ホーム » 長崎

カテゴリー別アーカイブ: 長崎

「MICE住民投票有効(署名数7971票)」(長崎市)

4選の多選を目指す長崎市の田上市長、「4選の多選を前にして、5回目の民意を否定」さすがは浅田五郎市議、鋭い突っ込みです。

田上市長

4選の多選を前にして、5回目の民意を否定しては、市民力も色あせたどころか、そもそも市民の力を利用しただけで、最初から市民力なんてなかったんでしょう。

浅田五郎

浅田 五郎
https://www.facebook.com/asada.goro

「MICE住民投票有効
署名数7971票」

さて田上市長、5回目の住民投票今回も門前払いの、否決の意見を市議会に出すのか。市民は注目しているでしょう。

4選の多選を前にして、5回目の民意を否定しては、市民力も色あせたようですが。颯爽と登場した12前の市民力の鉢巻も、住民の声も無視されて色あせて希望も未来も色焦るのも当然のようです。

MICEが市民に浸透してないことは住民投票を進めた市民団体の方はそれを承知で取り組みました。市民は最少限の投票でしたが、50分の1の市民の声は短期間で集めました。

この民意を無視して否決したら、四選出馬そのものを否定することになりましょう。

市長選、市議会議員選があることを承知でまた経費もかかることも市民は法定の住民投票の有効署名数を致したものと思います。

今回の長崎市長選と市議会議員選挙は、MICE施設賛成か反対かの二者択一の選挙になりましょう。

住民投票で事前にMICEの賛否がわかればあとは、他の政策での戦いで落ち着いた政策論議ができましょう。

住民投票で賛否が決まれば、第1ラウンドの選挙は終わったことになりましょう。

田上市長が掲げるMICEが住民投票で否決されれば、おそらく4選の市長選はあり得なくなりましょう。

新しい明日の長崎のために、今回の五回目の住民投票は、長崎にとって意義ある住民投票であることを期待しています。

「MICEなど大型基金取り崩し対応」「ヒルトン長崎」21年開業へ」

長崎市にある長崎造船所幸町工場跡地の活用で2018年4月26日、佐世保市に本社を置く、「ジャパネットたかた」で知られるジャパネットホールディングスが2.3万人収容のサッカースタジアム(V・ファーレン長崎のホームグラウンド)ばかりかスタジアムの周囲には国内初の300室を備えたスタジアムビューホテル、スタジアムパーク、長崎一高い300戸のタワーマンション、ビジネス拠点にふさわしいオフィス、地元密着のマーケット等も整備するという。

V・ファーレン長崎の高田明社長(ジャパネットたかた前社長)は今年2月には田上長崎市長にサッカースタジアム(V・ファーレン長崎のホームグラウンド)の建設を伝えていた。

ジャパネットホールディングスの計画が実現したら長崎市に素晴らしいランドマークが誕生することになる。

1026_03.jpg

1026_04.jpg

本来であれば長崎市は民業圧迫にならないように公営で現在進行しているMICE計画をジャパネットホールディングスと検討に検討を重ねて慎重に進めていかないと、せっかくのチャンスであるヒルトンホテル長崎市進出、長崎駅周辺開発も失敗に終わる可能性もある。

