ホーム » 長崎県議会議員 山田博司研究会

カテゴリー別アーカイブ: 長崎県議会議員 山田博司研究会

恐るべしは山田博司、驚くべきは㈱三陽(長谷幸太郎)である

恐るべしは山田博司、驚くべきは㈱三陽(長谷幸太郎)である

長崎県議会議員、山田博司は農林水産委員会の委員長、副委員長などを歴任し、現在も農水委員会に所属し、農水利権に爛々と目を光らせている。

畜産業界は勿論、特に水産業界には大きな影響力を持ち、水産会社からの献金額も大きい。

例えば畜産業界だったら牛舎の補助金は勿論、牛から豚の屎尿配水関係の予算まで細かくチェックし、とにかく金の匂いに敏感なのだ。

政治家にしとくのは惜しいくらいの金銭感覚の持ち主である。

水産業だったら設備の改善事業の補助金、設備の高度化事業の補助金だとか、マメに担当県職員に睨みをきかしている。

最近では県が保有する県有地の払い下げに御執心し、特に松浦市の調川港のふ頭用地の斡旋に余念がない。

また、山田県議には特定の水産会社企業群からの突出した献金も多く、農林水産委員会の委員に対して水産関係の企業が特殊な県議に集中して献金をするということは、何らかの見返りがあるものだと、誰でもが推測できる疑念というものである。

それにしても金集めだけは上手いね。

必見!長崎県・県議ビジネス「平成27年度」

下記に過去の山田博司県議への長谷氏からの献金を列記してみます。

平成23年、株式会社山陽(長谷幸太郎)360,000

平成23年、株式会社マルサンフーズ(長谷幸太郎)240,000

平成25年、株式会社山陽(長谷幸太郎)240,000

平成25年、株式会社マルサンフーズ(長谷幸太郎)120,000

平成26年、株式会社山陽(長谷幸太郎)340,000

平成26年、株式会社マルサンフーズ(長谷幸太郎)240,000

平成26年、株式会社ウエストジャパン(長谷幸太郎)120,000

平成27年、株式会社マルサンフーズ(長谷幸太郎)360,000

平成27年、株式会社ウエストジャパン(長谷幸太郎)120,000

平成27年、株式会社山陽(長谷幸太郎)360,000

平成28年、株式会社ウエストジャパン(長谷幸太郎)600,
000

平成28年、株式会社山陽(長谷幸太郎)360,000

平成29年、株式会社山陽(長谷幸太郎)600,000

平成29年、株式会社ウエストジャパン(長谷幸太郎)360,000

合計394万円

平成24年だけは献金が途絶えているが、あとは満遍なく献金している。

最近、松浦市の私の関係者から驚くべき情報が届いている。

恐るべしは山田博司、驚くべきは㈱三陽ということである。(JCネット 中山洋次)

山田博司県議と長崎県土木部監理課の正体!

今では立派な海砂権議として名を馳せている五島市選出の山田博司県議だが、9年前には既に下記のようなアホらしい質問をしていた。

長崎県議会議員の『ゲスの極み山田博司』

https://www.youtube.com/watch?v=VWT3sheZMMg

山田がこんなアホな質問をした平成21年(2009)9月といえば、あの忌まわしい民主党による政権交代の年でもある。

また、金子原二郎知事が次期知事選不出馬を表明した年でもあった。

その前年(平成20年)には長崎県土木部監理課が長崎県の海砂採取業者に壱岐玄海海域で認可している採取場所は佐賀県の領海ではないかと物言いが付き、紛争の火蓋が切って落とされていた。

長崎県の海砂は山田が言うように水産部が管理しているのではなく、土木部監理課が差配しているが、管理はしていない監理課でもある。

平成12年から4年間という長きにわたって監理課の課長補佐をしていた浜松一成が歪めた海砂行政は現在も脈々と引き継がれ、長崎県と佐賀県の友好関係に亀裂を引き起こしている。

