ホーム » 2019 » 3月 » 11

日別アーカイブ: 2019-03-11

田上富久市長は危ない4冠王だった。(利権王・破壊王・消滅王・流出王)

亀屋万年堂のナボナはお菓子のホームラン王だが、長崎市の田上富久課長市長は危ない4冠王だった。(利権王・破壊王・消滅王・流出王)  

0311_01.jpg

帰ってこいよ PART.1

帰ってこいよ PART.2

帰ってこいよ PART.1も中々の評判が良いが、早くも「帰ってこいよ PART.2」が出てきました。

挑戦者・丸田たかあき(間もなく到着「ふるさと五島」)
http://maruta.sankei-mrt.co.jp/?p=13586

田上富久課長(五島市岐宿町出身)が「市民力」とか嘘言って市長に当選して12年が経過した。

田上富久課長は長崎市長に当選するとクルリンパっと手のひらを返して市民力を木端微塵に破壊、破壊王となり、この12年間で田上課長市長は利権王・破壊王・消滅王・流出王と次々と市民力を破壊し、危ない4冠王を達成している。

1、利権王・平成22年8月、市民メディカル病院建設工事入札を14億円も高い企業体に落札させた利権力。

2、破壊王・被爆地・長崎市に世界中の善意(長崎国際文化都市建設法)で建てられた長崎市公会堂を世界の善意も市民(住民投票請求)の想いも否決して壊した破壊力。

0311_02.jpg
昭和31年(1956)9月22日、米国ニュージャー州(15歳少女からの手紙)

3、消滅王・長崎市に107年も存続していた長崎県立図書館を長崎市民の想いを否決して大村市移転させた消滅力。

4、流失王・最後が人口流失日本一にした流失力、これが12年前、田上富久市長が長崎市民に訴えた市民力の正体である。

上記が田上課長市長が達成した利権王・破壊王・消滅王・流出王の危ない4冠王である。

田上

田上課長市長さん、こうして改めて見てみると、とんでもない醜い危ない4冠王のネズミ市長だということが分かる。

官製談合で逮捕(仮称)伊木力浄水場整備事業の入札、そうだ、警察に行こう。第11弾!

投稿者=古賀徹

そうだ、警察に行こう。

0220_04.jpg
1億3500万円も高い協和機電工業グル-プに落札させた宮本明雄市長

FNNPRIME(官製談合で課長逮捕)
https://www.fnn.jp/posts/2019030900000004TNC

【福岡県築上町の公共工事をめぐる入札で、参加業者を絞って特定の業者に便宜を図った疑いで、町の課長の男とA社の社員の男が逮捕されています。

官製談合防止法違反などの疑いで逮捕されたのは、築上町の環境課長・長部仁志容疑者(54)とA社の所長(56)である。

警察によりますと2人は、3年前に築上町で実施された、し尿処理施設の建設をめぐる入札で、A社に便宜を図るため、入札に参加する条件を厳しくした上に、他の入札参加業者の情報を漏らすなどした疑いであります。

し尿処理施設の建設をめぐっては、A社を含む2社が入札しましたが、最終的に九電工が最低制限価格を4千万円ほど上回る、およそ7億9千万円で落札しいます。

今回の事件では、消防の採用試験を巡り、あっせん収賄などの罪で起訴されたあと、今年1月に亡くなった、築上町の元町議が、仲介役をになったとみられています。】

これで官製談合防止法違反である。

だったら億3500万円も高い価格で落札された伊木力浄水場整備事業の入札は更に悪質な官製談合であり、汚水処理場よりも汚れた浄水場になった。

0220_06.jpg
1億3500万円も高い協和機電工業グル-プが落札できるように技術点を恣意的に加点した長崎大学の有識者と名乗る田邊修二

そうだ、号外を出そう。