とりあえず住民等が楽しみである。

1026_05.jpg

浅田 五郎
https://www.facebook.com/asada.goro

浅田五郎

「MICEなど大型基金取り崩し対応」「ヒルトン長崎21年開業へ
長崎駅近く九州2カ所目

この新聞報道を見て、ヒルトンさんの上席副社長は長崎の魅力を世界にアピールしたいと述べておられる。
心から歓迎したいと思います。

MICE施設について、これから住民投票になるかもしれないし、この記事を読む限り今でも長崎では既存の施設を使いMICE事業は行われているのです。

長崎空港には長崎県観光連盟が毎日ある行事に参加する皆さんに歓迎のメッセージを行事ごとにご紹介しています。

それを見ながらMICE施設がなくても長崎には沢山の方々が来ていることがわかります。

JRから買った土地にMICE施設ができたら、ヒルトンホテルを建設するが、施設ができないとヒルトンは来ないとは受け止められないのですが。

長崎市には、一流と言われるホテルがないから、長崎には2つの世界遺産があるし、その魅力は世界に発信できる価値があるからヒルトンが進出すると受け止めています。

長崎市民は、心から歓迎すると思います。

長崎市には、今多くのMICE事業が既存の施設を使ってきています。

問題は、長崎市自身が財政力が弱いのに129億からの資金を投入して箱物を建設する。

しかも300台からの駐車場の年間の1億円の収益は、運営企業グループに入ってしまいます。

建物は税金で建てるので固定資産税は、入らないし、さらに、別に1億5000万円もの税金がその運営企業グループに投入されます。

20年間契約の期間50億円の税金を運営する企業グループに長崎市は支払うのです。

まさに、公設公営のMICE事業と言えるでしょう。

契約が20年ですから赤字になったら、そのグループは撤退する以外ないでしょう。

どんなに考えても黒字になると言う確証は無いのです。

20年後の負の遺産を、子供や孫の代まで負わしていいのか。

人口は減少し、交流人口だけに期待して本当に良いのかを考えるべきだと思います。

田上市長はヒルトン関係者が来たから安心して箱物建設に弾みをつけて公会堂を壊したようにMICE施設建設に急ぎましょうが。

MICE施設に関係なくヒルトン側は長崎の市場を分析し長崎に進出したものと理解しています。

市民の良識は、来春の市長選挙で明らかになるでしょう。

「市長四選して 、そしてMICE建設か!」

「田上市長よりご案内状」

長崎市議会 平成30年2月27日 幸 大助議員 一般質問
https://www.youtube.com/watch?v=tFNjJYdB2jI


 

浅田 五郎
https://www.facebook.com/asada.goro

浅田五郎

「田上市長よりご案内状」

いよいよ田上市長さんも市長選出馬ですね。

ご案内状の内容は、主催は、田上とみひさと市民の会会長田上富久とあります。

共催は長崎地域力研究会会長は奥保彦とあります。共催団体の奥会長さんは、過去に長崎市医師会の会長の奥先生のことだと思います。

これまで、市長の後援団体の会長は、衆議院議員第一区の後援会長と兼務していました。

何故、市長と一区の会長が現役でなく、今回は市長だけ前任者がなっているのでしょうか。

何か特別な理由があるのでしょうね?

ご案内の内容は、お二人の正式に出馬をマスコミをとうして立候補者として名乗りを上げた方のお名前を列記していました。

さらに大型事業に対して、報道されていますが、市民生活全般における施策や地域のしくみづくりなどについての周知が足りないから、市政報告会を実施したいとのことでした。

市政報告会

茂木地区公民館、三和地区公民館ホール、メルカ築町プラザホール、東長崎平間公民館、チトセピアホール
5箇所でのご案内でした。

大型事業に対する市民の声はそれこそ住民投票すると賛否いろいろで市民の正しい声が聞けたでしょうに。

今MICEの住民投票の署名者の内容の間違いないかの調査を行なっています。

いよいよ田上市長出馬の正式な表明と受け止めていい内容の案内状でした。

長崎市長選挙

「市長は4選の長期政権でいいのか!」

又は

「元気で活力のある新しい市政か!」

これからの長崎の百年を真剣に考えていく、市民お一人お一人の市長選挙だと思っています。

「MICE是非問う住民投票へ」 長崎市

伊藤一長長崎市長が市長選告示2日後の平成19年4月17日、暴力団の凶弾に斃れてから11年が過ぎた。

伊藤市長は間違いなく名市長だった。

伊藤一長

伊藤市長亡き後の市長選挙戦に出馬した田上富久氏の手際の良さは語り草になっている。
その後、田上氏は伊藤市長が凶弾に斃れるの知っていたという都市伝説が長崎の街に流れたが、田上氏が名市長か謎市長だったかは後世が判断する。

幸 大助市議の2月27日の一般質門の動画と浅田五郎市議のフェイスブックの投稿を紹介します。

長崎市議会 平成30年2月27日 幸 大助議員 一般質問
https://www.youtube.com/watch?v=tFNjJYdB2jI

田上市長

浅田 五郎
https://www.facebook.com/asada.goro

浅田五郎

「MICE是非問う住民投票へ」

8824名の市民の方々の署名が集まり市の選挙管理委員会に提出したと各新聞は報道していました。

市民に理解されないままに、市役所、市議会、 MICE施設の建設に賛成する関係者だけは、少なくとも一般市民よりは知っていますでしょう。

しかし、税金を使っての箱物建設ですから、多くの市民の理解は当然必要ですし、それを理解してもらうための説明を要する時間は、行政は与えるべきだったでしょう。

しかし、8824名の方々の署名は本当に長崎市の将来を憂えての尊い署名だったと思います。出来ますれば、直接請求に必要な有権者の50分の1(7176人)を越えておるかです。祈っています。

