ホーム » 五島

カテゴリー別アーカイブ: 五島

県連に倫理委申し入れ!(県民・島民の会=山田博司議員)

5月17日(金)午前11時、県庁記者クラブで国民民主党県五島支部一人会派(県民・島民の会)の山田博司議員が5月13日の改革21の議長選対応に対して「他政党を利する行為」だとして県連に倫理委申し入れをすると、記者会見を開き、改革21の愚行を激しく糾弾した。

0520_04.jpg
山田博司議員にしては珍しい正論だった。

山田博司議員は県議会の正副議長選で国民民主・立憲民主・社民でつくる第3会派「改革21」に所属する国民民主の議員6人が、自民党の議員に投票したのは党倫理規則に反するとして、国民民主党県五島支部は17日、同党県連に倫理委員会開催の申し入れ書を提出した。

山田

13日の正副議長選は分裂している自民系2会派の争いとなり、谷川弥一、金子原二郎の二人の国会議員が陰謀する長崎県私物化を阻止する自民・県民会議(17人)と、谷川弥一・金子原二郎の私党「自分党」の瀬川光之議員の争いとなり、自分党の若手とマージャン賭博仲間の深堀浩、4年後の佐世保市長の椅子の空手形を谷川・金子に切ってもらった宮島大典、それに県の監査役20万の毒饅頭を食らわされた山田朋子議員等の協力を得て、正副議長を独占した。

金子谷川

0509_05.jpg

ただ、過去にも改革21は自民党の候補に投票した例がある。今回、瀬川議員は改革21の9票を得て、24票の便所紙以下の議長になったが、過去には瀬川議員と親しく今回、惜しまれながら引退した三好徳明氏(西彼杵選挙区)は45票を得ての議長だった。

山田博司議員は今回は前の議長選挙と違って8月の参議院選挙を前にしている状況を強調、「まさか自民党の県議に入れるとは思わなかった」と正論を述べていた。

が、金子原二郎氏の古賀友一郎参議員嫌いは有名なことから、何でもありの自分党は夏の参議院選挙では自民党議員(古賀友一郎)の選挙をサボタージュし、国民民主党新人の白川鮎美氏を裏で応援するとでも密約してると、情報通は語っている。

0513_02.jpg

2年前の衆議院選挙でさえ、瀬川光之議員は自民党の北村誠吾氏の選挙をサボタージュ、宮島大典の支援を裏でしていたと西海市の選挙に精通してる事情通は証言している。

0508_02.jpg

瀬川議員は4月の県議選でも国民民主の候補者(饗庭敦子・楠大典氏)を応援するために時津町・長与町・島原市に行ったことも明らかになっている。

6月、正式に北村誠吾県連会長が発足したら、瀬川光之議員を同党県連に倫理委員会開催を申し入れしたい。

「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川弥一議員(長崎3区)が長崎新幹線めぐり暴言!

平成28年(2016)11月30日、「カジノ解禁法案」を審議する衆議院内閣委員会の一般質問で時間が余ったからと「般若心経」を唱えた時も長崎県の恥を全国に晒した自民・谷川弥一議員(長崎3区)が、今度は隣県の佐賀県に対して理不尽な暴言を吐き、佐賀県の協力が必須の新幹線全線フル規格問題を暗礁に乗り上げさせた。

谷川

「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川弥一議員(長崎3区)が長崎新幹線めぐり暴言

議員谷川議員の暴言『動画』
https://video.mainichi.jp/detail/videos/%E6%96%B0%E7%9D%80/video/6038524109001?autoStart=true&inb=ys

自民党の谷川弥一衆院議員(77)=長崎3区=が18日、長崎県諫早市で建設中の九州新幹線長崎ルートを視察した際のあいさつで「難しい問題は佐賀の説得。佐賀の知事には『台湾のような付き合いをしてほしい。韓国か北朝鮮を相手にしているような気分だ』と言った」と発言した。【撮影・浅野翔太郎】2019年5月19日公開

「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言

谷川

5/19(日) 18:45配信 毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00000033-mai-pol

 自民党の谷川弥一衆院議員(77)=長崎3区=が18日、長崎県諫早市で建設中の九州新幹線長崎ルートを視察した際のあいさつで「難しい問題は佐賀の説得。佐賀の知事には『台湾のような付き合いをしてほしい。韓国か北朝鮮を相手にしているような気分だ』と言った」と発言した。谷川氏は「不適切だった」として撤回したが、佐賀県の反発は必至で、新幹線の財源負担をめぐる両県の対立がさらに激化しそうだ。

