ホーム » 大村

カテゴリー別アーカイブ: 大村

県議選が始まって

県議選が始まって        

3月29日(金)、平成最後の県議選が告示された。

昨日30日(土)、沖縄から帰ってきたが、空港から大村市内を通って高速道路の入り口まで、県議選が始まっているわりには街は静かだった。

高速道路大村入り口にある「いとう」レストランの前で小林克敏県議の街宣車とすれ違った。

0401_05.jpg

ウグイスの可憐な声は懐かしい「なごみ」ちゃんの声だった。

きょうは、fbから陰山八郎さんの投稿を紹介します。

ブログ 新・私の日記
http://kageyama.kage-yama.com/

県議選が始まって

3月29日、今日は長崎県議会議員選挙の告示である。大村市は5名が立候補して定数3名の激戦区である。私も衆議院選挙などに携わって選挙をして来たが、選挙ともなれば大変である。私が支持していた国会議員の引退で、選挙にはかかわらないと思っていた。ところが地域活性化運動でベトナムとの交流を進めている私は、長崎県庁の担当課とのアテンドを小林県議にお願いし、また共に交流にも参加して頂いていると言う経緯もあり、今回の県議選は小林克敏候補を応援することになった。

今朝7時より富松神社へ祈願祭に出かけた。

0401_01.jpg

神社の境内には桜の花が咲いていた。候補者の他50人近い人達と共に祈願のお祓いを受けた。爽やかな春の日が少し暖かさを増したようである。

0401_02.jpg

候補者も祈願祭の後、爽やかな笑顔で戦いへの決意を述べていた。

0401_03.jpg

正午より出陣式が選挙事務所前で行われた。大村市長も応援に駆け付け、選挙戦の火ぶたが切って落とされた。7日の投票日までどの陣営も死力を尽くして頑張ることだろう。幸運の女神は果たしでどこに輝くのだろう。

0401_04.jpg

2月11日(月)建国記念日の目出度い日

告知
明日2月11日(月)建国記念日の目出度い日の午後2時〜「小林かつとしを応援する会」決起大会」が鈴田地区-古松公民館で行われます。

みなさま、お誘う合わせの上、どうぞご参加下さい。

「小林かつとしを応援する会」決起大会!(三浦地区)

きょう、2月3日午後5時、大村市溝陸町公民館で「小林かつとしを応援する会」決起大会が行われた。

小林 かつとし
https://www.facebook.com/kobayashi5984
0202_01.jpg

雨交じりの嵐のような天気の中、会場は予定した席だけでは足りないくらいの盛況ぶりだった。

0202_01.jpg

1月28日の『大村・西大村地区決起大会』の600人に続き、本日『三浦地区決起大会』は会場こそ小さかったが集まった200人近くの地域の人達も、応援弁士も活気に満ち溢れていた。

0202_01.jpg

0202_01.jpg
長崎市選出の盟友・中山功県議

0202_01.jpg
大村市・園田裕史市長

28日の『大村・西大村地区決起大会』に続いて大村市・園田裕史市長も駆けつけ、県政とのパイプ役、小林県議との強い絆を彷彿とさせ、園田市長の聴く者を引きつけるスピーチの上手さはさすがだった。

思い出せば3年前の夜。

平成26年10月5日執行された大村市長選挙は現職市長で今は亡き松本崇氏に当時県議として実績を重ねていた小林克敏県議と大村市議だったが、まだ無名だった園田裕史市議、無所属で新人の野島進吾氏の4人が戦ったが、結果は現職の松本崇氏が19,835票で当選、小林県議は11,818票で2位、3位が園田裕史氏で10,116票、因みに野島進吾氏が2,957票だった。

現職の松本崇氏はさすがに強かった。

思ったもんである。

小林県議の11,818票と園田裕史市議の10,116票を足せば2万2千票、現職の19,835票を2000票も上回っていたのにと。

ところが思いもしなかった松本市長の逝去で1年後の平成27年11月8日、大村市長選挙が執行されることになった。

誰もが、前回の市長選で2位だった小林県議の出馬を想定した。

相手は亡き松本市長の長男で県議の松本洋介氏である。

当然、前回は3位に甘んじていた園田裕史氏も出馬を表明していた。

誰もが前回と同じ三つ巴の選挙を予想した。一瞬1年前の悪夢が頭をよぎった。

松本洋介陣営は、松本市長の弔い合戦とばかりに二人の国会議員を先頭に自民党は万全の構えだった。

それでも告示前の10月30日、大村市民会館で行われた「小林かつとしを応援する会の総会」では、会場に集まった多くの小林支持者が小林県議の市長選出馬表明があり、総会は決起集会に変わるものと誰もが信じて疑わなかった。

ところが、壇上に上がった小林県議の言葉はあまりにも意外なものだった。

小林県議は冒頭から、亡くなられた松本崇氏の死を悼む話から始まり、長い年月、先輩政治家として、また長年の好敵手として戦ってきた松本崇氏の死を最大に悼む話をする小林克敏氏の顔はいつもの小林県議の顔ではなかった。

