ホーム » 2018 » 8月

月別アーカイブ: 8月 2018

色々と悪いことばかり思いつくもんだ!その6(山田博司と五福商事)

挑戦者・丸田敬章
http://maruta.sankei-mrt.co.jp/?p=10460

色々と悪いことばかり思いつくもんだ!その1~5(山田博司と五福商…として報道してきた五島市大浜地区の太陽光発電ビジネス(㈱多摩川九州(サンシティー五島発電所))関連の実態を知れば知るほど、調べれば調べるほど、色々と悪いことばかり思いつくもんだ!と感心する一方、その悪質さと狡猾さには驚きと同時に激しい怒りを覚える。
 

五島市職員措置請求書(住民監査請求書)
http://maruta.sankei-mrt.co.jp/?p=10365&page=2

最近、五島市で長崎県議会議員・山田博司と結託して太陽光発電ビジネスから畜産ビジネスまで、幅広く活躍している(株)多摩川九州の代表取締役社長・福永節也氏は元々は博多の宝石商である。

そこで福永節也氏の五島市での活躍と流れを追ってみる。

福永氏は平成23年6月29日、多摩川ホールディングスの社外取締役に就任している。

宝石商から再生エネルギー商への華麗なる転身である。

ところが驚くことに福永氏は社外取締役に就任すると電光石火の神業で7ヶ月後の平成24年2月1日にはなんと代表取締役社長へと栄進するのである。
http://www.tmex.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/12/20120201-2012press_0201.pdf

更に驚くことに福永氏は多摩川ホールディングスの社長に就任するとこれまた電光石火の早業で株式会社多摩川九州を設立、代表取締役社長(平成24年4月23日)に就任している。
http://www.tmq.jp/company/index.html

多摩川ホールディングスの社長(24年2月1日)に就任してから2ヶ月後には別会社を設立という怪しい動きをしているのである。

多摩川九州
http://www.tmq.jp/company/index.html

福永氏は多摩川ホールディングスの代表取締役社長に就任すると五島市選出でヤリ手婆さんのような山田博司議員の道案内で五島市に上陸し、手始めに五島市黒蔵地区に平成25年5月19日、35キロワット(パネル145枚)の発電所を開設することに成功している。・・・・その6につづく

0831_01.jpg

手前から二人目が山田博司議員、左から二人目が福永節也氏である。

社 名   株式会社ジャパンゴールド
http://www.japangold.co.jp/hp1/gaiyou/gaiyou.htm

多摩川ホールディングス
http://www.tmex.co.jp/

長崎県議会議員版の『ゲスの極み山田博司』
https://www.youtube.com/watch?time_continue=11&v=VWT3sheZMMg

色々と悪いことばかり思いつくもんだ!その5(山田博司と五福商事)

長崎県議会議員・山田博司議員の盟友というかスポンサーの元多摩川HDの代表取締役会長だった福永節也氏とは、そもそも何者なんだろうか、やってることがかなり胡散臭い。

平成26年2月6日に五島市に100万円寄付した時から、今思えば下心バリバリだったようだ。

100万円で五島市の里道を無料で拝借できるんだから、安いもんである。

0827_01.jpg

きょうは、先ずは丸田敬章氏のブログを読んでみてください。

挑戦者・丸田敬章 ブログ
http://maruta.sankei-mrt.co.jp/?p=10406

多摩川HD福永節也の社外取締役就任から、代表取締役会長解職までの流れ。

①多摩川HD 社外取締役就任(H23.6.29)
http://www.tmex.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/12/20110525-2011press_0525-2.pdf

②多摩川HD 代表取締役社長就任(H24.2.1)
・7ヶ月で代表取締役社長ですからね。
http://www.tmex.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/12/20120201-2012press_0201.pdf

③株式会社多摩川九州設立代表取締役社長就任(H24.4.23)
・会社名だけ見れば多摩川HDの子会社だと思いますよね!社長は同一人物ですから。
http://www.tmq.jp/company/index.html

