ホーム » 長崎

カテゴリー別アーカイブ: 長崎

長崎新聞社徳永新社長、女性社員に「(上司の)愛人やろもん」「もうやったとや」

長崎新聞社の新社長の徳永氏は、社長就任を祝う懇親会の席上で、酒をつぎに来た女性社員に対し、隣の男性上司の名前を出し「(上司の)愛人やろもん」「もうやったとや」と発言、腰を振る卑猥な動作をしてみせたという。

長崎新聞社の徳永英彦社長(59)は昨年11月、長崎市内で行われていた社長就任を祝う懇親会で、部下の女性に性的な言動をしていた。
同社は「言動は不適切だが、女性に被害者感情がない」としてセクハラには当たらないと判断、処分はしていない。徳永氏は昨年12月、常務から社長に就任した。

こうした状況を把握した西日本新聞の指摘を受け、長崎新聞社は出席者の一部から聞き取りを実施した。
一連の言動があったことを確認した上で、第三者の弁護士に意見を求めた。今月11日付で弁護士から。同社に出された意見書は、徳永氏の言動を「品性に悖る」としつつ、女性に被害者意識がない、懇親会参加者に不快感を持った人がいないとして「法的な意味でのセクハラには当たらない」とした。

佐藤烈総務局長は「発言は極めて下品。意識が低かった」とコメント。
徳永氏は「余計な仕事をさせて申し訳ない」と話しているという。徳永氏は1983年入社、報道本部長などを歴任していた。

セクハラ問題に詳しい福岡県弁護士会の郷田真樹弁護士は「法的なセクハラには当たらなくとも、社会常識としては不適切。今回の言動を問題視しない社内の風潮を改善すべきだ」としている。
以上、報道参照
西日本新聞社が指摘しなかった場合、懇親会に出席していた役員や幹部たちに、セクハラという意識・認識そのものが欠落、上司や社長ら幹部が何を言っても許されるという長崎新聞社の風土がこれまでに醸成されているとみられる。
当該の報告書を提出した弁護士こそ誰かいなぁ。

法的には被害者が告発しなければセクハラ事件として成立しないが、法以前にセクハラどころの問題ではない。
今回、全国に拡散したことから、社長の言動は酒席でもどこでも許されるものではなく、自らの言動にケジメが必要だろう。
セクハラ新聞社が社長の長崎新聞社ということになる。
17万部も地域に発行する報道機関である長崎新聞社は、ハレンチ学園の新聞社ではないはずだ。

事業者
長崎新聞社
本社
長崎市茂里町3-1
代表者
代表取締役社長 徳永英彦
創刊
1889年9月5日
種類
日刊紙
サイズ
ブランケット判
前身
長崎新報
価格
1部 140円
月極 3,086円
発行数
約17万5千部
業種
情報・通信業
資本金
3億5,000万円
売上高
約58億円(2016年9月期)
従業員数
228人(2017年4月現在)
主要子会社
株式会社長崎新聞文化ホール
株式会社アド長崎新聞
株式会社長崎新聞サービスセンター
株式会社長崎新聞開発センター

長崎市MICE施設、やはり再検証が不可欠です

今年、4月に愈々長崎市長選挙が行われます。現在、市長選に立候補の名乗りを上げてるのは現職で4期目を目指す田上課長市長を含めて5人と言われている。

実質的には田上課長市長(63歳)と県議の高比良元氏(67歳)と長崎市議の橋本剛氏(49歳)の三つ巴の選挙だろうと推測されている。

「もう田上課長市長はよかばい」ここ2~3年の間に田上氏に対する怨嗟の声は長崎市のあちこちで聞こえるようになってきた。

なぜ、私が田上氏のことを田上課長市長と呼ぶかというと、田上氏の上には三藤義文副市長という立派な上司がいるからです。

0115_03.jpg

人事から予算まで三藤副市長が全て仕切っていると言っても過言ではない。

三藤氏は田上課長市長が平成19年4月にまんまと市長に納まると、8月には総務部長に就任し、当時の市議会のボス的存在だった今は亡き板坂博之市議と結託し、長崎市政を思うがままに動かしてきている。