【動画】谷川議員の発言

 九州新幹線長崎ルートの新鳥栖―武雄温泉の整備方式を検討する与党は、JR九州や長崎県が要望するフル規格を前提に議論しており、2020年度に環境影響評価(アセスメント)に着手し、23年度末ごろの着工を目指している。国の試算では、フル規格の建設費は約6200億円で、佐賀県の実質負担は約660億円と見込まれている。

 これに対し、佐賀県の山口祥義知事は4月26日の与党検討委員会で「新幹線整備を求めていない」と述べ、建設に反対する意向を示した。同席していた谷川氏は「これから財源論に入ろうというときに、取り付く島がないようでは困る」として、考え直すよう山口知事を説得し、あいさつで紹介した発言をしたという。谷川氏は19日、毎日新聞の取材に「知事には韓国と言ったが、北朝鮮とは言っていない。18日のあいさつで北朝鮮と言ったのは言葉が走ってしまった」と述べた。【大場伸也、浅野翔太郎】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00050112-yom-pol

山田博司が当選しようが、落選しようが、山田博司との戦いは終わらない。

五島市の県議会選挙の結果には正直なところ残念だった。

『呼ばれんでも来る山田ヒロシ、呼んでも来ない林ムツヒロ』

その差が今回の結果の大きな要因の一つであることには間違いない。

林睦浩さんはまだ若いんだから捲土重来、奮起してもらいたい。

また、五島市の自民市議も公明党の市議も大いに反省して欲しい、できれば皆さん、総辞職してほしいくらいだ。

山田博司が当選しようが、落選しようが、山田博司との戦いは終わらない。

長崎県議会議員版の『ゲスの極み山田博司』

挑戦者:丸田たかあきブログ
http://maruta.sankei-mrt.co.jp/

2019年4月7日執行
有権者数 31,957人(男性14,890 女性17,067)
投票者数 20,925人
投票率 65.49%
当選 山田 ひろし(無所属)10574票
落選 林 むつひろ(自民党公認)10056票
無効投票数 295

当選者 山田ひろしさま、ご当選おめでとうございました。

私のあなたに対しての戦いは終わらなかったということですね。

今まで以上に調査を続けてさせていただきます。
さて、今夏、衆参同時選挙になったら?!
山田ひろし県議、衆院選挙出馬宣言通りに期待致します。
こういう時に使うのです!「男が一回口にした言葉に二言はない」

山田博司、衆議院選出馬は止めて、県議選に出馬のようだ。

投稿者=山田博司研究会2

上は三陽(ウエストジャパンフーヅ)の長谷幸一郎社長と山田博司県議です。

2016年6月にウエストジャパンフーヅが長崎県庁で開いた新商品「アジ明太」発表報告会時の写真です。

例の松浦市調川港の県有地の払い下げも三陽1社での随意契約での売買もならず、山田博司県議も三陽も「アジ明太」のように美味しい話にはならなかったようです。

ところで、衆議院選挙に出馬すると新聞にも小さく取り上げられてた山田博司県議だが、どうやら4月の県議選に出馬するようです。

昨年、大村市に構えた山田博司事務所はどうするんでしょう。

県議選に落選した時のために、今年7月の衆参同時ダブル選挙が予想される衆議院選挙の時の為にそのままにしとくんでしょうか。

五島市の県議選は山田博司氏はかなり苦戦していると言われてますが、まだまだ分からんです。

この4年間で山田氏から離れた有権者をどこまで林睦浩氏が拾いきるか、林氏のがんばり次第のようです。

五島市でよく言われてる「山田は呼ばれんでも顔を出すが、林は呼んでも来ん。」

林睦浩氏もここが正念場である。

4月16日午後6時30分からANAクラウンホテルで世界遺産登録を祝うコンサートが行われる。

きのう、3月21日、五島市で「世界遺産登録記念を祝う」「第15回全国ほんもの体験フォーラムin長崎・五島」が行われた。

長崎と天草地方の潜伏キリシタン世界遺産登録までは盛り上がった世界遺産だったが、今ひとつ盛り上がらない。

五島市や新上五島町の盛り上がりが聞こえてこない中で、昨日は五島市で「世界遺産登録記念を祝う」「第15回全国ほんもの体験フォーラムin長崎・五島」が行われたことだけは評価しとこう。