きょうは、9年前の山田博司県議の県議会でのマンガのような質問と土木部長さんの答弁を紹介しておく。

平成21年(2009)9月議会

(3) 海砂採取について

 私の地元は、漁業が盛んな五島でございます。

今、壱岐市選出の山口壮三議員も、海砂の採取でいろいろな問題に取り組んでおられます。

この海砂採取の問題で、土木行政におきましては、道路をつくったり、橋をつくったり、港湾をつくったり、漁港をつくったりするために海砂を採取せざるを得ないと。

こういった場合はいたし方ない点があって、納得せざるを得ないし、理解できる点はあるわけでございますが、しかし、この海砂を取った後の漁場回復というのをいろいろ水産部で調査しているわけです。

そうしたら、この漁場の回復をどのようにしているかというと、簡単に言うとほったらかしているんだ。

聞いてみたら、この採取業者の方から、年間平均して大体3億円もらっていると。

その3億円もらって、この漁場の回復に使っているかと言ったら使っていない。

何に使ったのか。

最近では、水産部におきまして、この漁場がどういった状況になっているかの調査をしているというていたらくでしょう。

 私は、水産県長崎県として、本来であれば、水産部がこういったことをやってもらいたいわけでございますが、採取の許可はだれがやっているかというと、土木部がやっているんです。

だから、土木部で責任を持って漁場の回復をやっていただきたいと思うんですが、どうですか。

◎土木部長(桑原徹郎君) まず、海砂の採取につきましては、県内需要に見合う採取量に制限することを基本としておりまして、段階的な削減を図っております。

これは水産資源の保護、そして、自然環境の保全、そういった観点からでございます。

 今年の4月には、学識経験者などで構成される「海砂採取限度量に関する検討委員会」の提言のフォローアップという意味で、「海砂採取に関する庁内検討会議」というのを立ち上げておりますが、環境部、水産部と連携し、一体となった構成メンバーでございます。

 現在、海砂採取の現状を逐次確認しながら、代替骨材の開発、そしてまた、平成20年度に実施した海砂採取海域の調査状況、こういったものについて検討を行っている状況でございます。

 議員ご提案の海砂採取海域における漁場環境の回復に関しましても、海底地形や水産資源の現状把握、こういったものを踏まえつつ、環境部、水産部とともに、この検討会議で研究をしてまいります。

◆16番(山田博司君) 土木部長、私は県議会議員になって4年目に突入しているわけでございますが、今日ほど研究という言葉を聞いたことはございません。

今まで、検討と言われたら、前向きか、後ろ向きかということで聞かせていただいたわけでございますが、研究というのは実現に向けての研究なんですか、その点だけ聞かせてください。

◎土木部長(桑原徹郎君) 申し上げたとおり、やはり海底地形の状況、そして、水産資源の現状把握、こういったものを並行しながら勉強していく、取り組んでいくということでございます。

山田博司、谷川氏に敗れる

長崎県選出の国会議員収入 谷川弥一氏 最多2,446万円

総務省公表した2017年分の政治資金収支報告書(総務省届出分)では、本県選出国会議員4人の資産管理資金管理団体が含まれている。年間収入額が最も多かったのは、谷川弥一衆議院議員(長崎3区)が代表を務める「経済活性研究会」の24,460,000円だった。次いで、金子源次郎参議院議員が代表を務める「明日の長崎県を創る会」の9,420,000円。加藤寛治衆議院議員(長崎2区)の「千里同風の風」は5,370,000円。北村誠吾衆院議員(長崎4区)の春秋会は400,000円だった。他の国会議員は県選管に届け出ている。

さて、長崎県議会議員 山田博司(五島市選出)が代表を務める「民進党長崎県五島市支部」は17,598,212円。

並べてみると次のようになるのだ。兼ねてより指摘し続けていた山田博司の『金』だけは国会議員同等の活躍なのである。

氏名 立場/支持団体 収入 支出
谷川弥一 衆院「経済活性研究会」 24,460,122  16,555,449
山田博司 県議会「民進党長崎県五島市支部」 17,598,212  17,949,448
冨岡 勉 参院「冨岡勉後援会」 15,897,730  18,194,784
金子原二郎 参院「明日の長崎県を創る会」 9,420,000  9,530,000
古賀友一郎 参院「長崎政策研究会」 3,380,115  55,158
北村誠吾  衆院「春秋会」 400,000  284,807

