ホーム » 諫早

カテゴリー別アーカイブ: 諫早

(仮称)伊木力浄水場整備事業官製談合事件!そうだ、住民監査請求しよう。第13弾

そうだ、住民監査請求をしよう。

0220_04.jpg
福岡県築上町の官製談合よりも悪質で性質が悪いのが諫早市水道局が発注した(仮称)伊木力浄水場整備事業である。

3月12日の長崎新聞から紹介してみる。

『3月11日(月)(仮称)伊木力浄水場整備事業入札の官製談合を巡り、定例諫早市議会建設委員会で、諫早市水道局が2月15日に決定した協和機電工業グループの落札金額が最も低く入札したJFEエンジニアリンググループよりも1億3500万円上回った理由をただす質問が相次いだ。

諫早市水道局の馬場康明局長は「資料や評価点などすべてを公表して進め、結論を出した」とし、適正な入札であることを説明していた。

同事業は2017年~2021年度、多良見町の伊木力川や地下水源から取水し、膜ろ過方式で1日6000万立方メートルの浄水能力を持つ浄水場を同町舟津に建設する計画。総事業費は34億5000万円。

市は全国の浄水場建設方式を参考に、事業者の技術提案に基づいた設計・施工一括発注と、技術的要素と入札価格を評価する総合評価一般入札を採用。市が設置した事業者選定委員会の審査を経て、入札に参加した3企業グループのうち協和機電工業(本社・長崎市)など3社で構成する企業グループが27億1500万で落札した。

馬場局長は、施設の維持管理などの提案を詳細に審査した経過を説明。「長期にわたり使う施設であり、(最も低い入札金額との)差は今後、取り戻せると判断した。金額面より、性能や利便性の面で技術力が高いものを選んだ」と述べた。』(高比良由紀)

読んでて腹が立つ、腹が立つ。

馬場康明局長は「長期にわたり使う施設であり、(最も低い入札金額との)差は今後、取り戻せると判断した。金額面より、性能や利便性の面で技術力が高いものを選んだ」と、このように答弁している。

じゃあ、なにかい、これから日本全国の全ての浄水場施設は協和機電工業グループが独占して行うということかい。

聞いてて、腹が立って、腹が立って腸が煮えくりかえりそうになった。

井の中の蛙、大海を知らず。まさに諫早市水道局の馬場蛙も宮本殿さま蛙も大海を知らんらしい。

今回、協和機電工業グループが採用してる無機膜(セラミック膜)と呼ばれる膜は耐久性は確かに優れてはいるが、供給メーカーが1社しかなく必然的に高いメンテナンスとなる。

それに対して他の2社は汎用性の高い有機膜を採用し、交換年数はセラミック程には劣るが、国内には有機膜のメーカーは数社あり安価でで提供できる。

これから、徹底的に検証し、今後予想される住民監査請求で諫早市水道局や諫早市長等の述べている詭弁は見事に論破されるていく。

どんな入札だろうが、どんな優秀な有識者だろうが、1億3500万円も高い企業が落札するなんてのは論外だし、有ってはならんことだ。

0315_04.jpg

(仮称)伊木力浄水場整備事業官製談合事件!第12弾

福岡県築上町の公共工事をめぐる入札で、参加業者を絞って特定の業者に便宜を図った疑いで、町の課長の男とA社の社員の男が逮捕されたとの一報を知って、改めて諫早市水道局発注の(仮称)伊木力浄水場整備事業が悪質な官製談合だとの確信を強くした。

早速、号外を出して徹底検証して行く。

伊木力

伊木力

前回は長崎大学校門の前で無料配布したら好評だったので、今回は更に部数を増やして配布する。

伊木力

伊木力

今までは(仮称)伊木力浄水場整備事業の入札、そうだ、警察に行こう。第11弾!
として掲載してきたが、これからは『仮称)伊木力浄水場整備事業官製談合事件第12弾』とタイトルを改訂して検証して行く。

それに、福岡県築上町の事件は3年前のことである。諫早市水道局の官製談合は先月2月のホヤホヤの事件である。

更に福岡県築上町の事件は7億数千万の案件だが、諫早市水道局の官製談合は、協和機電工業グループ=27億1500万円の高額案件で、しかも、最低札よりも1億3500万円も高い協和機電工業グループが落札するという横着さである。

