ホーム » 有明商事

カテゴリー別アーカイブ: 有明商事

組合員の皆さま、これでいいんですか?(長崎県壱岐市)第二弾!

壱岐東部漁協の浦田和男組合長のゴルフ・石鹸遊び仲間でスポンサー企業でもある有明商事グループのトップ、中村満社長の長崎県暴排条例違反は壱岐の白い砂を黒い砂に変身させていた。

0623_03.jpg

有明商事グループは白い砂の違法採取で暴利を貪ってきたブラック企業だった。

壱岐東部漁協組合員の皆さま、これでいいんですか?

私たちの貴重な海砂で暴利を上げた有明商事は、その金で大型の黒いバスを購入し、中村満社長自らが運転し、暴力団幹部や関係者を乗せて、別府杉乃井ホテルで豪遊していたのです。

中村満社長の行為は暴排条例第6条(暴力団との関係の遮断)第2貢、暴排条例第23条(利益の供与の禁止等)第2貢に該当する悪質なものであり、長崎県民としては勿論だが、壱岐海域の海砂を採取させている壱岐東部漁協組合としても看過できない重大な事件である。

浦田和男組合長が、そんなブラック企業とゴルフ三昧だったり、博多中州で石鹸遊びに夢中になってる間に壱岐東部漁協組合は赤字で火の車、浦田組合長は三人いる監事に盲目印鑑を強要するなど、末期的症状に陥っている。

今月、26日に行われる組合総会が玄界灘のように荒れるのは必至のようだ。

0623_043.jpg

長崎県の海砂採取業者・有明商事(諫早市・中村満社長)の暴排条例違反が発覚!第2弾

平成29年6月19日(月)長崎県暴排条例の違反者に対する行政処分の請求申出書(行政手続法第36条の3第1貢の規定に基づく申出)を提出されている有明商事(諫早市・中村満社長)等が宿泊したホテルも判明している。

暴力団幹部や店の女性従業員を乗せた有明商事所有の黒い大型バスを中村満社長本人が運転して向かったホテルは別府杉乃井ホテルだった。

http://www.suginoi-hotel.com/

有明商事から長崎県議会に出向中の中村和弥県議が自民党長崎県連の政調会長という重要な役職に就任しているが、中村和弥政調会長が今回の身内の不祥事にどのような対応をするのか注目されている。

0623_01.jpg

海砂利権兄弟分の山田博司県議(一人会派)を助っ人に呼んで、身内の不祥事をモミ消したいところだが、有明商事が長崎県警から顧問として迎えている県警OBの筋が如何せん悪すぎる。

中村満社長にしてみれば、大物の長崎県警OB顧問二人も養っているし、叔父の中村和弥は自民党県議で政調会長として活躍中でもあるし、との奢りがあったようだ。

長崎県の海砂採取業者・有明商事(諫早市・中村満社長)の暴排条例違反が発覚!http://n-seikei.sankei-mrt.co.jp/?p=1018

長崎県の海砂採取業者・有明商事(諫早市・中村満社長)の暴排条例違反が発覚している。

長崎県から許可を受けて五島海域・壱岐海域で海砂の不法な採取を長年繰り返し、暴利を貪ってきた有明商事グループのトップの暴排条例違反は今後、大きな波紋を呼びそうだ。

昨日、平成29年6月19日(月)、長崎県警察本部 本部長(金井哲男)と、長崎県公安委員会 会長(片岡瑠美子)に対して、長崎県暴排条例の違反者に対する行政処分の請求申出書(行政手続法第36条の3第1貢の規定に基づく申出)を申出人A氏が提出したことが明らかになった。

長崎県警察本部 本部長 金井哲男 様

長崎県公安委員会 会長 片岡瑠美子 様

長崎県暴排条例の違反者に対する行政処分の請求申出書
(行政手続法第36条の3第1貢の規定に基づく申出)