国会議員の収支報告と比べてみれば長崎県議会議員 山田博司の「金」集めと支出の異常さがわかる。

たかが県議会議員、それも五島市選出の田舎議員。地元企業からの献金は数社。山田博司自らが代表を務める民進党長崎県五島市支部への個人献金5,960,000円。

寄付金の日付でみても異常さが見て取れるのだ。毎月の県議会議員の報酬の一部を一旦、民進党長崎県五島市支部へ寄付したように帳面上処理すれば可能なことだ。
奥さん子供は長崎市内が生活の拠点、つまり2重いや3重生活している山田博司なのである。生活費及び自身のお小遣いに現金は必要である。

五島市有権者の皆さん、もういい加減に目覚めましょう。私はこんな輩が五島市選出の県議会議員である事に警笛を鳴らし続けて来たのです。今や県庁更に、県議会では居場所がなくなった山田博司なのである。

私は山田博司が来年4月の統一地方選挙にて県議の席を奪取させない為に私は正攻法で追及し続けるのである。


山田博司への企業献金五島市関係分
(有)アクティブ 140,000
(株)中本製麺 50,000
浜上電気工事 240,000
博多一番どり福江店 120,000
五島運輸(株)120,000
(株)五島 240,000
(有)キンキ環境 240,000
(株)萩原組 140,000
(株)今村組 360,000
(有)菊谷工建 80,000
北島産業(株)120,000
(株)ダイキョープラザ 120,000
大公コンクリート(有) 120,000
平野牛乳 120,000

山田博司長崎県議の支援企業 また不祥事

投稿者=山田博司研究会・会員NO2

長崎市に本社を置く(株)森谷商会(代表取締役森谷八郎)は昭和23年9月に創業して、長崎県公安委員会の古物商許可を得、土木資材の販売、建設産業機械の販売や修理、レンタル等を行ってきた。

11月22日長崎労働局は『労働安全法違反』の疑いで、森谷商会に対して6ヶ月間、長崎工場の『特定自主検査の業務停止を命じる処分をした。』理由は、他社の依頼を受けたコンクリート打設用車両系建設機械の検査を資格を持たない従業員にさせた。

山田ひろし

身近な例で分かりやすく説明すると、国土交通省から民間が、自動車の検査ができる資格認定を受けた工場が、資格のない従業員に検査をさせたことと同じことで、死亡や重篤、重大事故につながりかねない、危険で極めて悪質な行為をしたと云うことです。

県内企業の建設機械等に起因する最近の代表的な労働者の死亡事故は、加藤産業(山田博司に大口献金)の採石作業中、長崎西部建設の土石掘削中があり、大変痛々しく思います。

このような悪質な違法行為を引き起こした『森谷商会』はテレビ局などでピーアールパホーマンスを展開する一方で、ダーティーなお付き合いをされている風評もあります。それは、長崎県議会議員(五島市選出)山田博司氏の懐刀(後援会幹部)として森谷商会福江支店長 村崎善隆氏の存在が大きい由縁でしょう。

山田博司氏は幾多の刑事告発を受けています。職務上の恫喝行為や金銭の要求に厳しく、不倫議員としても有名です。森谷商会さん、『法を守り』長崎のリーダー企業を目指し、類は友を呼ばないようにお願いします。

久し振りに面白い山田博司ネタが入ってきた。

確信を、もちて言い得る、信もなし、山田の案山子、黄昏の秋

山田

最近、大村市に事務所を出したり、ポスターを貼ったり、看板を立てたり大忙しの五島市選出の山田博司議員だが、「ボク、次の衆議院選挙に出ます。」なんてアホーマンスしたもんだから、引っ込みがつかなくなったのか、誰にも相手されなくて、かまって欲しいのか、目立ちたいのか知らないが、アホーマンスにしては憐れすぎる。

1112_01.jpg

例えば、今月の11月1日(木)午後5時30分頃、大村市松原本町の「しおさい釣り公園」で街頭演説をやったのはいいが、誰も集まらなくて3~4人を相手に自慢話、あれも私がやりました。これも私がやりました。

金儲けが得意ですとは言わなかったようである。

また、小浜温泉うぐいす屋の不倫旅行も、議会での暴言で訴えられてることも、議員報酬に近い金額の800万円を自分が支部長を務める政党支部(国民民主党)に寄附して30%の還付金を貰ってることも話さなかったようである。