いくら(仮称)伊木力浄水場整備事業事業者選定委員会(テンプラ委員長・田邊修二)が6回の委員会を開こうが、開くまいが、最初から協和機電工業グループありきの子供騙しの選定委員会(委員長・田邊修二)だということは明白である。

子供騙しの選定委員会のテンプラ委員長・田邊修二(長崎大学)も協和機電工業も、勿論、諫早市水道局の馬場康明局長も宮本明雄市長も、世間を少し甘く見てないか、世間は騙せても本誌は騙されない。

0220_04.jpg

0220_06.jpg

悪が栄えた試しはない、巨悪は眠らせない。

お願い、諫早市民ネットワーク号外第2弾が欲しい方は、コンビニや駅の売店などでは販売してないので、長崎大学の校門前か、諫早市役所の前で無料で配布しますので、そちらで直接頂いてください。

尚、テンプラ委員長・田邊修二、協和機電工業社長の坂井崇俊、諫早水道局局長の馬場康明、諫早市長の宮本明雄の4名は御遠慮下さい。

官製談合で逮捕(仮称)伊木力浄水場整備事業の入札、そうだ、警察に行こう。第11弾!

投稿者=古賀徹

そうだ、警察に行こう。

0220_04.jpg
1億3500万円も高い協和機電工業グル-プに落札させた宮本明雄市長

FNNPRIME(官製談合で課長逮捕)
https://www.fnn.jp/posts/2019030900000004TNC

【福岡県築上町の公共工事をめぐる入札で、参加業者を絞って特定の業者に便宜を図った疑いで、町の課長の男とA社の社員の男が逮捕されています。

官製談合防止法違反などの疑いで逮捕されたのは、築上町の環境課長・長部仁志容疑者(54)とA社の所長(56)である。

警察によりますと2人は、3年前に築上町で実施された、し尿処理施設の建設をめぐる入札で、A社に便宜を図るため、入札に参加する条件を厳しくした上に、他の入札参加業者の情報を漏らすなどした疑いであります。

し尿処理施設の建設をめぐっては、A社を含む2社が入札しましたが、最終的に九電工が最低制限価格を4千万円ほど上回る、およそ7億9千万円で落札しいます。

今回の事件では、消防の採用試験を巡り、あっせん収賄などの罪で起訴されたあと、今年1月に亡くなった、築上町の元町議が、仲介役をになったとみられています。】

これで官製談合防止法違反である。

だったら億3500万円も高い価格で落札された伊木力浄水場整備事業の入札は更に悪質な官製談合であり、汚水処理場よりも汚れた浄水場になった。

0220_06.jpg
1億3500万円も高い協和機電工業グル-プが落札できるように技術点を恣意的に加点した長崎大学の有識者と名乗る田邊修二

そうだ、号外を出そう。

(仮称)伊木力浄水場整備事業の入札、そうだ、諫早神社に参拝に行こう。第10弾!

そうだ、諫早神社に参拝に行こう。

0305_01.jpg

長崎大学校門前「諫早市民ネットワーク」新聞が無料配布さています。

0305_02.jpg

諫早市役所前でも「諫早市民ネットワーク」新聞が無料配布されている。

第9弾まで、そうだ、警察に行こう。と書いてきたが、宮本明雄市長といえば諫早市の市長というよりも諫早神社の宮司としての御利益で有名である。

諫早神社には上納金というか「御祝」「奉納」「寄付」「御寄進」「献酒」の諫早市関係業者の
札書きがいっぱい飾られている。

0305_07.jpg

1億3500万円も高い入札で落札した協和機電工業グループの今回の伊木力浄水場整備事業の献上金はいくらになるのか神様というか諫早神社の宮本宮司しか分からないだろう。

今の諫早神社の宮司は宮本明雄市長の御子息である。

カエルの子はカエル、宮司の子は宮司である。

そうだ、諫早神社に参拝に行こう。

0220_04.jpg
いかにも、いかにも悪宮司のような御面相の諫早市の宮本明雄代官。

0220_06.jpg
『田邊修二』大学教授か有害者か知らんが、おぬしも悪よのう。<

(仮称)伊木力浄水場整備事業の入札、そうだ、警察に行こう。第9弾!

