ホーム » 中山小六 の投稿

作成者別アーカイブ: 中山小六

「MICE是非問う住民投票へ」 長崎市

伊藤一長長崎市長が市長選告示2日後の平成19年4月17日、暴力団の凶弾に斃れてから11年が過ぎた。

伊藤市長は間違いなく名市長だった。

伊藤一長

伊藤市長亡き後の市長選挙戦に出馬した田上富久氏の手際の良さは語り草になっている。
その後、田上氏は伊藤市長が凶弾に斃れるの知っていたという都市伝説が長崎の街に流れたが、田上氏が名市長か謎市長だったかは後世が判断する。

幸 大助市議の2月27日の一般質門の動画と浅田五郎市議のフェイスブックの投稿を紹介します。

長崎市議会 平成30年2月27日 幸 大助議員 一般質問
https://www.youtube.com/watch?v=tFNjJYdB2jI

田上市長

浅田 五郎
https://www.facebook.com/asada.goro

浅田五郎

「MICE是非問う住民投票へ」

8824名の市民の方々の署名が集まり市の選挙管理委員会に提出したと各新聞は報道していました。

市民に理解されないままに、市役所、市議会、 MICE施設の建設に賛成する関係者だけは、少なくとも一般市民よりは知っていますでしょう。

しかし、税金を使っての箱物建設ですから、多くの市民の理解は当然必要ですし、それを理解してもらうための説明を要する時間は、行政は与えるべきだったでしょう。

しかし、8824名の方々の署名は本当に長崎市の将来を憂えての尊い署名だったと思います。出来ますれば、直接請求に必要な有権者の50分の1(7176人)を越えておるかです。祈っています。

しかし、いかに民主主義社会に必要な制度といへ、そこには経費も入りますが、住民投票を5回も突きつけられて、それを全て否決する神経如何なものかと思います。

市民の小さな納税者も大金を払っている大きな納税者も、清き一票には、大差は無いのです。全く平等です。

来年春その小さな一票の重さをその輝きを満天下に示す絶好のチャンスだと思います。

その実現を信じて、多くの市民の声を聞いて歩いています。
このままでは、2つの世界遺産と一緒に長崎はゴースト-タウンになるのではと心配される方もいます。

勝手の栄光を、忘れることなく派手な箱物建設もですが、地味つな政治手法も大事なことを確認して市民の小さな声も大切に聞いて歩いています。

長崎歴史文化博物館から所蔵品3点不明/管理者:乃村工藝社

長崎市の長崎歴史文化博物館で、江戸時代にベトナム国王が長崎奉行に貿易の許可を求めた書状など3点の所蔵品が見つからなくなっていることがわかったと報道されている。

長崎市にある長崎歴史文化博物館は、長崎県と長崎市が建設し、平成17年に開館して以来、指定管理者の「乃村工藝社」が運営を行っている。

博物館には、約8万1000点の所蔵品が収められているが、うち3点が見つからなくなっている。

行方不明になっているのは、

1、江戸時代にベトナム国王が長崎奉行に宛て、良質な日本の銅を輸入できるよう許可を求めた書状の「安南国金札写」、

2、江戸時代の「平戸・大村・富江・福江領地図」

3、明治時代に作られた「長崎商工会議所章程」

の3点。

いずれも県が所有するもので、文化財の指定は受けていない。

昨年度「乃村工藝社」が行った点検作業で、3点の収蔵品が本来あるべき場所にないことがわかり、今年3月に報告を受けたという。

しかし、ほかの保管場所に紛れ込んでいる可能性があるとして、県は公表していなかった。

破綻の五島産業汽船の従業員らが新会社 「鯛ノ浦港」と「長崎港」運航再開へ

「五島産業汽船」がすべての航路を運休している問題で、「五島産業汽船」の従業員らは新会社を設立し、新上五島町の「鯛ノ浦港」と「長崎港」を結ぶ航路の運航を引き継ぐための申請を、12日九州運輸局の長崎運輸支局に提出した。

五島列島と長崎市や佐世保市などを高速船やフェリーで結ぶ「五島産業汽船」は、資金繰りが悪化したことから自力での再建を断念し、今月2日からすべての航路を運休している。

このうち新上五島町の「鯛ノ浦港」と「長崎港」を結ぶ航路について、町は再開に向けて「九州商船」に対し運航を引き継ぐよう要請するとともに、新会社を設立したうえで、運航を引き継ぐことも検討していた。