三藤氏からしてみれば田上氏はそのまんま田上課長市長というわけである。

だから私は田上氏のことを田上課長市長と思っているし、これからも書いていく。

長崎市は変わらんばいかんです。市職員や課長市長ではどうにもならん。

0115_03.jpg

長崎市を変えるためには市民一人一人が変わらんばいかんです。

きょうは、橋本剛さんのフェイスブックからMICE施設関係の投稿を紹介します。

0115_03.jpg
橋本 剛
https://www.facebook.com/tsuyoshi.hashimoto

成人式では母校・西浦上中の旗に遭遇!

0115_03.jpg

MICE施設には「人だまり」がないこと、ジャパネットアリーナと機能が重なることが大きな問題だと思います。
——————————
(もっと詳しく↓)

連休中の成人式。ブリックホールの前庭は新成人で埋め尽くされてました。真ん中の旗は母校・西浦上中!(笑)

ところで、長崎市役所が進めているMICE施設は完成予想図をみても、こういう前庭のような「人だまり」がありません。

ブリックホールだけでなく、公会堂もより大きい広場がちゃんとありました。

MICE施設の会議場はともかく、見本市・コンサート・イベント会場となる展示場からは、人が道路へあふれ出すのではないでしょうか。

イベント会場はジャパネットアリーナと重複すると思ってるのですが、もし、仮に重複しなくても、施設として大きな問題を抱えているように思います。

やはり再検証が不可欠です。

恐るべしは山田博司、驚くべきは㈱三陽(長谷幸太郎)である。その2

昨年の9月21日(木)、長崎県議会9月定例議会の一般質問の最後の1分で、山田博司議員が「総務部秘書課のあり方について」という質問をしたのを記憶している人もいると思う。

(不倫県議、山田博司 イタチの最後っ屁!)
http://n-seikei.jp/2017/09/post-46837.html

昨年の8月前半頃、山田博司は総務部秘書課に対して中村法道知事と水産関係の会社社長との面談を執拗に迫っていた。

表向きは東都水産㈱の筆頭株主(10%)であった㈱三陽の長谷社長が東都水産の取締役に就任した挨拶ということでの中村知事との面会ということのようだったが、本音はズバリ、松浦市の調川港ふ頭岸壁の県有地の随意契約での払い下げの要請だった。

東都水産取締役に三陽(福岡市)の長谷社長が就任:データ・マック
https://www.data-max.co.jp/article/17906

その底に有る意図が分かっていたから総務部秘書課は山田博司議員から要請があった中村知事と㈱三陽の長谷氏との面会を断ったのである。

山田博司議員は前年の平成28年10月4日には既に県の産業労働部企業振興課の貞方課長に対して㈱三陽(長谷幸太郎)の「松浦市臨港部の工場等建設用地について」として、県有地の調川港のふ頭用地の払い下げを打診している、というよろも執拗に迫っていた。

山田

山田博司議員の要請に対して産業労働部企業振興課の貞方課長は「当該用地は調川港のふ頭用地として現在も使用中の行政財産であり、原則として売却できない。」と回答している。
それに対して、山田博司議員は一旦は了解していた。

当該用地はそもそも一般単独事業債(いわゆる「ふ頭債」)で建設した単独用地であり、一企業の工場用地として売却はできない。

それでも㈱三陽も山田博司議員も執拗に県に対して随意契約での売却を迫り、平成29年5月31日(水)午後2時~3時に県職員を福岡市長浜にある㈱三陽の本社に出向かわせ、㈱三陽の代表取締社長・長谷社長、常務取締役華田氏と面談までさせている。