0322_02.jpg

挑戦者:丸田たかあき
http://maruta.sankei-mrt.co.jp/?p=13709

0322_03.jpg

0322_04.jpg

0322_05.jpg

0320a_01.jpg

4月16日午後6時30分からANAクラウンホテルで世界遺産登録を祝うコンサートが行われる。

海があまりに碧いのです

0320a_04.jpg

0320a_02.jpg

金を借りた被害者の清川久義市議さんです。

投稿者=山田博司研究会NO2 

判決結果のご報告を告げに山内産業へ行く

昨日のJCNET記事の9番清川久義さまの写真を見てすぐに加害者の暴力団の方とばかり思っていたら、被害者の市議会議員の方だと後で分かりました。

0320_01.jpg

失礼しました。

金を貸した暴力団ではありません、暴力団に金を借りた被害者の清川久義市議さんです。
http://n-seikei.jp/2019/03/post-57891.html

清川久義市議、得票数を上回る
http://maruta.sankei-mrt.co.jp/?p=13689

ふつうの経済行為の金銭での貸し借りだと、借りて返さない方が加害者で、貸して返して貰わない方は被害者なのに、日本の法律って実に面白くできていて、借りて返さなくても被害者だというから不思議な世の中になったもんだ。

しかも、借りて返さない被害者が市議会議員っていうんだから、頭がこんがらがってしまいそうだ。

金を貸した暴力団ではありません、暴力団に金を借りた被害者の清川久義市議さんです。

あちゃ~~とうとう、清川市議の得票数をユーチューブが上回ったね。

とうとう、清川市議の得票数がユーチューブの視聴回数に追い抜かれてしまったばい。

ふつうなら、潔く辞職するよね、なんだろうね、この粘着性と恥の無さは。

清川市議が暴力団に金を借りた被害者なら、清川市議に金を貸して踏み倒された暴力団も被害者だろうよ。
0320_01.jpg
金を貸した暴力団ではありません、暴力団に金を借りた被害者の清川久義市議さんです。

貸す方が裁かれるんだったら、借りた方だって裁かれないと片手落ちって言うもんである。

また、暴力団関係者と長崎市幸町の産廃の儲け話で儲け損なった産廃議員でもある。

長崎市議会は政策調査費をチョロマカシタとして、同僚市議に対して議員辞職勧告の決議を良識をもって全会一致で可決したが、五島市議会は音無しの構えのようだ。

清川久義市議、得票数を上回る
http://maruta.sankei-mrt.co.jp/?p=13689

判決結果のご報告を告げに山内産業へ行く

もう少し五島署もしっかりせんば、また五島で血の雨ん降りよっばい。第2弾

投稿者=山田博司研究会NO7

挑戦者:丸田たかあき
http://maruta.sankei-mrt.co.jp/

もう少し五島署もしっかりせんば、また五島で血の雨ん降りよっばい。

の第2弾を書いてみました。

第1弾ではハイエナのような悪徳不動産(五島ライフデザイン)の秋吉重人氏のことを暴力団友好者と書いていましたが、各方面から通報があったり、物言いがついたりしたので、ここは慎重に情報を精査した結果、秋吉重人氏を暴力団関係者と認定、訂正させて頂きます。

0318_06.jpg

情報では五島市総務課危機管理班がマルミ電気(株)の会長である富永弘光氏と暴力団関係者である秋吉氏が親交があるとの市民からの情報提供をうけ、捜査当局へ「照会伺い」を提出したという。

そもそもマルミ電気(株)の会長である富永弘光氏と秋吉氏を引き合わせたのは暴力団元組長だった今は亡き野口ツルジ氏だった。

マルミ電気の富永弘光氏にしてみれば、好きなマージャンの相手になってくれたり、朝は車で送り迎えなど小マメにしてくれる秋吉氏はたとえ暴力団関係者だろうが、便利だからとつい側に置いていたようだ。

0318_07.jpg

しかも、面倒をみている県議の山田博司が右翼等に街宣された時に暴力団とお金で解決しているが、その時にも暴力団組員(死亡)に300万円の和解金を運んで渡したのも秋吉氏だった。

勿論、和解金の300万円を捻出してやったのはマルミ電気(株)の会長である富永弘光氏である。

富永弘光氏が直接300万円を秋吉氏に渡したのではなく山田博司の妹の山田洋子が仲介して、秋吉氏が受け取り、秋吉氏が暴力団組員のH氏(死亡)に渡している。(証言者アリ)