しかし、いかに民主主義社会に必要な制度といへ、そこには経費も入りますが、住民投票を5回も突きつけられて、それを全て否決する神経如何なものかと思います。

市民の小さな納税者も大金を払っている大きな納税者も、清き一票には、大差は無いのです。全く平等です。

来年春その小さな一票の重さをその輝きを満天下に示す絶好のチャンスだと思います。

その実現を信じて、多くの市民の声を聞いて歩いています。
このままでは、2つの世界遺産と一緒に長崎はゴースト-タウンになるのではと心配される方もいます。

勝手の栄光を、忘れることなく派手な箱物建設もですが、地味つな政治手法も大事なことを確認して市民の小さな声も大切に聞いて歩いています。

長崎歴史文化博物館から所蔵品3点不明/管理者:乃村工藝社

長崎市の長崎歴史文化博物館で、江戸時代にベトナム国王が長崎奉行に貿易の許可を求めた書状など3点の所蔵品が見つからなくなっていることがわかったと報道されている。

長崎市にある長崎歴史文化博物館は、長崎県と長崎市が建設し、平成17年に開館して以来、指定管理者の「乃村工藝社」が運営を行っている。

博物館には、約8万1000点の所蔵品が収められているが、うち3点が見つからなくなっている。

行方不明になっているのは、

1、江戸時代にベトナム国王が長崎奉行に宛て、良質な日本の銅を輸入できるよう許可を求めた書状の「安南国金札写」、

2、江戸時代の「平戸・大村・富江・福江領地図」

3、明治時代に作られた「長崎商工会議所章程」

の3点。

いずれも県が所有するもので、文化財の指定は受けていない。

昨年度「乃村工藝社」が行った点検作業で、3点の収蔵品が本来あるべき場所にないことがわかり、今年3月に報告を受けたという。

しかし、ほかの保管場所に紛れ込んでいる可能性があるとして、県は公表していなかった。

破綻の五島産業汽船の従業員らが新会社 「鯛ノ浦港」と「長崎港」運航再開へ

「五島産業汽船」がすべての航路を運休している問題で、「五島産業汽船」の従業員らは新会社を設立し、新上五島町の「鯛ノ浦港」と「長崎港」を結ぶ航路の運航を引き継ぐための申請を、12日九州運輸局の長崎運輸支局に提出した。

五島列島と長崎市や佐世保市などを高速船やフェリーで結ぶ「五島産業汽船」は、資金繰りが悪化したことから自力での再建を断念し、今月2日からすべての航路を運休している。

このうち新上五島町の「鯛ノ浦港」と「長崎港」を結ぶ航路について、町は再開に向けて「九州商船」に対し運航を引き継ぐよう要請するとともに、新会社を設立したうえで、運航を引き継ぐことも検討していた。

こうした中、「五島産業汽船」の従業員らは10日、「五島産業汽船株式会社」という名称の新会社を設立し、12日運航を引き継ぐための申請を九州運輸局の長崎運輸支局に提出したことが判明した。手続きが順調に進めば、近く、航路が再開される見通し。

新会社は、「五島産業汽船」が、別航路で使っていた高速船を使うとともに、「五島産業汽船」が解雇した従業員の一部を雇い入れたいとしている。

一方、運航を引き継ぐよう要請を受けていた「九州商船」も、当面、町が「五島産業汽船」に無償で貸し出していた高速船を使って、運航を引き継ぎたいという意向を示していた。
以上、

新上五島町は九州商船をどうするのだろう。別航路?、九州商船はソロバンばかりはじきモタモタしていたのだろう。
  ただ、潰れた会社の名称を使って成功した会社はほとんどない。

上五島町には、国の重要文化財指定で世界遺産登録の頭ヶ島天主堂(石造り/町北東部の島、橋あり)や、国の重要文化財指定で何故か世界遺産登録を途中で外された青砂ヶ浦天主堂(赤レンガ造り)などがある。

<↓青砂ヶ浦天主堂>
初代聖堂は明治11年建設、明治43年に現在の教会が鉄川与助より建設された。

青砂ヶ浦天主堂

五島産業汽船が自力再建を断念

五島産業汽船が自力再建を断念
10月04日

2日、五島列島と長崎市や佐世保市などを結ぶ旅客船の運航を突然休止した「五島産業汽船」の社長が4日会見を開き、自力での再建を断念してほぼすべての従業員を解雇し、近く破産手続きを始めるための申請を行う考えを示しました。

五島産業汽船の野口順治社長は、4日長崎市で会見を開き、「突然定期航路を運休、廃止したことで、利用者や関係者にご迷惑をお掛けし申し訳ありませんでした」と謝罪しました。

そのうえで運航ができなくなった経緯について、3年前の平成27年に就航した佐世保市と新上五島町を結ぶ航路が毎年赤字となっていたうえ、多額の船の整備費用などで資金繰りが悪化し、資金を確保するために今月1日の午後まで債権者や銀行と話し合いを続けたものの、資金を確保できなかったと述べました。

また、2日までにほとんどの従業員を解雇したことを明らかにし、今後は従業員の失業手当などの手続きを進めるとともに、会社は自力での再建を断念して、近く破産手続きを始めるための申請を行う意向を示しました。

利用者から受け取っている運賃について、他の債権と同じ扱いになるため払い戻しのメドはたっていないとしたうえで、払い戻しの手続きの方法などは今後周知したいとしています。