そんな経緯があっての8月の長谷氏と中村知事との面会など論外、総務部秘書課としては当然の判断だった。

㈱三陽の長谷氏は平成28年度、平成29年度、山田博司議員に2年間で約200万円近い献金をしている。

アホみたいに分かり易い人達である。

県議だろうが、山田博司だろうが県の行政財産なんだから徹底的に調査しないといけないんです。

https://www.youtube.com/watch?v=VWT3sheZMMg

これで㈱三陽に県有地が売却でもされれば事件である。

平成28年度、㈱三陽(長谷幸太郎)600,000㈱ウエストジャパン(長谷幸太郎)360,000

平成29年度、㈱三陽(長谷幸太郎)600,000㈱ウエストジャパン(長谷幸太郎)360,000

山田博司長崎県議の支援企業 また不祥事

投稿者=山田博司研究会・会員NO2

長崎市に本社を置く(株)森谷商会(代表取締役森谷八郎)は昭和23年9月に創業して、長崎県公安委員会の古物商許可を得、土木資材の販売、建設産業機械の販売や修理、レンタル等を行ってきた。

11月22日長崎労働局は『労働安全法違反』の疑いで、森谷商会に対して6ヶ月間、長崎工場の『特定自主検査の業務停止を命じる処分をした。』理由は、他社の依頼を受けたコンクリート打設用車両系建設機械の検査を資格を持たない従業員にさせた。

山田ひろし

身近な例で分かりやすく説明すると、国土交通省から民間が、自動車の検査ができる資格認定を受けた工場が、資格のない従業員に検査をさせたことと同じことで、死亡や重篤、重大事故につながりかねない、危険で極めて悪質な行為をしたと云うことです。

県内企業の建設機械等に起因する最近の代表的な労働者の死亡事故は、加藤産業(山田博司に大口献金)の採石作業中、長崎西部建設の土石掘削中があり、大変痛々しく思います。

このような悪質な違法行為を引き起こした『森谷商会』はテレビ局などでピーアールパホーマンスを展開する一方で、ダーティーなお付き合いをされている風評もあります。それは、長崎県議会議員(五島市選出)山田博司氏の懐刀(後援会幹部)として森谷商会福江支店長 村崎善隆氏の存在が大きい由縁でしょう。

山田博司氏は幾多の刑事告発を受けています。職務上の恫喝行為や金銭の要求に厳しく、不倫議員としても有名です。森谷商会さん、『法を守り』長崎のリーダー企業を目指し、類は友を呼ばないようにお願いします。

市職員力の田上市長、5回目の市民の住民投票の請求にも反対を表明!

長年にわたって日産自動車を牽引(けんいん)してきた“カリスマ経営者”のカルロス・ゴーン容疑者(64)に、司直のメスが入った。

民間でさえ、19年もトップにいたら、組織は淀んでくるし、トップは腐敗する。

カリスマ経営者といわれるカルロス・ゴーンでさえ、これである。

平成の名市長?ってだれも思ってない田上市長の長期12年だって長過ぎたし、市民力と言って市長になったわりには、市民には冷たい。

田上市長が言う市民力とは市職員力の間違いだった。

田上市長

昨日、ニュースで流れてたけど、市民力をアピールする田上市長、現在、出されてる5回目の市民力の住民投票をまたまた反対し、議会で蹴ったくるそうである。

可笑しくね、信じられん。

それにしても市職員力の田上市長、だんだん人相が悪くなってきてるけど、根性まで悪くなったようである。

きょうは、本物の市民力、橋本剛さんのフェイスブックへの投稿を紹介する。

橋本 剛
https://www.facebook.com/tsuyoshi.hashimoto

橋本

やっぱりか!

ぜひ全文読んでほしいです。

「MICE施設建設凍結」を求める住民投票の請求には、市長はもちろん反対の方針を表明。

その理由がまた予想通り…というか、それを上回る内容。

仮に建設凍結となったら、(「凍結」って言葉はきついですね。「一時停止」ぐらいでしょうか)

MICE事業者だけでなく、

ホテル事業者(長崎のホテル経営企業さん)や、民間収益事業者(長崎の放送局さん)から。

・これまでにかかったお金

・将来得られるはずだった利益

を含めて損害賠償が求められ、多額の市民のお金を失うことになる可能性があることを反対意見のひとつとしています。

その額は、元々長崎市が払う約束をした147億円を超える可能性があり(※)
(※将来得られるはずだった利益を含めるから)