0318_08.jpg

これだけでも秋吉氏が暴力団関係者ということは明らかだし、マルミ電気(株)の会長である富永弘光氏も俺は知らんとは言えない話である。

続きは清川久義市議と秋吉氏と暴力団との深い闇の話でも書いてみよう。

判決結果のご報告を告げに山内産業へ行く

もう少し五島署もしっかりせんば、また五島で血の雨ん降りよっばい。

もう少し五島署もしっかりせんば、また五島で血の雨ん降りよっばい。

投稿者=山田博司研究会NO7

挑戦者:丸田たかあき
http://maruta.sankei-mrt.co.jp/

丸田さん、ブログ楽しみにしながら毎日読ませて頂いてます。

今回もまた勇気ある記事の掲載ありがとうございます。

ところで、今日の丸田氏のブログで書かれてる悪徳不動産(五島ライフデザイン)の秋吉って殺された石湊会の野口ツルジさんの正真正銘のホカホカの企業舎弟でしたよ。(笑)

熊本から長崎に流れてきた時から知ってるけど、今でも現役の暴力団幹部と焼き鳥食べたり、焼酎(霧島の黒)呑んだり、自慢のカラオケ歌ってますよ。

0315_02.jpg

五島に野口ツルジさんと来た時には長崎大学の建築学部を卒業し、1級建築士と自称してましたが、そもそも長崎大学には建築学部なんてありません。

テンプラ大学のテンプラ詐欺師、学歴詐称の企業舎弟でした。

しかも1級建築士というのも嘘で、テンプラ2級建築です。

ま、暴力団幹部の企業舎弟ですから、1級だろうと2級だろうと最低だろうと焼酎と焼鳥とカラオケさえ歌えれば関係ないんですけどね。

たしか、秋吉と呑友の五島ふくえ漁協・長吉丸の熊川長吉は本物の長崎大学水産学部卒業だったはずです。

最近、秋吉は長崎に行ってはヤクザと会い、仕事の話やら金の話やら金の取り立ての話やら怪しい密談を繰り返してますが、最近、お金でトラぶってるようです。

三國建設産業なら裏金がどうとか、吉田専務がどうしたとか、セイホウの実質的経営者で五島市議の清川久義の200万円がどうたらとか三菱幸町工場の解体利権の裏金やら産廃の儲け話の裏金作りがどうたらとか盛り上がっています。

どうせ焼酎の酒のつまみ程度のテンプラ大学らしいテンプラ話でしょうが、相手がヤクザですから笑い話では済まされません。

しかも、許せんのはその相手の長崎のヤクザは殺された野口ツルジさんと敵対関係にあった大幹部です。

あれじゃあ、殺されたツルジさんも浮かばれんし、さぞかし草葉の陰で泣いてることでしょう。

というようなわけで、秋吉は恥もなければ、人間として最低限の矜持もないハイエナのような暴力団友好者というのが実態です。

もう少し五島署もしっかりせんと、また五島で血の雨ん降りよっばい。

0315_03.jpg

三國建設産業(諫早市)牛舎建築工事(雲仙市)落札の真相(14・番外編)

昨日、ビックリするような投稿が寄せられていた。三國建設産業㈱の吉田専務と五島市の県議会議員・山田博司の後援会マルミ電気、富永会長の企業舎弟・秋吉氏に関する驚きの告発である。

ビックリするね、まさか三國建設産業㈱が三菱幸町工場の解体工事まで狙ってたとは。

牛舎建築から産廃に汚染されまくった特殊解体工事までと幅広い営業とも言える。

秋吉さま、さまだね、ま、しっかり秋吉さまと相談して裏金作りでも勉強してくだされ。(笑笑笑)

しかも麻生グループの名前まで出るとは更にビックリ、それにはさすがの清川市議のセイホウもビックリしたことだろう。

しまし、借りた金は返さんといかんし、清川市議もさぞや頭が痛かろう。

辞めても地獄、辞めんでん地獄だね、下記の投稿も併せて読んでみてください。

投稿者=山田博司研究会NO7

タイトル=『もう少し五島署もしっかりせんば、また五島で血ん雨ん降りよっばい。』

丸田さん、ブログ楽しみにしながら毎日読ませて頂いてます。

今回もまた勇気ある記事の掲載ありがとうございます。

ところで、今日の丸田氏のブログで書かれてる悪徳不動産(五島ライフデザイン)の秋吉って殺された石湊会の野口ツルジさんの正真正銘のホカホカの企業舎弟でしたよ。(笑)