悪事①
賃借による五島市浜町506外メガソーラー用地確保(H24.11.27)
・時間をかけて市有地使用への適切な手続き、個人所有財産の相続者を調査して賃貸借契約を結ぶ事が大事なのではないですか?
http://www.tmex.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/12/20121127-2012press_1127.pdf

悪事②
五島市浜町506外の藤島興産への賃借権譲渡(H25.6.5)
・藤島興産の取締役の好治氏は後に、五福商事(代表取締役社長 福永節也)の取締役就任。
http://www.tmex.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/12/20130605-2013press_0605-1.pdf

④多摩川HD 代表取締役会長就任(H25.6.27)
・社長就任から1年4ヶ月で会長に就任ですからね。
http://www.tmex.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/12/20130531-2013press_0531.pdf

⑤株式会社SKYメンテナンス設立代表取締役社長就任(H25.8.29)
・会長就任した二ヶ月後に、多摩川九州の子会社を設立、もちろん代表取締役 社長は福永節也。
http://sky-m.jp/company

悪事③
五島市児童健全育成基金へ100万円寄付(H26.2.6)

0827_02.jpg

(左から野口市長・山田県議会議員・福永節也社長) 菌(金)一封の寄付を受ける五島市 野口市長

⑥多摩川HD 代表取締役会長解職(26.6.26)
任期満了前の異例の解職
http://www.tmex.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/12/20140626-2014press_0627.pdf

⑦五福商事株式会社設立 代表取締役社長就任(H29.1.27)
藤島興産の藤島好治も同日、五福商事の取締役就任
県議会議員山田博司の妻、直美も同日、五福商事の監査役就任
http://maruta.sankei-mrt.co.jp/wp-content/uploads/2017/08/88a4031a11ebcfe745b21677e2757687.jpg

http://maruta.sankei-mrt.co.jp/wp-content/uploads/2017/08/d9a055367caf9050c862db0e79210e0e.jpg

長崎県議会議員の『ゲスの極み山田博司』
https://www.youtube.com/watch?v=VWT3sheZMMg

色々と悪いことばかり思いつくもんだ!その4(山田博司と五福商事)

長崎県議会議員・山田博司(一人会派)とその仲間達を研究しだして2年半近くが経つが、こんなに研究のネタが豊富な県議は珍しい。

天下の盗賊石川五右衛門の辞世の句にもあるが、浜の真砂は 尽きるとも 世に盗人の 種は尽きまし、とは山田博司議員のために詠んだ句のようである。

太陽光発電ビジネスから、畜産ビジネスまで、まさに山田博司議員の県議ビジネスの
種は尽きることがない。

0824_01.jpg

長崎県議会議員の『ゲスの極み山田博司』

挑戦者・丸田敬章 ブログ
http://maruta.sankei-mrt.co.jp/

不健全育成 より:
2018年8月19日 5:21 PM

 五島市への寄付は、申請業者である「藤島興産」と関係が深い、多摩川ホールディングスの「福永節也元社長」が寄贈したんでしたかね。

だとすれば、このような寄付は「藤島興産」申請に関わる黙認に対するお礼と、やがて福永節也氏自ら事業展開する「五福商事」の補助事業協力のための寄付であったと誤解されかねないものでしたね。

 五島市ちょーは福永節也氏がいう「健全育成」のための寄付を真に受けたのでしょうか、今更であるが、福永節也氏の寄付の意図はどこにあったのでしょうか。

やがて、丸田氏の調査公表後、なぜか、「五福商事」は補助事業を辞退した。

やましいところがなければ、決定していた補助事業を辞退する理由はないはずである。

 もし「藤島興産」の申請において、丸田氏が指摘するような「他人土地」や「里道」を不法占有し、それを隠して虚偽申請したのであれば、「藤島興産」と関係が深い福永節也氏寄付の意味が「健全育成」のためではなく、「不健全育成」ためと言われかねない。

山田ひろし

第6葵丸(葵新建設・出口勇一社長) 沈没事故から昨日で一年が経った!