(仮称)伊木力浄水場整備事業「設計・施工一括発注方式(DB: design-build)」方式
の入札を検証してみよう。

0221_02.jpg

0221_03.jpg

入札価格はCグループのJFEエンジニアリング㈱グループが25億8000万円が落札企業に選定されたAグループ・協和機電工業グループの27億1500万円に対して1億3500万円も低価格で安い。

Bグループ・フソウグループの26億3700万円でさえ協和機電工業グループよりも7800万円も安い価格である。

Cグループ・JFEエンジニアリング㈱グループ=25億8000万円

Bグループ・フソウグループ=26億3700万円

Aグループ・協和機電工業グループ=27億1500万円

落札者=協和機電工業グループ=27億1500万円

代表企業=機械器具設置工事企業・電気工事企業・協和機電工業

設計企業=株式会社NJS(エヌジェーエス)※旧 日本上下水道設計株式会社

土木工事企業・建築工事企業=梅村組(佐世保市)

「設計・施工一括発注方式(DB: design-build)」方式とか如何にも尤もらしい入札方式のように偽装しようが、1億も1億3500万円も高い企業が落札する整合性は無い。
0220_04.jpg
諫早市の宮本明雄市長、いかにも水戸黄門に出てきそうな悪代官そのものである。

1の本事業概要というとこから見てみよう。
(仮称)伊木力浄水場は、2級河川伊木力川において伊木力ダムからの放流水と河川表流水を合わせた5,000m3/日及び山川内水源から地下水1,000m3/日を取水し、浄水後、多良見地域及び多良見元釜伊木力地区等へ送水するために整備を行う施設である。
取水水源の一部は、クリプトスポリジウム等の指標菌が検出されており、また2メチルイソボルネオール及びジュオスミンの異臭味物質、さらにマンガン及びその化合物も確認されており、これらに対応した浄水処理を行うことが必要である。
本事業では、膜ろ過施設を導入し、対象地域への安全かつ安定した給水を確保することを目的としている。

ようするに、本事業では、膜ろ過施設を導入し、対象地域への安全かつ安定した給水を確保することが目的である。

ところが、今回の仮称)伊木力浄水場整備事業「設計・施工一括発注方式(DB: design-build)」方式を見てみると、この事業が最初から協和機電工業グループに落札させるのが目的だったことは明らかだ。

いわゆる官製談合である。

1,4の発注入札方式を見てみよう。

ア、本事業は、技術提案に基づいた設計・施工を一括して発注する「設計・施工一括発注方式」を採用する。 

イ、本事業は、入札時に設計・施工に係る技術提案を受け付け、入札価格以外の要素と入札価格を総合的に評価して落札者を決定する「総合評価一般競争入札」を採用する。

この「総合評価一般競争入札」というのが曲者なのである。価格のみの競争ではなく、技術力を評価しようということだが、問題は技術力の採点方法である。

今回のように発注者側(諫早市水道局)や有識者といわれる事業者選定委員会が協和機電工業グループに落札させたい強い意図がある場合、「技術力」の採点方法が明確でないと、意図通りの協和機電工業グループの受注確率が非常に高まることは容易に予想できる。

0220_06.jpg 
この男が、今回、1億も1億3500万円も高い協和機電工業グループが落札するように事件的不正な判定をした有害者といわれる選定委員会の有害委員長の『田邊修二』という小学生以下の長崎大学のお馬鹿な博士先生である。

今回の入札では技術評価点で協和機電工業グループが79,15点、フソウグループが67,12点、JFEエンジニアリング㈱グループが59,70点と、協和機電工業グループとJFEエンジニアリング㈱グループでは19,45点の差が付いている。

天下の一部上場企業のJFEエンジニアリング㈱グループと、田舎のキラキラ企業で技術評価点で19,45点の差があるとは常識から言って有り得ないし、理解できない。

その逆なら理解できるし、納得もできる。

いくら長崎のキラキラ企業といえども天下の一部上場企業のJFEエンジニアリング㈱に19,45点も差を付けるなんて絶対にありえない。

そこに発注者(諫早市水道局)や有識者といわれる事業者選定委員会の協和機電工業グループに絶対に取らせるんだという強い意図が感じられるし、一般市民を騙すには都合のいい入札なのである。

