、来賓、親族代表、新郎新婦あいさつに至るまで、新婦の友人代表を除けば、

スピーチはすべて男ばかり。

男女雇用機会均等法はどこにいったのか。

イギリスの諺に曰く。「結婚は悲しみを半分にし、喜びを倍にし、生活を四倍にしてくれる」。

結婚の時から無駄な金は使う必要はない。

おかしな習慣も直すべし。「結婚指輪は給料の三ヶ月分が常識です」というCMに頷いている若いあな

た、そんな常識はまず疑ってかかることです。

(1997年11月)

「不思議なのは会場案内が例えば『谷川家金子家御披露宴会場』と、家単位になっていること」。

ドンピシャっと予言している。

谷川弥一衆議員の長男・谷川喜一氏と、金子原二郎参議員(当時は長崎県知事)の長女・金子富貴さんが

結婚するのは、このエッセイ「結婚式の非常識」が書かれてから約10年後のことである。

江口満さんにはノストラダムスのような予知能力があるようだ。

ただ、結婚の予知能力はあっても、離婚の予知能力まではなかったようだ。

「長崎浪人・中山洋次」

おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし(長崎市長選挙)

平成最後の市長選挙が4月14日(日曜日)告示され、4月21日(日曜日)投開票が行われる。

昭和22年(1947)4月5日、終戦後初の公選初代市長に当選した大橋 博氏は1期だけ市長を務めたが、2期目(昭和26年4月)に日本社会党の推薦を受けて立候補したが、保守系新人の田川務氏(弁護士)にダブルスコアーの大差で敗れている。

田川務氏は昭和26年(1951/04/23 )から昭和42年(1967/04/28 )まで4期16年の長きにわたり長崎市長を務め、敗戦と被曝の中で荒廃した長崎市の復興に尽力している。

昭和42年(1967)田川市長は4期目の任期切れに伴う市長選に出馬せず政界引退。

昭和42年(1967)4月の市長選挙には保守系の諸谷義武氏が、同じ保守系の鈴田正武氏を破り初当選、その後、3期12年、長崎市長を務めたが、4期目を目指した昭和54年(1979)4月の市長選挙で、同じ保守系新人で長崎県議会議員を4期20年務めた本島等氏に大差で敗れている。

下記はその時の選挙結果である。

当  得票数         候補者名      

○ 107103 —  本島 等(新人)(保守系無所属)
     49069 —  諸谷 義武(3期) (保守系無所属)
     10978 —  深町 孝郎 (新人) (日本共産党)

諸谷市長の4選を阻止した本島氏は、その後4期16年、長崎市長を務め、平成7年(1995)4月、前人未到の5期目を目指したが、同じく県議会議員だった伊藤一長氏に大敗している。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとく敗れ去っている。

下記がその時の選挙結果である。

平成7年(1995)4月
当  得票数      候補者名      
○  105670 —  伊藤 一長 (保守系新人)
     60897 —  本島 等   現 (4) 無所属  
     33867 —  浅田 五郎  (保守系新人)
     19541 —  茅野 丈二   無所属 新人            
        325 —  若島 征四郎   新 —  政治結社正氣塾      

保守分裂と言われた選挙だったが、三つ巴の戦いを制したのは伊藤一長氏だった。

本島等氏、73歳、浅田五郎氏58歳、伊藤一長氏50歳の時である。

0409_01.jpg

その伊藤一長氏が4選確実と言われながら平成19年(2007)4月17日、あの忌まわしい悪夢のような凶弾に倒れてから12年が経過しようとしている。

伊藤一長市長が亡したことを受け、4月19日、長崎市長選挙に補充立候補した伊藤氏の娘婿・横尾誠氏に対して長崎市役所の職員だった田上富久氏が立候補、「市政は、一人のものでもなければ、もちろん、家族(伊藤・横尾両家)のものでもありません。このような形で、新しい市長が決まっていいのだろうかと…」と、市民力を訴えた田上氏が横尾氏を953票差で降して当選している。

田上富久氏、50歳の時である。

0409_01.jpg

世の中も平成から令和、あれから12年、公約だった3期12年が終わろうとしている。

田上富久、62歳、平成の名市長と惜しまれて亡くなられた伊藤一長氏の享年と同じ年齢である。

もうよかろう。

黄色い「長崎を変える」のカエルポスターが『風林火山』の旗のように長崎の街を埋め尽くしている。

かえる

0409_01.jpg

0409_01.jpg

0409_01.jpg

0409_01.jpg

令和元年は平成の謎の迷市長田上富久でも、昭和を思い出させる高比良元さんでもない。

中山洋次、反応良し!

長崎を変えるポスターの貼り替え作業完了! 

0408_04.jpg

0408_05.jpg

0408_06.jpg

0408_07.jpg

0408_08.jpg

山田博司が当選しようが、落選しようが、山田博司との戦いは終わらない。

五島市の県議会選挙の結果には正直なところ残念だった。

『呼ばれんでも来る山田ヒロシ、呼んでも来ない林ムツヒロ』

その差が今回の結果の大きな要因の一つであることには間違いない。

林睦浩さんはまだ若いんだから捲土重来、奮起してもらいたい。

また、五島市の自民市議も公明党の市議も大いに反省して欲しい、できれば皆さん、総辞職してほしいくらいだ。

山田博司が当選しようが、落選しようが、山田博司との戦いは終わらない。

長崎県議会議員版の『ゲスの極み山田博司』

挑戦者:丸田たかあきブログ
http://maruta.sankei-mrt.co.jp/

2019年4月7日執行
有権者数 31,957人(男性14,890 女性17,067)
投票者数 20,925人
投票率 65.49%
当選 山田 ひろし(無所属)10574票
落選 林 むつひろ(自民党公認)10056票
無効投票数 295

当選者 山田ひろしさま、ご当選おめでとうございました。

私のあなたに対しての戦いは終わらなかったということですね。

今まで以上に調査を続けてさせていただきます。
さて、今夏、衆参同時選挙になったら?!
山田ひろし県議、衆院選挙出馬宣言通りに期待致します。
こういう時に使うのです!「男が一回口にした言葉に二言はない」

敵 陣 営 反応良し!(長崎市)

敵 陣 営 反応良し!