平成29年8月22日、平戸沖で長崎市の葵新建設(長崎市平野町・出口勇一社長)所属の海砂等を積む「第8あおい丸(1298トン)」と押し船「第6葵丸(98トン)」が沈没してから昨日で一年が経ちました。

0823_01.jpg

未だに「第8あおい丸(1298トン)」と押し船「第6葵丸(98トン)」は平戸沖に沈没したまま放置されている。

葵新建設(長崎市平野町)の出口勇一社長は長崎市内のあちらこちらで、ポケモンゲームに夢中のようだが、そんな暇があったら、亡くなった方の墓参りに行ったり、一日も早く沈んでる船を引き上げることに努力するべきだと思うよ。

ポケモンをやってる場合じゃなかろう、この葵新建設の出口っていう〇〇社長、ほんもののポケモンじゃなかろうか。

0821_07.jpg

色々と悪いことばかり思いつくもんだ!その3(山田博司と五福商事)

悪は必ず滅びる、悪が栄える世の中は間違っている。

きょうは、五島市の丸田敬章氏のブログとコメントを抜粋して紹介します。
長崎県議会議員の山田博司と五福商事の福永節也氏の悪知恵コンビも愈々年貢の納め時がきたようです。

挑戦者・丸田敬章 ブログを紹介します。
http://maruta.sankei-mrt.co.jp/?p=10323

山田

五島市の対応は、まさしく泥棒に追銭なのだ。 より:
2018年8月19日 11:50 AM

 太陽光施設の公図に、里道と土地3筆がないとすれば、他人の土地と知りつつ、太陽光設置を黙認したことになる。

この事情を知りながら申請許可を与えたとなれば市役所も共犯である。

仮に事情を知らなかったとしても公図確認が杜撰だったことになる。

虚偽申請であれば、事業者は公文書偽造になり得るのではないか。

 他人の土地の所有者が相続で複数にわたっていて、所有権の変更や借地権設定が困難であっても勝手に使ってよい訳がない。

どうせ、その土地の所有者たちには、不法占有のことなど分からないだろうから、申請者は他人の土地を時効で取得できると見込んで自分の土地として申請したんだろう。

里道は国の所有だから、払い下げを受けなければ占有できない。

そしてその管理は五島市のはずである。

不法占有に対してどうしてその旨を警告しないのであろうか。

それともいわば土地泥棒を黙認して違法なことに協力しているのであろうか。

 確かに五島市はこの事業者から寄付を受けた事実はあるようであるが、だからといって、違法を黙認することは許されない。

五島市の対応は、まさしく泥棒に追銭なのだ。

牛

明日でちょうど一年、「第6あおい丸」引き揚げを急げ!

きょう、佐世保市の九十九島漁協が裁判所に対して「第6あおい丸」引き揚げの仮処分を申請するとの情報も寄せられている。

平成29年8月22日、長崎県の海砂採取業者・葵新建設(長崎市平野町1番35号・出口勇二)の「第6あおい丸」が平戸沖で転覆してからちょうど一年が経とうとしている。

亡くなった3人の御霊のご冥福をお心から祈りいたします。

0821_07.jpg

転覆して一年が経とうとしてるのに未だに「第6あおい丸」は平戸沖の海底に沈んだままである。

地元自治体は勿論、漁業関係者は一日も早く引き上げ、事故の徹底した原因究明が急務だとしている。

海砂の採取許可をしている長崎県土木部管理課は今後の海砂の安全な採取のためにも引き上げて、事故の原因を究明したいとして、葵新建設の出口勇二社長に引き上げ勧告をしている。

それでも、葵新建設の出口勇二社長は「第6あおい丸」の引き上げを頑なに拒んでいる。
引き上げたら、不都合な真実でもあるとしか思えない頑なさである。

3人の尊い生命が奪われたのである、葵新建設の出口氏は銅座のねえちゃん、ポケモンに夢中になるのもいいが、人の命を軽く考えない方がいいよ。

0821_08.jpg

「日刊セイケイ・長崎浪人・中山洋次」

色々と悪いことばかり思いつくもんだ!その2(山田博司と五福商事)

不正を働くやつに喝を、不正を働いたやつに一石を!