そうだ、警察に行こう。

胡散臭い!「設計・施工一括発注方式(DB: design-build)」方式(諫早市上下水道局)
http://n-seikei.jp/2018/06/db-design-build.html

5月7日、 諫早市上下水道局は(仮称)伊木力浄水場整備事業を「設計・施行一括発注方式(DB:desinn-build)」で公告している。

(仮称)伊木力浄水場整備事業
http://www.city.isahaya.nagasaki.jp/post61/49156.html

今回、諫早市上下水道局は「設計・施工一括発注方式(DB: design-build)」を採用した理由として技術面を重視したと説明し、入札以外の要素と入札価格を総合的に評価して落札者を決めると発表しているが、入札以外の要素とは何だろうか。

今、巷で流行ってる忖度のことだろうか。

長崎県内では昨年、長与町、時津町で官製談合を指摘されながらも蓋を開ければ情報通りK機電工業だった、というような不透明な入札が連続して発生している。

今回の諫早市上下水道局が発注する(仮称)伊木力浄水場整備事業の伊木力地区が長与地区、時津地区と隣接しているというのも気になるが、耳慣れない「設計・施工一括発注方式(DB: design-build)」というのが浄水場でありながら、下水処理場のようにK機電工業の臭いがプンプンしてくるのは気のせいだろうか。

諫早市水道局が採用した「設計・施工一括発注方式(DB: design-build)」とやらを検証してみよう。

 忖度受注の協和機電工業とは?  坂井季之会長は長崎県公安委員
http://n-seikei.jp/2017/11/post-48240.html

下水処理のチャンピョンは引き続き随契で長与町の下水処理は未来永劫、協和機電工業
http://n-seikei.jp/2017/11/post-48191.html

長与町上下水道:落札者は「協和機電工業㈱」だ!
http://seikei-kyusyu.com/17-1117-f1.htm

長与町上下水道:プロポ入札の仕込みは27年から!
http://seikei-kyusyu.com/17-1115-f1.htm

長与町:下水道施設維持管理・浄水場運転管理入札 公告!
http://seikei-kyusyu.com/17-1113-f1.htm

(仮称)伊木力浄水場整備事業
http://www.city.isahaya.nagasaki.jp/post61/49156.html

出来レースだよ!「設計・施工一括発注方式(DB: design-build)」(諫早市上下水道局)第2弾!

(仮称)伊木力浄水場整備事業の入札、そうだ警察に行こう。第8弾!

そうだ警察に行こう。

(仮称)伊木力浄水場整備事業の入札、有識者は有害者だった。第7弾!を、今日は(仮称)伊木力浄水場整備事業の入札、そうだ警察に行こう。第8弾!と、少しタイトルを改訂しました。

0221_02.jpg

ヤフーで田邊修二・有害でも、田邊修二・伊木力でも入力すると、(仮称)伊木力浄水場整備事業の入札、有識者は有害者だった。第7弾!がトップに出てくる。

0221_03.jpg

https://search.yahoo.co.jp/searc
0222_10.jpg

長崎大学の田邊修二は博士もこれで一躍全国区の有害者として名前が売れて良いことだ。

0220_06.jpg

1億も1億3500万も高い入札を正常だと思う感覚を持った博士なんて学生に教える資格はない。

キラキラ協和機電工業から相当な金でも寄附して貰ったんだろう。

そうだ警察に行こう。

0220_04.jpg

長崎キラリカンパニー24回目「協和機電工業株式会社」
https://www.youtube.com/watch?v=rSei7NHWRG8

出来レースだよ!「設計・施工一括発注方式(DB: design-build)」(諫早市上下水道局)第3弾!
http://n-seikei.jp/2018/06/db-design-build-2.html

胡散臭い!「設計・施工一括発注方式(DB: design-build)」方式(諫早市上下水道局)
http://n-seikei.jp/2018/06/db-design-build.html

(仮称)伊木力浄水場整備事業の入札、有識者は有害者だった。第7弾!