最近、長崎市内のあちこちに見られる黄色い「長崎を変える」カエルの看板が長崎市民に反応が良すぎたのか、長崎市選管から橋本つよしを支援する会にイエローカードだ出された。

あの可愛らしい黄色のカエルさんが橋本つよし氏に似てるから公選挙法に引っかかるという言い掛かりをつけてきている。

長崎市選管に垂れ込んだ卑怯な奴が誰かはだいたい推測はつくが、長崎市のカエルは選挙前はうかうか街も歩けんことになった。

0406e.jpg

令和元年、きょうも、憂さ晴らしに江口満さんの「書き散らし」から「江口満 反応良し
」に反応しいる。(中山洋次)

敵 陣 営 反応良し!

否決 田上

0330_01.jpg

江口満 反応良し

選挙前になると、身に覚えのないのに後援会加入の封書が送られてくる。

今回は、三人の候補者から丁寧なお例文をいただいた。

きっと知り合いの誰かが、世間のしがらみで後援会加入のノルマを課せられたに違いないと思って、あま

り気に留めなかった。

ほどなく「このたびは後援会に加入いただきありがとうございます」とお礼の電話。

せっかくなので「頑張ってください」と気持ち良く返事をした。「江口満 反応良し」。

電話の向こうではこう記録したに違いない。

こうして集められた数が荒票となり、実際の票読みの資料として使われる。

後援会員数が増えれば郵便局とNTTも、えびす顔という算法だ。

長崎市議選で、A候補は三万人の後援会名簿を集めた。

ところが実際の得票は三千足らず。歩留まりは清原の打率並みだった。

おかしな、ふしぎな選挙風景がずっと続いている。「部外者立ち入り禁止」と言わんばかりに、窓を

紙でふさぎ、外から中が見えない選挙事務所に張られた「お気軽にお入りください」。

畑や駐車場まで敢然と立つ候補者連絡事務所の看板。

ジャニーズ事務所でもあるまいに、愛や勇気を謳い上げたキャッチフレーズ。

名前だけ連呼の選挙カー。支持者しか集まらない個人演説会。インターネットを笑うかのような選挙事務

所前の大提灯。電話での「お願いコール」は許されて、買収の恐れありと禁止されている戸別訪問。

「十一日には雨が降っても選択日和」とシャレたコピーを流した県選管だが、各候補者の公約が比べられ

る選挙公報は今回もなし。

結局のところ、ごく普通の支持政党なしの有権者は、知友人に頼まれての投票か、アホくさいからやめ

た、という二者選択しかない。

長崎市に限っていえば、今回は県議選も市議選も、各陣営とも票読みが難しかった。

もしそれが、従業員が社長の、妻が夫の言う通りに投票していない結果であるとすれば、長崎の有権者は

自立してきたと言える。

残念だったのは、女性の候補者がなかったこと。

その点では、西彼杵郡に後れを取った。次回はぜひ共倒れを恐れず、女性が乱立して議会と県庁に充満す

る男社会にくさびを打ち込んでほしいものだ。

(1999年5月)

「商工会議所クリーンヒット」

長崎市民の5回もの住民投票請求を冷酷に反対意見を付けて、市議会に否決させ続けた田上富久課長市長が、唐突に県庁跡地に長崎市文化ホール建設といっても、またか、ただの選挙目当てとしか思わない。

また、それに群がる卑しい建設関係者がいるのには怒りを通り越して呆れてしまう。

0401_06.jpg
星野組 谷村隆三

3月15日に行われた田上富久氏の総決起集会が行われたそうだが、8年前、平成23年(2011)に公会堂で行われた総決起集会の2500人の半分にも達しない1000人くらいだったそうだ。

当たって勝とれ!橋本つよし

長崎建設協会、長崎商工会議所、連合の推薦を受けながら、この程度である。

そもそも今の長崎建設協会の谷村会長さまが、動員をいくらかけようが笛吹けど踊らず、長崎建設協会の会長如きになんの力も無い。

まして谷村 隆三(株)星野組、サラリーマン会長にオーナーばかりの協会員が従う筋合いもなければ、人望もない。

0401_07.jpg
建設協会の星野組の谷村隆三

浅田 五郎
https://www.facebook.com/asada.goro

浅田五郎

「商工会議所クリーンヒット」

県庁跡地整備案に「違和感」長崎商工会議所議員総会で宮脇会頭は整備方針案に違和感を多少覚えるとして地域全体が元気になるような整備計画にしてほしいと県に改善を申し入れる意向を示した。

宮脇会頭は、恒常的なにぎわい創出につながるような整備計画が求められていると述べています。

県も県議会も県庁跡地については最終決定はしていません。

問題は、田上市長が市役所跡地に文化ホールと言えば解決するのですが、ホールでは恒常的にぎわいは無理ですから、市長へも同じように申し入れをお願い致します。

このホールが市役所跡地に決まると場外ホームランです。

県・市民の為に経済界のお力をお願いいたします。

土井の首ペーロンチーム坂田君の打ち込み太鼓!