こうした中、「五島産業汽船」の従業員らは10日、「五島産業汽船株式会社」という名称の新会社を設立し、12日運航を引き継ぐための申請を九州運輸局の長崎運輸支局に提出したことが判明した。手続きが順調に進めば、近く、航路が再開される見通し。

新会社は、「五島産業汽船」が、別航路で使っていた高速船を使うとともに、「五島産業汽船」が解雇した従業員の一部を雇い入れたいとしている。

一方、運航を引き継ぐよう要請を受けていた「九州商船」も、当面、町が「五島産業汽船」に無償で貸し出していた高速船を使って、運航を引き継ぎたいという意向を示していた。
以上、

新上五島町は九州商船をどうするのだろう。別航路?、九州商船はソロバンばかりはじきモタモタしていたのだろう。
  ただ、潰れた会社の名称を使って成功した会社はほとんどない。

上五島町には、国の重要文化財指定で世界遺産登録の頭ヶ島天主堂(石造り/町北東部の島、橋あり)や、国の重要文化財指定で何故か世界遺産登録を途中で外された青砂ヶ浦天主堂(赤レンガ造り)などがある。

<↓青砂ヶ浦天主堂>
初代聖堂は明治11年建設、明治43年に現在の教会が鉄川与助より建設された。

青砂ヶ浦天主堂

五島市議、ツイッターで議員活動を報告か

市議会議員活動のSNS利用数がゼロに近い五島市議会であったが、本年10月1日からツイッターを始めたそうだ。

どのような議員活動の情報を発信していかれるのか注視していこう。

記念すべき最初のツイートが「ライブ見に行きたいです!」仕事してから行って下さい。

twitter.com/g1J0GF5kZJrogFY 

Twitterアプリをダウンロード

残念ながらブロックされ、「山田ようこ @g1J0GF5kZJrogFY」から「山本太郎 @g1J0GF5kZJrogFY」へ改名し画像は本人画像から「ら〜麺」に変わってしまった。アカウント@g1J0GF5kZJrogFYはページ脱会しない限り変更できない。兄の山田博司と同様何に関しても中途半端な「偽員」である。

㈱多摩川九州(福永節也社長)の悪事の実態!その1

挑戦者・丸田たかあき

http://maruta.sankei-mrt.co.jp/

 色々と悪いことばかり思いつくもんだ!その13(山田博司と五福商事)と書いてきたが、きょうから、タイトルを「㈱多摩川九州(福永節也社長)の悪事の実態!その1と改訂し、その悪事の辛辣な手口と実態を徹底検証してみる。
 
長崎県議会・山田博司議員、とその仲間の㈱多摩川九州(福永節也社長)、㈱五福商事(福永節也社長)の性質の悪さには呆れてしまと同時に感心してしまう。

どれほど幼少期に貧乏していても、どんなにお金に苦労した人でも、真っ直ぐに育った人はいっぱい知っている。

これほどの悪にはそうそうお目にかからないし、お目にかかりたくもない。

1009_05.jpg

よく次から次に色々と悪いことばかり思いつくもんだ。

(JAごとう)を巻き込んだ五福商事による国境離島新法補助金詐欺未遂も酷かったが、今度の五島市浜町の太陽光発電事業なんて、他人(五島市有地も含む)の土地に無断でパネルを設置して五島市民から「再エネ発電促進賦課金」を違法に搾取していることも判明している。

ところが、今度は無届の増設施設設置にて不法に売電していることが、調査の結果明らかになった。売電泥棒である。
山田

現在、五島市の丸田敬章氏が五島市に対して住民監査請求を提出中だが、10月19日に五島市の回答が示される。

回答の内容に問わず行政手続法36条の3の申し出を所管の省(経済産業省)に提出する。

1009_07.jpg

なんか悪いもんでも食べたんだろうか、それとも不倫のしすぎで悪い病気でも貰ったんだろうか、山田の案山子と多摩川九州(福永節也氏)

長崎県議会議員の『ゲスの極み山田博司』
https://www.youtube.com/watch?v=VWT3sheZMMg

五島産業汽船が自力再建を断念

五島産業汽船が自力再建を断念
10月04日

2日、五島列島と長崎市や佐世保市などを結ぶ旅客船の運航を突然休止した「五島産業汽船」の社長が4日会見を開き、自力での再建を断念してほぼすべての従業員を解雇し、近く破産手続きを始めるための申請を行う考えを示しました。