長崎県議会議員版の『ゲスの極み山田博司』
https://www.youtube.com/watch?time_continue=13&v=VWT3sheZMMg

極めつけは11月9日(金)午後2時から大村市松原の浦公民館で講演会を開いたが聴衆は男性2人、女性2人の計4人である。

1112_02.jpg

その内の2人はサクラだから実質は2人という勘定になる。

山田って県議の他に何してるんだろう、800万円も寄附して、家族や江頭真美嬢の生活はどうしてるんだろう。公民館の使用料やら、ポスターやらチラシ等の金は何処から捻出してるんだろうか。

長崎県議会議員・山田博司は「恐喝罪」で長崎地方検察庁に告発状を提出されていた。
https://www.youtube.com/watch?v=Tyh6OBq9TGk

全て『福永節也』絡みへの研究発表。悪い奴だ!

挑戦者:丸田たかあき
http://maruta.sankei-mrt.co.jp/?p=11392

全て『福永節也』絡みへの研究発表。悪い奴だ!

両者の関係は100万円の寄付菌(金)から始まった。バイ菌は五島市行政中枢への潜り込みに成功し、幹部職員への増殖にも成功していったのだ。

山田ひろし

県議会議員・福永節也社長) 菌(金)一封の寄付を受ける五島市 野口市長
寄付菌という新型の福永節也菌、更に悪玉菌の旧型である山田不倫ヒロシ菌の細胞が合体し「五福菌(五福商事)」が誕生したのである。

五島市議会の入試(選挙)に最終試験である市民面接(投票)で落ちた私、丸田たかあきは五島市立行政予備校にて浪人の道を歩んでいたのであった。

平成29年8月の夏休み、自由研究として「競売落札できるかな」に取り組んだのであった。この自由研究を皮切りに五島市立行政予備校での研究発表(住民監査請求)を4件を提出したのであった。うち3件が福永節也絡みへの発表である。研究発表への評価は予備校添削部員(市役所OBと市議会議員)から学校長(五島市長が兼務)へ採点結果(意見書)として渡されたのである。

福永節也蛆(氏)が悪巧みを企てていたから監査請求を提出された。それによって、五島市の職務がきちんと遂行されていない実情が浮き彫りとなる。監査委員はいろいろと言い訳弁論にて市側に責任がないように請求却下とし結論付けるが、意見書にて是正を求め、指摘されている公金に係る部分には優しい表現で市へ言い渡す。
監査請求提出にて五島市へは補助事業破綻施設、市有地不法占有に対して市の一般財源へ公金が納付されることとなったのである。
研究発表は十分な結果を見出したのであると私は理解している。

今思えば五島市はとんでもない方々へ国境離島新法に係る雇用拡充補助事業へ『事業採択』をしていたのである。たまたま本サイト上にて補助事業に関しての指摘を続けていたのをきっかけに、福永節也蛆(氏)等は事業採択へ辞退届を提出した。
指摘がなく事業へ補助金が投入されていた場合、市有地を無断占有して太陽光ビジネスにて不当な利益を手にしていた彼らに五島市は損害金を請求出来ていたのだろうか? そして採択していた事業に対しても補助金返還、採択取り消しを言い渡していたのだろうか?

はっきりと断言する。
野口市長等にはできないことなのである。そんな人選を五島市民が行ったのである。

1025_02.jpg

平成30年2月9日
平成16年度低コスト肉用牛生産特別事業の補助金を受けて整備された施設及び設備の未使用に関する措置請求(住民監査請求監査)→却下

住民監査請求の結果を見ると、監査委員は、事業が「所期の目的を達成することが困難なったとは言えない」と言っているようであるが、正気の沙汰じゃない。元々、この補助事業は、土地所有者の農家のリース料で計画が成り立っている。第三者に賃料とリース料を支払ってもらい事業を継続してもらうしかない。農協は賃料を支払う義務があるが、それを従事者に転嫁しないと農協組合員に対する背信行為になるから、必ず事業従事者は賃料とリース料を負担させられるしかない。
それだけ金額を支払って、牛を飼おうと言う人がいるのか。いなければ、どうすれば事業継続の可能性があるか監査委員は説明してもらいたい。
いい加減な監査報告で手当てを貰っている監査委員には呆れました。既にこの事業は破綻している。早く、補助金を回収すべきなのに、時効にさせて損害を市に与えようとしている。さっさ事業破綻の宣告と補助金回収の勧告をすべきである。
こんなのに無能な委員に、相当の手当をやって、公金を浪費している五島市である。それを追求するために、次回は土地所有者として再び監査請求を提出する。