長崎県議会議員・山田博司と五福商事(福永節也)色々と悪知恵だけは働くようだが、如何せん、人望がない、だから悪事も暴露されるのである。

0821_01.jpg

挑戦者・丸田敬章 ブログを紹介します。

http://maruta.sankei-mrt.co.jp/?p=10323

不動産の無断占有は立派な犯罪であります。

何故なら、私は「払下げ」「占用許可」の申請書または、契約書がない事に対しての答えを求めたからである。

0821_02.jpg

不動産侵奪罪
刑法第235条の2

他人の不動産を侵奪した者は、十年以下の懲役に処する。

不動産侵奪罪は「窃盗及び強盗の罪」の中に規定されています。

過去の日本では「不動産を窃盗しても窃盗にならない」状態が続いていました。これは、不動産は移動ができない財産であることから、民事的に解決することで充分対処できると考えられていたためです。

しかし、戦後に不動産価格が高騰し、他人の不動産を奪い取る行為が横行したため、犯罪化して取り締まる必要が出てきました。

このため、不動産侵奪罪が成立することになったのです。

①条文の内容について

条文には「侵奪」という聞きなれない言葉がでてきますが、ここでいう侵奪とは「他人が不動産を占有することを妨害・排除して、事実上自分の占有下に置く行為」を意味します。他人の動産を奪って自分が占有する「窃取」と同じ概念だと考えてください。

例えば他人の土地の上に勝手に建物を作った場合や、他人が所有している空き家に勝手に入りこんでその空き家を占有した場合は、不動産侵奪罪に相当します。

一方、不動産登記を無断で行ったとしても、無断で登記をした人がその不動産を占有していなければ不動産侵奪罪にはあたりません。ただし、この場合は登記名義を勝手に変更したことによって「有印私文書偽造罪」や「公正証書原本等不実記載罪」などの罪に問われる可能性があります。

不動産を侵奪するときに占有者を暴行したり脅迫したりすると強盗罪になり得ます。他人を騙して不動産を侵奪した場合は詐欺罪に該当することもあります。

発電設備の所在地
代表住所:長崎県五島市◯町◯◯◯
代表住所以外の筆数:25筆
発電出力:1,982.5kw

とあるが、しかし公図では29筆である。3筆足りないのである。
3筆と里道については公図を誤魔化している疑惑が考えられるのだ。事業施設地の情報は経済産業省から五島市税務課に通達され、税務課は通知情報を元に現調を行い固定資産評価額の地目変更を行うのである。当然に地権者への納税書面には変更された地目と固定資産税額が記載されている。山林や畑から雑種地又は宅地に変更されているから納税額は増えている。申請が26筆ですから、頭から3筆は地番を誤魔化して事業申請。なので税務課からは固定資産評価額が増額されることないから本人にはバレないで済むということか?

経済産業省の資料によると、

他者所有の土地に施設を建設する場合は、「登記謄本」に加えて、所有者の同意を証明する書類(「賃貸借契約書」や「地上権設定契約書」、「権利者の証明書」※)が必要です。※「権利者の証明書」…固定価格買取制度が適用できたら土地を購入する場合などに使う書類

これらの書類が必要な理由は、誰かがあなたの土地で勝手に申請が出せないようにするための措置です。

<土地について不動産侵奪罪の典型例>
土地の造成・建造物の建築
勝手に造成し建造物を建てる行為
※福岡高裁昭和62年12月8日

コメント欄より

あらよね より:
2018年8月19日8:30 AM

市有財産、つまり市民の財産。無断で造成され建造物を建設。五島市長は市民の財産を守る責任者でもある。即刻、刑事告訴しなければならぬ。野口には出来ないだろうな。弱い市民にだけ強い市政運営だからな。