五島産業汽船の野口順治社長は、4日長崎市で会見を開き、「突然定期航路を運休、廃止したことで、利用者や関係者にご迷惑をお掛けし申し訳ありませんでした」と謝罪しました。

そのうえで運航ができなくなった経緯について、3年前の平成27年に就航した佐世保市と新上五島町を結ぶ航路が毎年赤字となっていたうえ、多額の船の整備費用などで資金繰りが悪化し、資金を確保するために今月1日の午後まで債権者や銀行と話し合いを続けたものの、資金を確保できなかったと述べました。

また、2日までにほとんどの従業員を解雇したことを明らかにし、今後は従業員の失業手当などの手続きを進めるとともに、会社は自力での再建を断念して、近く破産手続きを始めるための申請を行う意向を示しました。

利用者から受け取っている運賃について、他の債権と同じ扱いになるため払い戻しのメドはたっていないとしたうえで、払い戻しの手続きの方法などは今後周知したいとしています。

今後について野口社長は「譲渡先を探すなど新上五島の航路が無くならないよう、できることがあれば最大限の努力したい」と述べましたが、航路再開のメドはたっていません。

五島産業汽船の航路のうち新上五島町の鯛ノ浦港と長崎港を結ぶ航路は、町が2隻の船を会社側に無償で貸して運航が行われてきました。

新上五島町はこの航路の再開に向けて町が新たな会社を設立することや、既存の会社に運航を要請することを検討しているということです。

今後、国や県と協議したうえで早期の再開を目指したいとしています。

(株)五島産業汽船(長崎)/しばらく運休掲示

沿海旅客船運航の(株)五島産業汽船(長崎県南松浦郡新上五島町有川郷字中筋578-10、代表:野口順治)は10月1日、「しばらくの間運休いたします。ご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません」との社長名のお知らせを掲示した。

同社は平成2年5月設立の沿海旅客船運航会社。長崎港~鯛ノ浦港(新上五島町)、佐世保港~有川港(新上五島町)、佐世保港~福江港(下五島)、長崎港~崎津(天草)航路など離島への旅客船運航を手がけ、ほか貨物船運送業や船舶の売買事業を行っていた。

平成30年4月期には船舶売買事業の損失から約3億円の赤字を計上し、資金繰りに窮する状態が続いていた。

事前に自治体と相談し、自治体は代替運航手段を講じたのだろうか。一時的には自治体が、五島産業汽船の船舶とパイロットを借用して客を運ぶこともできるだろう。心配だ。

お上の方々は、世界遺産より利権が絡むMICEが心配な方々が多く、旬な時に勢いをつけなければ、今後、離島の観光客が定着しない可能性もある。

1002_05.jpg

五島産業汽船(野口順治社長)のびっくりニュースです。

上五島(鯛の浦)~長崎、上五島(川)~有佐世保航路を運航していた五島産業汽船(野口順治社長)のビックリニュースです。

1002_02.jpg

五島産業汽船で何が起きているのか?

平成22年五島産業汽船が所有する中古船「びっぐあーす1号」を新上五島町が5億7千300万で購入し、五島産業汽船で無料で貸し出していたことを記憶している新上五島町民はどれだけいるだろうか。

その後も新上五島町は同型の「びっぐあーす2号」を五島産業汽船から8億7千万円で購入し、五島産業汽船に無料で貸し出し長崎~鯛の浦航路で運航させていた。

全額が県、国からの補助金である。

その「びっぐあーす1号・2号」が「びっぐりあーす」になっているんじゃないかというビックリニュースが飛び込んできた。

明日の長崎~鯛の浦航路、上五島~佐世保航路を確認してみてください。また、詳細が分かり次第ご報告します。

色々と悪いことばかり思いつくもんだ!その13(山田博司と五福商事)