さらにその損害賠償には国の補助金もまったく入らないから、当初長崎市がMICE施設に費やす予定だった資金をはるかに上回り、市民に大きな不利益をもたらすことが想定されるそうです。

私が前から言っている幸町工場跡地のアリーナ構想との調整すら「連携でウィンウィン」みたいなことを言って本気でやろうとしないのは、仮に見直しを行うと「得られるはずだった利益がなくなって」損害賠償が求められるからできない、という立場なのかもしれません。

もしそうなら、ものすごい袋小路です。

市民に丁寧に説明してきた、というなら、このことも含めて説明しておく必要があったと思います。

【補足:コメント欄に載せたものを再掲】

国民の権利として認められている住民投票請求を、民間企業からの「将来得られるはずだった利益」の損害賠償請求の可能性を理由に拒むのは、民主制度を歪めていると感じます。

そもそも、民間企業同士の利益のぶつかり合いで中止になった案件での将来利益の逸失問題は判例もあると思いますが、本当に国法の下での適切な手続きに従って、まだ建設にすら着手していない段階での損害賠償請求が認められた判例ってあるのでしょうか?

長崎市は知ってるのかもしれませんが、私は寡聞にして存じません。勉強不足で申し訳ないです。

まさか、類例がないのにそう主張しているわけではないですよね。

1120_02.jpg

「MICE住民投票有効(署名数7971票)」(長崎市)

4選の多選を目指す長崎市の田上市長、「4選の多選を前にして、5回目の民意を否定」さすがは浅田五郎市議、鋭い突っ込みです。

田上市長

4選の多選を前にして、5回目の民意を否定しては、市民力も色あせたどころか、そもそも市民の力を利用しただけで、最初から市民力なんてなかったんでしょう。

浅田五郎

浅田 五郎
https://www.facebook.com/asada.goro

「MICE住民投票有効
署名数7971票」

さて田上市長、5回目の住民投票今回も門前払いの、否決の意見を市議会に出すのか。市民は注目しているでしょう。

4選の多選を前にして、5回目の民意を否定しては、市民力も色あせたようですが。颯爽と登場した12前の市民力の鉢巻も、住民の声も無視されて色あせて希望も未来も色焦るのも当然のようです。

MICEが市民に浸透してないことは住民投票を進めた市民団体の方はそれを承知で取り組みました。市民は最少限の投票でしたが、50分の1の市民の声は短期間で集めました。

この民意を無視して否決したら、四選出馬そのものを否定することになりましょう。

市長選、市議会議員選があることを承知でまた経費もかかることも市民は法定の住民投票の有効署名数を致したものと思います。

今回の長崎市長選と市議会議員選挙は、MICE施設賛成か反対かの二者択一の選挙になりましょう。

住民投票で事前にMICEの賛否がわかればあとは、他の政策での戦いで落ち着いた政策論議ができましょう。

住民投票で賛否が決まれば、第1ラウンドの選挙は終わったことになりましょう。

田上市長が掲げるMICEが住民投票で否決されれば、おそらく4選の市長選はあり得なくなりましょう。

新しい明日の長崎のために、今回の五回目の住民投票は、長崎にとって意義ある住民投票であることを期待しています。

「MICEなど大型基金取り崩し対応」「ヒルトン長崎」21年開業へ」

長崎市にある長崎造船所幸町工場跡地の活用で2018年4月26日、佐世保市に本社を置く、「ジャパネットたかた」で知られるジャパネットホールディングスが2.3万人収容のサッカースタジアム(V・ファーレン長崎のホームグラウンド)ばかりかスタジアムの周囲には国内初の300室を備えたスタジアムビューホテル、スタジアムパーク、長崎一高い300戸のタワーマンション、ビジネス拠点にふさわしいオフィス、地元密着のマーケット等も整備するという。

V・ファーレン長崎の高田明社長(ジャパネットたかた前社長)は今年2月には田上長崎市長にサッカースタジアム(V・ファーレン長崎のホームグラウンド)の建設を伝えていた。