五島市の対応は、まさしく泥棒に追銭なのだ。 より:
2018年8月19日 11:50 AM

 太陽光施設の公図に、里道と土地3筆がないとすれば、他人の土地と知りつつ、太陽光設置を黙認したことになる。この事情を知りながら申請許可を与えたとなれば市役所も共犯である。仮に事情を知らなかったとしても公図確認が杜撰だったことになる。虚偽申請であれば、事業者は公文書偽造になり得るのではないか。
 他人の土地の所有者が相続で複数にわたっていて、所有権の変更や借地権設定が困難であっても勝手に使ってよい訳がない。どうせ、その土地の所有者たちには、不法占有のことなど分からないだろうから、申請者は他人の土地を時効で取得できると見込んで自分の土地として申請したんだろう。里道は国の所有だから、払い下げを受けなければ占有できない。そしてその管理は五島市のはずである。不法占有に対してどうしてその旨を警告しないのであろうか。それともいわば土地泥棒を黙認して違法なことに協力しているのであろうか。
 確かに五島市はこの事業者から寄付を受けた事実はあるようであるが、だからといって、違法を黙認することは許されない。五島市の対応は、まさしく泥棒に追銭なのだ。

不健全育成 より:
2018年8月19日5:21 PM

 五島市への寄付は、申請業者である「藤島興産」と関係が深い、多摩川ホールディングスの「福永節也元社長」が寄贈したんでしたかね。だとすれば、このような寄付は「藤島興産」申請に関わる黙認に対するお礼と、やがて福永節也氏自ら事業展開する「五福商事」の補助事業協力のための寄付であったと誤解されかねないものでしたね。
 五島市ちょーは福永節也氏がいう「健全育成」のための寄付を真に受けたのでしょうか、今更であるが、福永節也氏の寄付の意図はどこにあったのでしょうか。やがて、丸田氏の調査公表後、なぜか、「五福商事」は補助事業を辞退した。やましいところがなければ、決定していた補助事業を辞退する理由はないはずである。
 もし「藤島興産」の申請において、丸田氏が指摘するような「他人土地」や「里道」を不法占し、それを隠して虚偽申請したのであれば、「藤島興産」と関係が深い福永節也氏寄付の意味が「健全育成」のためではなく、「不健全育成」ためと言われかねない。

元農協関係 より:
2018年8月19日 5:36 PM
畜産事業を展開するとして農協田口が山田ひろし県議と手を繋いだ結果、土地への入札もやめて補助事業から退散した。一年前の丸田氏による調査、記事公開。事業を展開した場合のリスクを考えたのは山田ひろしか福永のどっちだ?
今年は太陽光発電施設に丸田氏のメスが入った? 五福商事は撤退。この機会に太陽光発電事業から多摩川九州も撤退しましょう。事件となれば経済産業省から事業認可は取り上げられるのだろうか。

0821_03.jpg

色々と悪いことばかり考えるもんだ!(山田博司と五福商事)

太陽光発電ビジネスから畜産ビジネスまで。

畜産ビジネスで国境離島新法を食い物にしようとして失敗した五福商事(代表者・福永節也)に新たな疑惑が浮上している。

長崎県議会議員。山田博司と「㈱多摩川九州(代表者・福永節也)」太陽光発電ビジネスに畜産ビジネスと目の付け所は中々よろしいのだが、社会のルールを守るという遵法精神に欠けてるようだ。

0817_01.jpg

『離島国境新法』と畜産事業に目をつけて「五福商事(株)代表者・福永節也」を設立、本妻の山田直美を監査役にし、『地域社会維持推進交付金事業申請書』を提出、国等の補助金を受けようと企て、五島市から事業採択を受けたとこまは順調だったが、他人の土地での計画と、申請書に記載されてる嘘が暴かれ、交付決定後すぐに辞退に追い込まれている。