そうだ、警察に行こう。  

2月19日、諫早市民ネットワークから(仮称)伊木力浄水場整備事業の入札の号外が発行されている。

0221_02.jpg

0221_03.jpg

号外は最寄りのコンビニとか、駅の売店などで販売はされていないが、印刷が終わり次第、諫早駅前や諫早市役所前、長崎大学校門前でゲリラ的に無差別に配布されると聞いている。

好(ハオ)、良いことである。ドンドン配ってやって下さい。

特に(仮称)伊木力浄水場整備事業事業者選定委員会の委員長を名乗る、長崎お大学の田邊修二とかいう博士様が教授を務める長崎大学には特別に厚く配布するようだ。

(仮称)伊木力浄水場整備事業の入札も終わり、あとは果報は寝て待て!と第6弾まで書いてきたが、今日からは怒りも新たに、タイトルを『有識者は有害者』だったと改訂し、第7弾!として気を引き締めて書きたいだけ書いていく。

最低価格の企業よりも1億も1億3500万円も高い協和機電工業グループと、有害者と称するメンバーで構成されたという(仮称)伊木力浄水場整備事業事業者選定委員会の有害者に、書けば書くほど怒りが治まらない。

0220_04.jpg
諫早市の宮本明雄市長、いかにも水戸黄門に出てきそうな悪代官そのものである。

勿論、一番目には、それを黙認したというか、自ら進んで陰謀した諫早市の宮本明雄市長、水道局の馬場康明局長には怒りを通り越して激しく嫌悪している。

明らかな官製談合以外の何ものでもない。

そうだ、警察に行こう。

きょう、本誌にも諫早市民ネットワークからタブロイドの新聞が届いていた。

巨悪は眠らせない。

0220_06.jpg

これが、今回、1億も1億3500万円も高い協和機電工業グループが落札するように事件的不正な判定をした有害者といわれる選定委員会の有害委員長の『田邊修二』という小学生以下の長崎大学のお馬鹿な博士先生である。
(インターネット長崎奉行・遠山金四郎こと中山洋次)

(仮称)伊木力浄水場整備事業の入札も終わり、あとは果報は寝て待て!第6弾

宮本明雄市長、おぬしもワルよのう。

0220_04.jpg

諫早市の宮本明雄市長、いかにも水戸黄門に出てきそうな悪代官そのものである。

2月15日(金)、号外でお知らせした通り、(仮称)伊木力浄水場整備事業は最低価格のJFEエンジニアリング㈱のCグループの25億8000万円よりも1億3500万円も高い、2番札のBグループ・フソウグループの26億3700万円よりも約1億円高い3番札の協和機電工業が落札者に決定している。

本誌は5月7日に(仮称)伊木力浄水場整備事業が公告された時から『協和機電工業が仕組んでいる官製談合だ。』と何回も警鐘を鳴らしてきた。

地元長崎のキラキラ企業でもあるし、少々高くても協和機電工業なら仕方ないとも正直言って思ってもいた。

それでも、物には限度と言うもんがある。

今回の協和機電工業の1億3500万円も高い金額での落札は限度を大きく超えている。

しかも1億安い2番札のBグループ・フソウグループとJV組んでいるのは地元諫早市の吉川建設は正真正銘の地元諫早のキラキラ企業である。

1億3500万円高い協和機電工業とJV組んでいるのは、佐世保市の梅村組である。

ふざけるのは、いい加減にせんか、と言いたくなるのが人情というもんだし、常識ある諫早市民の感覚というもんである。

今回の八百長入札の決めてはなんと言っても有識者という怪しげな人物達による「設計・施工一括発注方式(DB: design-build)」方式という胡散臭い入札方式である。

なんのことはない有識者というのは性質の悪い有害者のことである。

その手口がなんとも『あざとい』というか嫌らしいし、反吐が出そうである。

諫早市は有識者と称するメンバーで(仮称)伊木力浄水場整備事業事業者選定委員会というわけの分からん選定委員会を尤もらしく偽装し、情報が入らない諫早市民を騙くらかし、合法化しようと企んでいる。有識者どころか有害者そのものである。

また、その有害者委員会のメンバーというのが奮ってる。

0220_05.jpg

有害者か大学の博士の馬鹿か知らんが、1億も、1億3500万円も高い企業が落札するのが良いことか、悪いことかも判断できん有識者を騙る有害者でしかない。

そもそも役所が連れてくる有害者とかロクなのはいない。

1億も1億3500万円も高いのが悪いか良いかは小学生の子供でも分かる常識も無いにのである。
0220_06.jpg
これが、今回、1億も1億3500万円も高い協和機電工業が落札するように判定した有害者といわれる選定委員会の委員長の田邊修二という小学生以下の長崎大学のお馬鹿な博士先生である。