0202_01.jpg
小林克敏県議

会場はシーンと静まり返り、次に出るであろう小林県議の市長選出馬表明の言葉を待った。

ところが、小林県議の口から出たのは意外な言葉だった。

「今度の市長選には松本洋介氏と園田裕史氏の二人が立候補を表明しています。私も出馬するか、出馬しないか随分と迷いました。悩んだ結果、今度の市長選挙には出馬しないと決断しました。今度の市長選挙は若い者に任せようと思う。そして、私は園田裕史氏を支援すると決断しました。」と、小林県議が一気に話終わると、会場のあちこちからすすり泣きが聞こえてきたのを昨日のことのように思い出す。

平成27年11月8日執行された大村市長選の結果は園田裕史氏23,339票、松本洋介氏20,494票と松本洋介氏は前回の松本崇氏の19,835票を上回りこそしたが、園田裕史氏は前回、小林県議と園田裕史氏の合わせた票を1000票以上も上回る大勝で新しい大村市の市長に当選した。

きょう、溝陸町公民館で「小林かつとしを応援する会」の決起大会で園田裕史市長のスピーチを聴きながら、3年前の夜、小林県議の市長選挙不出馬の決断と、園田裕史氏支援の判断が如何に正しかったか噛みしめながら園田市長のスピーチを聴いていた。

3年前、小林県議不出馬に会場の席で涙した者の一人として、こんなに素晴らしいスピーチを聴けただけでも今日は素晴らしい夜だった。「日刊セイケイ・長崎浪人・中山洋次(小六)」

0202_01.jpg
大村市・園田裕史市長

色々と悪いことばかり思いつくもんだ!その13(山田博司と五福商事)

なんか悪いもんでも食べたんだろうか、それとも不倫のしすぎで悪い病気でも貰ったんだろうか、山田の案山子。

長崎県議会議員の『ゲスの極み山田博司』
https://www.youtube.com/watch?v=VWT3sheZMMg

五島市選出の山田博司県議の謎の看板が大村市に立てられている。
0919_01.jpg

やることが幼稚園生以下である。

来春の県議選の事前運動なら五島市に立てんば意味なかろうに。

地方紙には次期衆院選挙に出馬の意向とか、書かせていたが、あんなもんただのアホーマンス。

出れるもんなら、出てみやがれ、小細工ばかりしやがって。

ところで、山田博司議員の愛人(江頭真美)の方は長崎県庁に秘書の肩書で議員控室に囲っているが、本妻(山田直美)が監査役を務めてる五福商事の代表者でもある福永節也氏のもう一つの会社・㈱多摩川九州の不動産侵奪(悪意の取得)が愈々刑事事件として告発されることが判明した。

五島市は勿論、五島市民も被害者である。山田の案山子も無関係ではない。

山田博司議員は勿論、妻の山田直美とも昵懇の多摩川九州(福永節也)は五島市が所有する五島市浜町の土地(里道)に太陽光パネルを無断で設置し、五島市民から「再エネ発電促進賦課金」を不当に搾取していることも判明している。

それにしても色々と悪いことばかり思いつくもんだ。

0919_02.jpg

もう、いいでしょう、選手交代の時です。(大村市)

0701c-thumb-250xauto-84876月30日(木)午後7時から大村市商工会議所で長崎県議会議員・小林かつとしを支援する会による「大村そして長崎を変えるのは今がチャンス!」 (長崎県を変えましょう。もういいでしょう選手交代の時)として、会場には500人以上の人、人、人が集まり、もう、いいでしょう、選手交代の時です。 と、熱い気勢をあげた。

小林かつとしを支援する会は6月21日(火)にも大村市シーハットおおむら桜ホールで「県政と時局を語る」と「西岡秀子さんを励ます会」を開いているが、あの時の勢いが今日もそのまま続いており、最後のガンバローコールは力強いものがあった。

巷では大村市を地盤とする国会議員で権力者であるTさんが、大村市の園田市長ばかりか、長崎県の中村知事まで理不尽に罵倒・恫喝する、と、怨嗟の声が広がっている。

壇上から小林県議が「大村を長崎県を変えましょう。もういいでしょう選手交代の時です」と挨拶すると、会場は割れんばかりに盛り上がっていた。

私は信条として共産党は支持しないが、心情としては西岡秀子さんは勝たせてあげたい。信条として山田博司が所属する民進党は好きになれないが、心情として西岡武夫は大好きだった。

因みに平成22(2010)年、7月11日に行われた「参議院長崎選挙区選出議員選挙・開票結果(候補者別開票区別得票数)」の大村市だけを抽出して記載してみる。

0701e西岡自民党(金子原二郎)   ・22,770票
民主党(いぬづか直史)  ・15,860票
みんなの党(中嶋のりひこ)・ 3,769票
日本共産党(ふちせ栄子) ・ 1,700票

自民党の22,770票に対して非自民が21,329票である。その差は1441票、当時は自民党というか金子・谷川党だった松本崇市長の全盛期だった。 しかも民主党候補は顔も思い出せない(いぬづか直史)である。当時は「小林かつとしを支援する会」の多くが自民党だった。しかも今回の市長は「小林かつと しを支援する会」が支援する園田裕史市長である。それに候補者は西岡秀子さん、1441票差は無いのと同じである。

「大村を長崎県を変えましょう。もういいでしょう選手交代の時です」。は現実味がでてきたし、しかも大いに共鳴するものがある。「日刊セイケイ・長崎浪人・中山小六(洋二)」
0701d