なんか悪いもんでも食べたんだろうか、それとも不倫のしすぎで悪い病気でも貰ったんだろうか、山田の案山子。

長崎県議会議員の『ゲスの極み山田博司』
https://www.youtube.com/watch?v=VWT3sheZMMg

五島市選出の山田博司県議の謎の看板が大村市に立てられている。
0919_01.jpg

やることが幼稚園生以下である。

来春の県議選の事前運動なら五島市に立てんば意味なかろうに。

地方紙には次期衆院選挙に出馬の意向とか、書かせていたが、あんなもんただのアホーマンス。

出れるもんなら、出てみやがれ、小細工ばかりしやがって。

ところで、山田博司議員の愛人(江頭真美)の方は長崎県庁に秘書の肩書で議員控室に囲っているが、本妻(山田直美)が監査役を務めてる五福商事の代表者でもある福永節也氏のもう一つの会社・㈱多摩川九州の不動産侵奪(悪意の取得)が愈々刑事事件として告発されることが判明した。

五島市は勿論、五島市民も被害者である。山田の案山子も無関係ではない。

山田博司議員は勿論、妻の山田直美とも昵懇の多摩川九州(福永節也)は五島市が所有する五島市浜町の土地(里道)に太陽光パネルを無断で設置し、五島市民から「再エネ発電促進賦課金」を不当に搾取していることも判明している。

それにしても色々と悪いことばかり思いつくもんだ。

0919_02.jpg

色々と悪いことばかり思いつくもんだ!その12(山田博司と五福商事)

山田の案山子の衆院選出馬記事で話が少し横道にそれてしまったが、クルリンパっと話をもとに戻して五島市で発覚した不動産侵奪事件の検証を続けたい。

0914_01.jpg

勿論、山田の案山子も大きく関わっていただろうと推測されるからだ。

それにしても色々と悪いことばかり考えつくもんだ。

挑戦者・丸田敬章(拝啓・藤島興産さま)
http://maruta.sankei-mrt.co.jp/?p=10670

反吐がでるよ。

五島市浜町506に太陽光発電事業太陽光発電所が開業している。

事業認可は福岡市の有限会社・藤島興産となっているが、実質的に経営しているのは多摩川九州(代表者取締役・福永節也)である。

当該地に本社を登記していたのも、長崎県議会議員・山田博司氏の妻(山田直美氏)が監査役を務めている㈱五福商事(代表者取締役・福永節也)である。

国境離島新法の補助金600万円を申請し採択されながら、申請書に嘘八百を記載していたのが発覚、採択辞退したあの五福商事である。

0914_02.jpg

五島市浜町の太陽光発電所に掲げられていた五福商事の看板は採択辞退直後に跡形もなく撤去された。

今は堂々と㈱多摩川九州(代表者取締役・福永節也)メンテナンス会社として㈱SKYメンテナンス(代表者取締役・福永節也)の看板が掲げられている。

0914_03.jpg

実はこの太陽光発電所の土地の3筆(福岡県在住)と五島市の里道(赤道)は同意のないまま不法に侵奪(悪意の取得)されようとしていた。

0914_04.jpg

㈱多摩川九州の福永節也氏の為人がよく理解できる興味深い経歴です。

平成23年6月29日、多摩川ホールディングスの社外取締役に就任

平成24年2月1日、多摩川ホールディングス代表取締役社長就任

平成24年4月23日、株式会社多摩川九州設立、代表取締役社長就任

平成24年11月27日、五島市浜町506外にメガソーラー用地確保する。

平成25年5月19日、五島市黒蔵地区に35キロワット(パネル145枚)の発電所を開設する。

平成25年6月5日、五島市浜町506外の太陽光用地の土地賃借権を藤島興産に譲渡する。

平成25年6月27日、多摩川ホールディングス代表取締役会長に就任する。

平成25年8月29日、株式会社SKYメンテナンス設立代表取締役社長就任する。

平成26年2月6日、五島市児童健全育成基金へ100万円寄付する。

平成26年6月26日、多摩川ホールディングス代表取締役会長を解任する。

平成29年1月27日、五福商事株式会社設立 代表取締役社長就任する。

平成29年1月27日、五福商事株式会社設立と同時に長崎県議会議員・山田博司議員の妻山田直美氏が五福商事の監査役に就任する。

平成29年6月14日、五福商事株式会社 国境離島新法『地域社会維持推進交付金事業申請書』を五島市に提出、5分間の事業説明で事業採択される。

平成29年9月2日、五福商事株式会社 国境離島新法『地域社会維持推進交付金事業申請書』事業採択、採択から2ヶ月半後には辞退書を五島市に提出する。