第1 請求申出の趣旨

被申出人(違法行為者・中村満)は、砂、砂利、石材の採取運搬業、海砂、砕石販売業及び内航海運業を営業目的とする株式会社有明商事の代表者である。

申出人は、(1)長崎県海域管理条例第3条第1貢第2号の海砂採取の許可条件を逸脱する悪質な違法行為。

(2)長崎県海域管理条例第16条第2貢に違反する事実等を調査するなかで、株式会社有明商事の代表者中村満の長崎県暴力団排除例(以下「暴排条例」と称す)に違反する情報を得た。

そこで違反する事案を調査した結果、行政手続き法第36条の3の規定に基づき、当該処分庁(長崎公安委員会)に対し、被申出人は暴排条例を遵守するべく、勧告及び公表すること。

との行政処分を求める。

第2 請求申出の理由

1  当事者
1、 申出人は次の通り
●●●●

2、被申立人(行政処分対象の違法行為者)は、次の通り
長崎県諫早市小長井町小川原浦498番地
株式会社 有明商事
代表取締役 中 村 満

第3、被申出人の法令に違反する事実の内容
1、被申出人は、平成28年11月に自社(株式会社有明商事)所有の大型乗用バスを利用して、現役暴力団幹部の関係する諫早市内の「クラブ●●●●」の従業員、現役暴力団幹部らを大分県別府温泉への慰安旅行を行った。

2、被申出人が自ら大型乗用バスを運転した。

3、被申出人は、全行程に同行した。

第4、被申出人の当該処分又は行政指導の内容
1、被申出人は暴排条例第6条(暴力団との関係の遮断)第2貢
2、被申出人は暴排条例第23条(利益の供与の禁止等)第2貢

第5、当該処分又は行政指導の根拠となる法令の条項
1、暴排条例第31条(勧告)第1貢に該当する。
2、被申出人に対し、前1貢の勧告を行う。

第6条、当該処分又は行政指導がされるべきであると思料する理由
被申出人は、年商100億円近い売り上げを誇る長崎県内の優良企業である。
然るに代表者自身が暴力団幹部と密接な関係に有るばかりでなく、暴力団幹部
利益供与する行為は看過するべきではなく、厳重な注意勧告をするべきである。

組合員の皆さま、これでいいんですか?(長崎県壱岐市)

投稿者 = 壱岐な人

天気晴朗なれど、玄界灘の波高し!

0621_01.jpg

きょう、こんなお知らせが壱岐東部漁協組合員に配られているので拡散してください。

壱岐東部漁協組合員の皆さま、これでいいんですか?

海砂迷惑料は組合の赤字を消すのに使われています。

本当ならば海砂迷惑料は組合員の皆様のために使うものです。

海砂迷惑料103,758,000円

組合員へ 36,027,586円

組合赤字 55,326,044円

※海砂迷惑料は1億円組合に入ってます。組合員には3千6百万円の支払い、
組合の赤字に5千5百万円です。

長崎県壱岐東部漁協で6月26日定期総会が行われます。

組合長理事選で現組合長・浦田和男氏が失職する公算が大きいようです。

ワンマンによる組合運営に多くの組合員が不信感と不満を感じています。

浦田和男組合長は海砂採取業者の有明商事グループの富士工業中村タケヒロ社長との連日のゴルフ三昧、博多中州でのゴージャスな石鹸遊びです。

ほとんど組合にはいません。

漁業者の代表というよりも海砂利屋・有明商事グループの代弁者、有明商事の壱岐支店長のごたると専らの評判です。

尚、6月20日、浦田和男組合長の金づるであり、ゴルフ・石鹸遊び仲間の富士工業の親会社である有明商事グループのトップ、中村満社長の反社会的勢力との密接な関係が発覚、長崎県警察本部 本部長(金井哲男)と、長崎県公安委員会 会長(片岡瑠美子)に対して、長崎県暴排条例の違反者に対する行政処分の請求申出書(行政手続法第36条の3第1貢の規定に基づく申出)を申出人A氏から提出され、正式に受理されてることも判明しています。

0621_01.jpg

長崎県の海砂採取業者・有明商事(諫早市・中村満社長)の暴排条例違反が発覚!
http://n-seikei.sankei-mrt.co.jp/?p=1018

http://www.suginoi-hotel.com