熊本から長崎に流れてきた時から知ってるけど、今でも現役の暴力団幹部と焼き鳥食べたり、焼酎(霧島の黒)呑んだり、自慢のカラオケ歌ってますよ。

五島に野口ツルジさんと来た時には長崎大学の建築学部を卒業し、1級建築士と自称してましたが、そもそも長崎大学には建築学部なんてありません。

テンプラ大学のテンプラ詐欺師、学歴詐称の企業舎弟でした。

しかも1級建築士というのも嘘で、テンプラ2級建築です。

ま、暴力団幹部の企業舎弟ですから、1級だろうと2級だろうと最低だろうと関係ないんですけどね。

たしか、秋吉と呑友の五島ふくえ漁協・長吉丸の熊川長吉は本物の長崎大学水産学部卒業だったはずです。

最近、秋吉は長崎に行ってはヤクザと会い、仕事の話やら金の話やら金の取り立ての話やら怪しい密談を繰り返してますが、最近、トラぶってるようです。

三國建設産業なら裏金がどうとか、吉田専務がどうしたとか、セイホウの実質的経営者で五島市議の清川久義の200万円がどうたらとか三菱幸町工場の解体利権の裏金やら産廃の儲け話の裏金作りがどうたらとか盛り上がっています。

どうせ焼酎の酒のつまみ程度のテンプラ大学らしいテンプラ話でしょうが、相手がヤクザですから笑い話では済まされません。

しかも、許せんのはその相手の長崎のヤクザは殺された野口ツルジさんと敵対関係にあった大幹部です。

あれじゃあ、殺されたツルジさんも浮かばれんし、さぞかし草葉の陰で泣いてることでしょう。

というようなわけで、秋吉は恥もなければ、人間として最低限の矜持もないハイエナのような暴力団友好者というのが実態です。

もう少し五島署もしっかりせんと、また五島で血の雨ん降りよっばい。

挑戦者・丸田たかあき
http://maruta.sankei-mrt.co.jp/

秋吉氏、五島警察署へ「照会」提出中

悪徳不動産代表の秋吉氏とマルミ電気(株)が親交のある事は五島市の建設関係者であれば有名な話である。また飲食店でもマルミ電気(株)五島営業所 冨永所長に引っ付き回り悪徳不動産代表の秋吉氏は格上の人物へ日本酒「獺祭」を、自分からと言わんばかりにご機嫌取りで贈呈し、他人のフンドシでしか相撲がとれないお方のようだ。

五島市という組織は職員の身分でありながら、夜の街ではチンピラ気取りで市民に喧嘩を煽る樋口貴彦というものもいる。表向きは「暴力団排除条例」やら公共工事に関する入札では「暴力団排除に関する誓約書」まで形式上では立派なものである。

市議会議員が暴力団から借銭して法外な返済にて利益を供与していても証拠がない、噂に過ぎないと変な仲間意識で庇うのである。

さてさて五島市総務課危機管理班はマルミ電気(株)役員が暴力団関係者と親交があるとの市民からの情報提供をうけ、捜査当局へ「照会伺い」を提出したというではないか!? しかしここは五島市である。決まりごとはあくまでも表向き。うまく誤魔化しして処理されるのでしょう。
私は期待などしていません。

「暴力団排除に関する誓約書」
1 自己又は自己の法人その他の団体の役員等(別紙役員等名簿に記載)は、次のいずれにも該当する者ではありません。
(1) 暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号。以下「暴力団対策法」という。)第2条第2号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)

(2) 暴力団員(暴力団対策法第2条第6号に規定する暴力団員をいう。以下同じ。)

(3) 暴力団員により経営に実質的に支配若しくは関与を受けている者

(4) 自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者の損害を加える目的をもって、暴力団又は暴力団員を利用するなどしている者

(5) 暴力団又は暴力団員に対して資金等を供給し、又は便宜を供与するなど直接的あるいは積極的に暴力団の維持、運営に協力し、若しくは関与している者

(6) 暴力団又は暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有している者

2 1に掲げるものを下請契約等(受託契約及び間接補助事業交付決定を含む。)の相手方にしません。

3 下請契約等(受託契約及び間接補助事業交付決定を含む。)の相手方が1に掲げる者であることを知ったときは、当該下請契約等(受託契約及び間接補助事業交付決定を含む。)を解除(又は取消し)します。