今後について野口社長は「譲渡先を探すなど新上五島の航路が無くならないよう、できることがあれば最大限の努力したい」と述べましたが、航路再開のメドはたっていません。

五島産業汽船の航路のうち新上五島町の鯛ノ浦港と長崎港を結ぶ航路は、町が2隻の船を会社側に無償で貸して運航が行われてきました。

新上五島町はこの航路の再開に向けて町が新たな会社を設立することや、既存の会社に運航を要請することを検討しているということです。

今後、国や県と協議したうえで早期の再開を目指したいとしています。

(株)五島産業汽船(長崎)/しばらく運休掲示

沿海旅客船運航の(株)五島産業汽船(長崎県南松浦郡新上五島町有川郷字中筋578-10、代表:野口順治)は10月1日、「しばらくの間運休いたします。ご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません」との社長名のお知らせを掲示した。

同社は平成2年5月設立の沿海旅客船運航会社。長崎港~鯛ノ浦港(新上五島町)、佐世保港~有川港(新上五島町)、佐世保港~福江港(下五島)、長崎港~崎津(天草)航路など離島への旅客船運航を手がけ、ほか貨物船運送業や船舶の売買事業を行っていた。

平成30年4月期には船舶売買事業の損失から約3億円の赤字を計上し、資金繰りに窮する状態が続いていた。

事前に自治体と相談し、自治体は代替運航手段を講じたのだろうか。一時的には自治体が、五島産業汽船の船舶とパイロットを借用して客を運ぶこともできるだろう。心配だ。

お上の方々は、世界遺産より利権が絡むMICEが心配な方々が多く、旬な時に勢いをつけなければ、今後、離島の観光客が定着しない可能性もある。

1002_05.jpg

五島産業汽船(野口順治社長)のびっくりニュースです。

上五島(鯛の浦)~長崎、上五島(川)~有佐世保航路を運航していた五島産業汽船(野口順治社長)のビックリニュースです。

1002_02.jpg

五島産業汽船で何が起きているのか?

平成22年五島産業汽船が所有する中古船「びっぐあーす1号」を新上五島町が5億7千300万で購入し、五島産業汽船で無料で貸し出していたことを記憶している新上五島町民はどれだけいるだろうか。

その後も新上五島町は同型の「びっぐあーす2号」を五島産業汽船から8億7千万円で購入し、五島産業汽船に無料で貸し出し長崎~鯛の浦航路で運航させていた。

全額が県、国からの補助金である。

その「びっぐあーす1号・2号」が「びっぐりあーす」になっているんじゃないかというビックリニュースが飛び込んできた。

明日の長崎~鯛の浦航路、上五島~佐世保航路を確認してみてください。また、詳細が分かり次第ご報告します。

田上市長4選出馬意向に思う。

高田勇さんの、訃報をヤフーニュースで知って、驚いています。
高田勇さんが、長崎空港ビル社長在職中は非礼なくらい辛辣なことを書いて、随分と困らせたもんだが、一度、腹を割って話してからは、会えば親しく会話してくださった。毎日、朝起きたら新潟のお母さんの方を向いて手を合わせているという話を聞いた時、高田勇さんの為人を知り、以来、尊敬してきた人物の一人だった。
心から御冥福をお祈り申し上げます。

田上市長が出馬表明したようだが、もう勘弁してもらいたい、という田上氏怨嗟の声は長崎市民の多くから聞こえて来る。

田上市長になって5回目の住民投票を目指す動きが表明されている。

長崎を真から憂える市民グループの皆さんがMICE施設の建設に賛否を問う署名活動への住民投票条例制定を目指すとのことである。

コンベンション(MICE)施設がいらないとは言わないが、民間のジャパネット・たかたがサッカースタジアム建設を発表したなら、もう少しジャパネット・たかたと重複する施設がある以上は、民間圧迫にならないよう、一度立ち止まってジャパネット・たかたと十分に協議するだけの度量があって然るべきである。
そして5回目となる住民投票条例制定の賛否に真摯に向かい合うべきである。

「田上市長4選出馬意向」

浅田 五郎
https://www.facebook.com/asada.goro

今朝の新聞、肝いり事業のコンベンション(MICE)施設の整備予算が6月の市議会で認められたことが立候補の判断材料の一つになったとされているとあります。

住民投票の否決も市議会の同意としてこれも市議会に責任転嫁されてくるでしょう。

来春の市議会議員の選挙は、田上市長4選に賛成で、MICE施設建設に賛成が大きな公約になりましょう。

市民にとっては地域の代表より、長崎市の未来に負の予算に賛成か。

長期で新しい時代の政治への期待が持てない市政の継続を進める議員でいいのかの選択になります。

極めてわかりやすい選挙になりましょう。

市長選挙4選か、新しい市長か、箱物建設による負の遺産の建設か、福祉や教育に目を向けるかになりましょう。