(仮称)伊木力浄水場整備事業の入札も終わり、あとは果報は寝て待て!第5弾

2月15日、号外!(仮称)伊木力浄水場整備事業の入札も終わり、あとは果報は寝て待て!第4弾でお知らせした通り、諫早市水道局が発注していた(仮称)伊木力浄水場整備事業は情報通り、キラキラ企業、協和機電工業が1億3500万円も高い値で落札者に決定している。

0206_01.jpg

1、入札結果

Cグループ・JFEエンジニアリング㈱グループ=25億8000万円

Bグループ・フソウグループ=26億3700万円

Aグループ・協和機電工業グループ=27億1500万円

1)落札者

Cグループよりも1億3500万円高いAグループ

グループ名・協和機電工業グループ
(登録受付番号)(Aグループ)

落札金額・27億1500万円

1億3500万円も高い価格の企業が落札する入札など入札ではない。

「設計・施工一括発注方式(DB: design-build)」方式を悪用した最も悪質な官製談合である。

協和機電工業は長崎のキラキラ企業どころか、薄汚れたペケペケ企業である。

長崎キラリカンパニー24回目「協和機電工業株式会社」
https://www.youtube.com/watch?v=rSei7NHWRG8

少々高い価格、例えば2000万とか、3000万くらいなら、地元でもあるし、長崎市のキラキラ企業でもあることだし、甘めにも見ようが、1億3500万円も高かったら、黙ってはおれん。

それにしても1億3500万円は諫早市民、水道利用者が知ったら怒り狂う金額である。

もう、これは立派な事件である。被疑者は上下水道局長の馬場康明であり、それを任命した諫早市長・宮本明雄であり、協和機電工業のキラキラ社長である。

0218_01.jpg
見るからに悪代官そのもって顔の諫早市の悪代官・宮本明雄

検事も警察もチンケなこそ泥ばかり捕まえんで、こんな大悪党こそ捕まえるのが社会正義である。

いくら水道局が別会計でもこれを許したら諫早市議会は小学校の学級委員会以下といわれても仕方ない。

号外!(仮称)伊木力浄水場整備事業の入札も終わり、あとは果報は寝て待て!第4弾

本誌は(仮称)伊木力浄水場整備事業は協和機電工業グループが落札すると、当該案件が昨年、5月7日に公告された時から、警鐘を鳴らしてきた。

0216_01.jpg

結果は想定通り、果報を寝て待っていたキラキラ機電の協和機電工業グループが1番札のJFEエンジニアリンググループよりも1億3500万円も大幅に上回る高金額で落札者となった。

最低価格よりも1億3500万円も高い協和機電工業グループが落札者である。

常識では有り得ない、こんなのは入札でも何でもない。

非常識が跋扈する宮本神主による諫早市政の新種のバイ菌、悪政の官製談合である。

0216_02.jpg
水戸黄門に出てきそうな悪代官さまの宮本神主・御利益バリバリだね。

これは諫早市民への挑戦であり、水道利用者に対する裏切り行為である。

今回の諫早市水道局の入札結果は諫早市民を愚弄するばかりか、日本の法への挑戦と言っても過言ではない。

まさに法は力にして正義に非ずである。

天道に恥ずべく事なくば、天、自ら我を導く。

0216_03.jpg

また、今日から新たな戦いが始まる。
(インターネット長崎奉行・遠山金四郎)

1、入札結果

1)落札者

グループ名・協和機電工業グループ
(登録受付番号)(Aグループ)

落札金額・27億1500万円

諫早市水道局(ホームページ)
https://www.city.isahaya.nagasaki.jp/wp-content/uploads/2019/02/40ab270abeb0f13d73df1f60223536b52.pdf

胡さん散臭い!「設計・施工一括発注方式(DB: design-build)」方式(諫早市上下水道局)
http://n-seikei.jp/2019/02/post-57060.html

出来レースだよ!「設計・施工一括発注方式(DB: design-build)」(諫早市上下水道局)第2弾!
http://n-seikei.jp/2018/06/db-design-build-1.html

出来レースだよ!「設計・施工一括発注方式(DB: design-build)」(諫早市上下水道局)第3弾!http://n-seikei.jp/2018/06/db-design-build-2.html