そもそも五福商事の住所が置かれている五島市浜町506の地番には太陽光発電事業者として有限会社藤島興産(代表取締役・藤島健一)と申請書には記載されている。

0817_021.jpg

今、その有限会社藤島興産が申請していた土地には多摩川九州(サンシティー五島発電所)の看板が掛けられている。

このサンシティー五島発電所が建っている土地の中には所有者が県外に住む他人地が3筆あることが判明し、不動産侵奪罪の疑いが浮上していた。

おまけに五島市の里道まで無断で借用している疑いまで浮上してきた。

0817_03.jpg

国境防衛五島を食い物にする山田博司県議ら
http://n-seikei.jp/2018/04/post-50725.html

長崎県議会議員版の『ゲスの極み山田博司』
https://www.youtube.com/watch?time_continue=11&v=VWT3sheZMMg

長崎県議会議員・山田博司、巨悪を眠らせるな!

8月6日、県議会議会運営委員会の小委員会は、新上五島町選出の近藤智昭議員と対馬市選出の坂本智徳議員が宿泊費や旅費等を不正請求していたことが発覚した問題を受け、、費用弁償に関する条例の運用見直しについて、各会派が意見を取りまとめて9月上旬の次回に報告することで一致している。

宿泊費は、県条例に基づき住所地から県庁まで50キロ以上の県議を対象に、定例会に出席するためアパートやマンションを借りた場合、1泊1万円を「費用弁償」として公費から支給している。坂本議員は長崎市内に住むマンションの家賃を党支部が負担したりしていたわけだから、二重取りをしていたわけだから、これは詐欺といっても言い過ぎではない。

山田ひろし

また、近藤智昭議員の場合は、平成27年、県議選に出馬するためだけのために住所を新上五島町の実兄の近藤守氏(没)の自宅に移転していただけであり、実態は時津町の持ち家が自宅であることは自他ともに認め、明らかに生活の拠点は時津町である。

それは近藤議員が平成27年4月に当選してから1年以上、時津町からの旅費(ガソリン代)しか支給されていなかったことからも証明されている。

その事実を認識しながら近藤議員に不正な宿泊費、旅費を支払っていた議会事務局にも問題はある。

小委員会の三好徳明議運委員長によると、小委員会では、議員が住民登録をしている場所と実際に暮らしている場所が違う場合、どちらを住所地とするかなどを話し合った。今後、議会事務局がアパートなどの借り上げ実態を確認し、報告することも決めた。

生活の拠点の観点からいえば五島市選出の山田博司県議は住所こそ五島市に置いているが、生活の拠点も性活の活動拠点も長崎市桜町である。

山田ヒロシ議員も嫁さんも子供二人も長崎市桜町のマンションに暮らし、子供達も長崎市内の小学校、中学校に通っている。また、山田ヒロシ議員ご本人も桜町の自宅から銅座の歓楽街に出勤していた。

月にしたら数百万円の遊興費を使うのも五島市福江の歓楽街ではなく、長崎市銅座町の歓楽街である。

この二つ事実だけ見ても山田ヒロシ議員は生活拠点も性活の拠点も実質的には長崎市だということは明らかである。

山田ヒロシ議員は最近は嫁や子供達が住む桜町のマンションには帰らず、愛人が住む大橋町のマンションで一緒に暮らすという屋上屋を重ねる性活を続けている。

山田博司議員がこの10年間で県議会事務局から不正に支払わせた宿泊費、旅費は2000万円を超えている。

長崎県議会議員・山田博司、巨悪は眠らせない。

ゲスの極みの長崎県議会議員・近藤智昭議員の場合!
http://n-seikei.jp/2018/05/post-51873.html

長崎県議会・宿泊費・旅費等の不正請求事件!
http://n-seikei.jp/2018/05/post-51849.html

(長崎県議・近藤 智昭議員(61)旅費宿泊費を不正請求!)
http://n-seikei.jp/2018/05/post-51826.html

長崎県議会・宿泊費・旅費等の不正請求事件!
http://n-seikei.jp/2018/05/post-51849.html