㈱多摩川九州(福永節也社長)の悪事の実態!その1

挑戦者・丸田たかあき

http://maruta.sankei-mrt.co.jp/

 色々と悪いことばかり思いつくもんだ!その13(山田博司と五福商事)と書いてきたが、きょうから、タイトルを「㈱多摩川九州(福永節也社長)の悪事の実態!その1と改訂し、その悪事の辛辣な手口と実態を徹底検証してみる。
 
長崎県議会・山田博司議員、とその仲間の㈱多摩川九州(福永節也社長)、㈱五福商事(福永節也社長)の性質の悪さには呆れてしまと同時に感心してしまう。

どれほど幼少期に貧乏していても、どんなにお金に苦労した人でも、真っ直ぐに育った人はいっぱい知っている。

これほどの悪にはそうそうお目にかからないし、お目にかかりたくもない。

1009_05.jpg

よく次から次に色々と悪いことばかり思いつくもんだ。

(JAごとう)を巻き込んだ五福商事による国境離島新法補助金詐欺未遂も酷かったが、今度の五島市浜町の太陽光発電事業なんて、他人(五島市有地も含む)の土地に無断でパネルを設置して五島市民から「再エネ発電促進賦課金」を違法に搾取していることも判明している。

ところが、今度は無届の増設施設設置にて不法に売電していることが、調査の結果明らかになった。売電泥棒である。
山田

現在、五島市の丸田敬章氏が五島市に対して住民監査請求を提出中だが、10月19日に五島市の回答が示される。

回答の内容に問わず行政手続法36条の3の申し出を所管の省(経済産業省)に提出する。

1009_07.jpg

なんか悪いもんでも食べたんだろうか、それとも不倫のしすぎで悪い病気でも貰ったんだろうか、山田の案山子と多摩川九州(福永節也氏)

長崎県議会議員の『ゲスの極み山田博司』
https://www.youtube.com/watch?v=VWT3sheZMMg

色々と悪いことばかり思いつくもんだ!その13(山田博司と五福商事)

なんか悪いもんでも食べたんだろうか、それとも不倫のしすぎで悪い病気でも貰ったんだろうか、山田の案山子。

長崎県議会議員の『ゲスの極み山田博司』
https://www.youtube.com/watch?v=VWT3sheZMMg

五島市選出の山田博司県議の謎の看板が大村市に立てられている。
0919_01.jpg

やることが幼稚園生以下である。

来春の県議選の事前運動なら五島市に立てんば意味なかろうに。

地方紙には次期衆院選挙に出馬の意向とか、書かせていたが、あんなもんただのアホーマンス。

出れるもんなら、出てみやがれ、小細工ばかりしやがって。

ところで、山田博司議員の愛人(江頭真美)の方は長崎県庁に秘書の肩書で議員控室に囲っているが、本妻(山田直美)が監査役を務めてる五福商事の代表者でもある福永節也氏のもう一つの会社・㈱多摩川九州の不動産侵奪(悪意の取得)が愈々刑事事件として告発されることが判明した。

五島市は勿論、五島市民も被害者である。山田の案山子も無関係ではない。

山田博司議員は勿論、妻の山田直美とも昵懇の多摩川九州(福永節也)は五島市が所有する五島市浜町の土地(里道)に太陽光パネルを無断で設置し、五島市民から「再エネ発電促進賦課金」を不当に搾取していることも判明している。

それにしても色々と悪いことばかり思いつくもんだ。

0919_02.jpg

色々と悪いことばかり思いつくもんだ!その12(山田博司と五福商事)