ジャパネットホールディングスの計画が実現したら長崎市に素晴らしいランドマークが誕生することになる。

1026_03.jpg

1026_04.jpg

本来であれば長崎市は民業圧迫にならないように公営で現在進行しているMICE計画をジャパネットホールディングスと検討に検討を重ねて慎重に進めていかないと、せっかくのチャンスであるヒルトンホテル長崎市進出、長崎駅周辺開発も失敗に終わる可能性もある。

とりあえず住民等が楽しみである。

1026_05.jpg

浅田 五郎
https://www.facebook.com/asada.goro

浅田五郎

「MICEなど大型基金取り崩し対応」「ヒルトン長崎21年開業へ
長崎駅近く九州2カ所目

この新聞報道を見て、ヒルトンさんの上席副社長は長崎の魅力を世界にアピールしたいと述べておられる。
心から歓迎したいと思います。

MICE施設について、これから住民投票になるかもしれないし、この記事を読む限り今でも長崎では既存の施設を使いMICE事業は行われているのです。

長崎空港には長崎県観光連盟が毎日ある行事に参加する皆さんに歓迎のメッセージを行事ごとにご紹介しています。

それを見ながらMICE施設がなくても長崎には沢山の方々が来ていることがわかります。

JRから買った土地にMICE施設ができたら、ヒルトンホテルを建設するが、施設ができないとヒルトンは来ないとは受け止められないのですが。

長崎市には、一流と言われるホテルがないから、長崎には2つの世界遺産があるし、その魅力は世界に発信できる価値があるからヒルトンが進出すると受け止めています。

長崎市民は、心から歓迎すると思います。

長崎市には、今多くのMICE事業が既存の施設を使ってきています。

問題は、長崎市自身が財政力が弱いのに129億からの資金を投入して箱物を建設する。

しかも300台からの駐車場の年間の1億円の収益は、運営企業グループに入ってしまいます。

建物は税金で建てるので固定資産税は、入らないし、さらに、別に1億5000万円もの税金がその運営企業グループに投入されます。

20年間契約の期間50億円の税金を運営する企業グループに長崎市は支払うのです。

まさに、公設公営のMICE事業と言えるでしょう。

契約が20年ですから赤字になったら、そのグループは撤退する以外ないでしょう。

どんなに考えても黒字になると言う確証は無いのです。

20年後の負の遺産を、子供や孫の代まで負わしていいのか。

人口は減少し、交流人口だけに期待して本当に良いのかを考えるべきだと思います。

田上市長はヒルトン関係者が来たから安心して箱物建設に弾みをつけて公会堂を壊したようにMICE施設建設に急ぎましょうが。

MICE施設に関係なくヒルトン側は長崎の市場を分析し長崎に進出したものと理解しています。

市民の良識は、来春の市長選挙で明らかになるでしょう。

「市長四選して 、そしてMICE建設か!」

「田上市長よりご案内状」

長崎市議会 平成30年2月27日 幸 大助議員 一般質問
https://www.youtube.com/watch?v=tFNjJYdB2jI


 

浅田 五郎
https://www.facebook.com/asada.goro

浅田五郎

「田上市長よりご案内状」

いよいよ田上市長さんも市長選出馬ですね。

ご案内状の内容は、主催は、田上とみひさと市民の会会長田上富久とあります。

共催は長崎地域力研究会会長は奥保彦とあります。共催団体の奥会長さんは、過去に長崎市医師会の会長の奥先生のことだと思います。

これまで、市長の後援団体の会長は、衆議院議員第一区の後援会長と兼務していました。

何故、市長と一区の会長が現役でなく、今回は市長だけ前任者がなっているのでしょうか。

何か特別な理由があるのでしょうね?

