ホーム » 2018 » 10月 » 04

日別アーカイブ: 2018-10-04

五島産業汽船が自力再建を断念

五島産業汽船が自力再建を断念
10月04日

2日、五島列島と長崎市や佐世保市などを結ぶ旅客船の運航を突然休止した「五島産業汽船」の社長が4日会見を開き、自力での再建を断念してほぼすべての従業員を解雇し、近く破産手続きを始めるための申請を行う考えを示しました。

五島産業汽船の野口順治社長は、4日長崎市で会見を開き、「突然定期航路を運休、廃止したことで、利用者や関係者にご迷惑をお掛けし申し訳ありませんでした」と謝罪しました。

そのうえで運航ができなくなった経緯について、3年前の平成27年に就航した佐世保市と新上五島町を結ぶ航路が毎年赤字となっていたうえ、多額の船の整備費用などで資金繰りが悪化し、資金を確保するために今月1日の午後まで債権者や銀行と話し合いを続けたものの、資金を確保できなかったと述べました。

また、2日までにほとんどの従業員を解雇したことを明らかにし、今後は従業員の失業手当などの手続きを進めるとともに、会社は自力での再建を断念して、近く破産手続きを始めるための申請を行う意向を示しました。

利用者から受け取っている運賃について、他の債権と同じ扱いになるため払い戻しのメドはたっていないとしたうえで、払い戻しの手続きの方法などは今後周知したいとしています。

今後について野口社長は「譲渡先を探すなど新上五島の航路が無くならないよう、できることがあれば最大限の努力したい」と述べましたが、航路再開のメドはたっていません。

五島産業汽船の航路のうち新上五島町の鯛ノ浦港と長崎港を結ぶ航路は、町が2隻の船を会社側に無償で貸して運航が行われてきました。

新上五島町はこの航路の再開に向けて町が新たな会社を設立することや、既存の会社に運航を要請することを検討しているということです。

今後、国や県と協議したうえで早期の再開を目指したいとしています。