山田の案山子の衆院選出馬記事で話が少し横道にそれてしまったが、クルリンパっと話をもとに戻して五島市で発覚した不動産侵奪事件の検証を続けたい。

0914_01.jpg

勿論、山田の案山子も大きく関わっていただろうと推測されるからだ。

それにしても色々と悪いことばかり考えつくもんだ。

挑戦者・丸田敬章(拝啓・藤島興産さま)
http://maruta.sankei-mrt.co.jp/?p=10670

反吐がでるよ。

五島市浜町506に太陽光発電事業太陽光発電所が開業している。

事業認可は福岡市の有限会社・藤島興産となっているが、実質的に経営しているのは多摩川九州(代表者取締役・福永節也)である。

当該地に本社を登記していたのも、長崎県議会議員・山田博司氏の妻(山田直美氏)が監査役を務めている㈱五福商事(代表者取締役・福永節也)である。

国境離島新法の補助金600万円を申請し採択されながら、申請書に嘘八百を記載していたのが発覚、採択辞退したあの五福商事である。

0914_02.jpg

五島市浜町の太陽光発電所に掲げられていた五福商事の看板は採択辞退直後に跡形もなく撤去された。

今は堂々と㈱多摩川九州(代表者取締役・福永節也)メンテナンス会社として㈱SKYメンテナンス(代表者取締役・福永節也)の看板が掲げられている。

0914_03.jpg

実はこの太陽光発電所の土地の3筆(福岡県在住)と五島市の里道(赤道)は同意のないまま不法に侵奪(悪意の取得)されようとしていた。

0914_04.jpg

㈱多摩川九州の福永節也氏の為人がよく理解できる興味深い経歴です。

平成23年6月29日、多摩川ホールディングスの社外取締役に就任

平成24年2月1日、多摩川ホールディングス代表取締役社長就任

平成24年4月23日、株式会社多摩川九州設立、代表取締役社長就任

平成24年11月27日、五島市浜町506外にメガソーラー用地確保する。

平成25年5月19日、五島市黒蔵地区に35キロワット(パネル145枚)の発電所を開設する。

平成25年6月5日、五島市浜町506外の太陽光用地の土地賃借権を藤島興産に譲渡する。

平成25年6月27日、多摩川ホールディングス代表取締役会長に就任する。

平成25年8月29日、株式会社SKYメンテナンス設立代表取締役社長就任する。

平成26年2月6日、五島市児童健全育成基金へ100万円寄付する。

平成26年6月26日、多摩川ホールディングス代表取締役会長を解任する。

平成29年1月27日、五福商事株式会社設立 代表取締役社長就任する。

平成29年1月27日、五福商事株式会社設立と同時に長崎県議会議員・山田博司議員の妻山田直美氏が五福商事の監査役に就任する。

平成29年6月14日、五福商事株式会社 国境離島新法『地域社会維持推進交付金事業申請書』を五島市に提出、5分間の事業説明で事業採択される。

平成29年9月2日、五福商事株式会社 国境離島新法『地域社会維持推進交付金事業申請書』事業採択、採択から2ヶ月半後には辞退書を五島市に提出する。

色々と悪いことばかり思いつくもんだ!その11(山田博司と五福商事)

「確信を 持ちて言い切る 信もなし 山田の案山子 残念な夏」

9月10日午後、五島市のカンパナーホテルに於いて長崎県農地基盤整備連絡協議会の研修会に進藤参議院議員及び宮崎やすお顧問に、ご来賓としてご出席を頂き、国政報告・農業農村整備の今後の発展方向について、それぞれご講演を頂きました。

そこに招待もされてもいないのに不倫県議の山田博司氏がアーホーマンスに現れてたようだ。

それにはさすがの五島市職員も呆れてしまったようだ。

ま、性事家はこのくらいの面の厚さがないと、不倫相手(江頭真美嬢)を県庁の議員控室に秘書の名刺を持たせて置いたりはできんちゅうことなのか。

本妻(山田直美氏)を五福商事とやらの胡散臭い会社の監査役に就けて国境離島新法の補助金狙いで失敗。

それでもまだ農業を食い物にしようという性根はさすが山田の案山子である。

9月21日午後1時30分から山田の案山子が仕込んだ五島市浜町の太陽光発電所(サンシティー五島)の土地泥棒の住民監査請求の陳述会が行われる。

多摩川九州(福永節也氏)と山田の案山子の残念な夏が当分続きそうである。

・・・・・その12に続きます。(日刊セイケイ編集長・中山洋次)