ご案内の内容は、お二人の正式に出馬をマスコミをとうして立候補者として名乗りを上げた方のお名前を列記していました。

さらに大型事業に対して、報道されていますが、市民生活全般における施策や地域のしくみづくりなどについての周知が足りないから、市政報告会を実施したいとのことでした。

市政報告会

茂木地区公民館、三和地区公民館ホール、メルカ築町プラザホール、東長崎平間公民館、チトセピアホール
5箇所でのご案内でした。

大型事業に対する市民の声はそれこそ住民投票すると賛否いろいろで市民の正しい声が聞けたでしょうに。

今MICEの住民投票の署名者の内容の間違いないかの調査を行なっています。

いよいよ田上市長出馬の正式な表明と受け止めていい内容の案内状でした。

長崎市長選挙

「市長は4選の長期政権でいいのか!」

又は

「元気で活力のある新しい市政か!」

これからの長崎の百年を真剣に考えていく、市民お一人お一人の市長選挙だと思っています。

「MICE是非問う住民投票へ」 長崎市

伊藤一長長崎市長が市長選告示2日後の平成19年4月17日、暴力団の凶弾に斃れてから11年が過ぎた。

伊藤市長は間違いなく名市長だった。

伊藤一長

伊藤市長亡き後の市長選挙戦に出馬した田上富久氏の手際の良さは語り草になっている。
その後、田上氏は伊藤市長が凶弾に斃れるの知っていたという都市伝説が長崎の街に流れたが、田上氏が名市長か謎市長だったかは後世が判断する。

幸 大助市議の2月27日の一般質門の動画と浅田五郎市議のフェイスブックの投稿を紹介します。

長崎市議会 平成30年2月27日 幸 大助議員 一般質問
https://www.youtube.com/watch?v=tFNjJYdB2jI

田上市長

浅田 五郎
https://www.facebook.com/asada.goro

浅田五郎

「MICE是非問う住民投票へ」

8824名の市民の方々の署名が集まり市の選挙管理委員会に提出したと各新聞は報道していました。

市民に理解されないままに、市役所、市議会、 MICE施設の建設に賛成する関係者だけは、少なくとも一般市民よりは知っていますでしょう。

しかし、税金を使っての箱物建設ですから、多くの市民の理解は当然必要ですし、それを理解してもらうための説明を要する時間は、行政は与えるべきだったでしょう。

しかし、8824名の方々の署名は本当に長崎市の将来を憂えての尊い署名だったと思います。出来ますれば、直接請求に必要な有権者の50分の1(7176人)を越えておるかです。祈っています。

しかし、いかに民主主義社会に必要な制度といへ、そこには経費も入りますが、住民投票を5回も突きつけられて、それを全て否決する神経如何なものかと思います。

市民の小さな納税者も大金を払っている大きな納税者も、清き一票には、大差は無いのです。全く平等です。

来年春その小さな一票の重さをその輝きを満天下に示す絶好のチャンスだと思います。

その実現を信じて、多くの市民の声を聞いて歩いています。
このままでは、2つの世界遺産と一緒に長崎はゴースト-タウンになるのではと心配される方もいます。

勝手の栄光を、忘れることなく派手な箱物建設もですが、地味つな政治手法も大事なことを確認して市民の小さな声も大切に聞いて歩いています。

長崎歴史文化博物館から所蔵品3点不明/管理者:乃村工藝社

長崎市の長崎歴史文化博物館で、江戸時代にベトナム国王が長崎奉行に貿易の許可を求めた書状など3点の所蔵品が見つからなくなっていることがわかったと報道されている。

長崎市にある長崎歴史文化博物館は、長崎県と長崎市が建設し、平成17年に開館して以来、指定管理者の「乃村工藝社」が運営を行っている。

博物館には、約8万1000点の所蔵品が収められているが、うち3点が見つからなくなっている。

行方不明になっているのは、

1、江戸時代にベトナム国王が長崎奉行に宛て、良質な日本の銅を輸入できるよう許可を求めた書状の「安南国金札写」、

2、江戸時代の「平戸・大村・富江・福江領地図」

3、明治時代に作られた「長崎商工会議所章程」

の3点。

いずれも県が所有するもので、文化財の指定は受けていない。

昨年度「乃村工藝社」が行った点検作業で、3点の収蔵品が本来あるべき場所にないことがわかり、今年3月に報告を受けたという。

しかし、ほかの保管場所に紛れ込んでいる可能性があるとして、県は公表していなかった。